サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

食といのち(文春文庫)

食といのち みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/09/09 16:14

投稿元:ブクログ

食物とは,自分の身体を物理的にも精神的にも形作るものである.これは自明だと思うのだが,自明と思えるだけの家庭環境にあったか,が現代では問われているのだろう.一歩踏み込んで人生哲学にも触れているが,その前段階の食こそ命なのだということを多くの人が理解すべきだろう.まさに衣食足りて礼節を知る,である.他者に気遣いができない根本は,この問題に他ならない.簡単な本です.是非多くの人に御一読頂きたい.

2014/10/17 13:28

投稿元:ブクログ

【いのちを養う「食」の深意を探る日本人必読の書】日本の風土に適した「食といのち」をめぐり、福岡伸一ら各界の第一人者四人との対談集。いのちを養う粥、スープのレシピ付き。

2016/10/03 11:11

投稿元:ブクログ

〈共感を越えた‘‘使命感’’を共に〉

私たち人間の「食」を手元へと手繰り寄せて考えている生物学者、看護師、小児科医、倫理学者の四者と料理研究家の対談集。夏休みも九月の終りに読み進めて、久しぶりに読み終えようと企み読了した一冊。緑湧く谷戸の中に住む鎌倉人・辰巳芳子の言い記す「食」の土台となる生命観、倫理観に触れる一言一言を自分の身体に染み込ませるように読んでいたら、二日酔い後に味噌汁を欲するのと同じ感覚で、気付けば彼女の‘‘本物’’の食言を道標にせんと全身で欲していた。読了の後すぐに、近所に住む祖母へ会いに訪れて、いつも作ってくれるドライカレーを一緒に作り、その作り方を教わった週末を過ごした。次は昆布の煮たのも教わろう。

3 件中 1 件~ 3 件を表示