サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

ヨーロッパ思想を読み解く 何が近代科学を生んだか(ちくま新書)

ヨーロッパ思想を読み解く 何が近代科学を生んだか みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/06/06 06:10

投稿元:ブクログ

著者は筑波大教授。ヨーロッパ思想として、ニーチェやサルトル、デリダ等の哲学を紹介する。キーワードは「向こう側」か。この「向こう側」を探る哲学的思考がヨーロッパ特有とのこと。対話形式で読みやすい。「向こう側」をキーワードとして、アリストテレスやプラトン、ニーチェ、サルトル、デリダらの「向こう側」に対する立ち位置の違いにより思想の違いを説明。明快です。

そういえば、昔よく読んでいた木田 元さんが、哲学というのはヨーロッパ特有の思想だ、というのをよく強調されていたことを思い出した。哲学と言うのはわかりにくいものだが、そもそもの問題意識が日本人にないものだから一層わからない。本書でも同様のことをいっている。数学とか物理学と言うのは普遍的なものだから日本人でも普通に勉強すれば理解できるが、哲学を同じように捉えると駄目なのでしょう。本書のタイトルになっているような、ヨーロッパ人の思想を学ぶ、という意識でいるほうが理解できるのだと思います。本書では、日本人にはそもそも「向こう側」の認知がないのだから日本に哲学が生まれるわけがない、とのことです。

2015/02/23 23:30

投稿元:ブクログ

多くの哲学者の知識の片鱗を見せてくれるが,筆者がざっと思い込んでいるだけのような,浅い理解の中からなんらかの共通点を見出しているだけというか,そういう気を起こさせる.理数系の話題をちらつかせるときに特にそういう匂いがきつい.

対話形式でうまく文章を書ける人にはなかなか出会わない.今回もそうであった.

2015/06/27 13:46

投稿元:ブクログ

「向こう側」について終わりまで掴むことができず。その単語が出るたびに、なるほどと思い読み進めていた頭が遮られてしまう。

2014/09/25 00:56

投稿元:ブクログ

本書における向こう側とこちら側の厳密な語彙の定義と使い方は置いといて、こちら側で生活する者にとって「向こう側感」を持つことは往々にしてあるのだろう。
その「向こう側感」であるが、伝統的に西洋哲学ではイデア論を源流としてキリスト教にも受け継がれ、見えざる神からあふれ出る真理に迫ろうとしてきたことが本書で述べられる。向こう側との結節点である超越や直感の哲学的探検は、おそらく正しい認識への希求と表裏が一体で、何が近代科学を生んだかという副題のひとつの結論となるのだと思う。
著者が大陸系のアプローチをあえてこき下ろし、英米型の分析哲学やプラグマティズム的な思考法を健全と捉えるのは日本の現状を憂いてのことだ。主観であるが本来の日本人の向こう側というのは、日常の中でこんなところに向こう側がありそうだという驚きの内にあったように思う。輪廻に象徴される繰り返しの思想からは、時に垣間見える向こう側を様々な印象で語る機微があったように思う。しかし西洋から文物が伝わると、向こう側はいずれたどり着くものに変わり、今それが行き詰まり息詰まるとニヒリズムに陥る。
そこで本書は訴える。そうじゃないと。向こう側はこちらから迫り続ける存在であると。大陸系哲学ではないと。英米型の哲学が正解だと。実は啓蒙の書だったのだ。

あとがきにもあるように紆余曲折を経て新書として書籍化されたようで、途中サラリーマンに訴えかける描写があったり、なんだかちぐはぐな感は否めないが常日頃から「向こう側感」を抱く人とニヒリズムから一歩を踏み出したい人は読むべき。

4 件中 1 件~ 4 件を表示