サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

アドリア王国物語 1 幻黒の騎士と忘れじの乙女(角川ビーンズ文庫)

アドリア王国物語 1 幻黒の騎士と忘れじの乙女 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

絶対記憶

2017/02/11 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作のデビュー文庫「女神と棺の手帳」は1巻で挫折してしまったけど、今回はテンポよく話しが進んで読みやすかった。「絶対記憶」を持つ少女エマが、父親が犯人扱いされた事件をきっかけに知り合った3人の騎士と一緒に何でも願いが叶うと言う伝説の「聖杯」の騒動に巻き込まれて行く話し。キーパーソンの「先生=吟遊詩人」の出番がわりと早かったな。エマとバルトの掛け合いが面白かったし。こんなに口の悪いヒーローは珍しいかも。前作の「軍人」→「騎士」に「手帳」→「幻黒の書」に代わっただけで、また似たよう展開にならないか心配です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/11 22:20

投稿元:ブクログ

「女神と棺の手帳」の文野さんの新作。
主人公は今まで見聞きしたことを忘れない絶対記憶の能力を持つ女の子。便利そうだけど辛い記憶とかもずっと鮮明に覚えてるってことだから大変そう。彼女はその絶対記憶の能力を駆使して父親の殺人疑惑の汚名を晴らしたり、各国が血眼になって探している「幻黒の書」にまつわる話を記憶したりするらしい。手帳の次は書物(笑)そんな幻黒の書を共に探すことになるのが個性的な3人の騎士。ビジュアル的にはバルトが好み。ストーリー的にもバルトと恋愛が進んでいく感じなのかな?物語はまだ序盤なので分からないことだらけですが、文章は読みやすく、萌えポイントもあったので次も読んでみようかと思う。2巻では王都へ行くらしい。2015年冬に発売予定。

2015/06/02 22:38

投稿元:ブクログ

「女神と棺の手帳」が面白かったので買ってみました。
女の子1人に男3人と前作と同じく男性陣が多いのですが、3人とも系統が違う男前で、どれも魅力的。エマは「絶対記憶」という能力を持つ女の子で、こちらも前作と同様に嫌な感じはしない女の子で面白かったです。

エマの相手はバルトだと思いますが、ちょっとだけイラストのバルトと話言葉が違和感があったかなぁ。

キーは「聖杯」で、まだこの巻では謎のままです。
次巻も楽しみです。

2015/01/21 00:23

投稿元:ブクログ

ラノベの王道という感じ。
メイン、サブ共にキャラクターに好感が持てるし、ストーリー展開も飽きさせずなかなかおもしろかった。

次巻以降に期待したい。

2014/11/15 23:36

投稿元:ブクログ

オーソドックスなファンタジーでむかしのライトノベルを読んでいるような感じがしました。カバーイラストはエマのかわいらしさとバルトの重さを両立させていてよいイメージです。

これからエマの特異な記憶力がどのように発揮され、その能力ゆえの苦しみがどう描かれていくのか注目したいです。

2014/11/15 22:07

投稿元:ブクログ

悪くないんだけど、どこにでもあるようなファンタジーにも感じる。でも、こういうの嫌いじゃないです。イラストも好感で、面白かった。
出会いの一巻といったところで、今後『聖杯』獲得の壮大な物語になるのか、こじんまりとこのまま地味なまま進むのか、続刊に注目。
作者の焦れったく切ない恋愛風景は引き継いで欲しい所だナ。今後に期待かナ。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4139.html

6 件中 1 件~ 6 件を表示