サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

二万パーセントのアリバイ(宝島社文庫)

二万パーセントのアリバイ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/08/22 20:50

投稿元:ブクログ

なかなか面白かった。トリックというか真相は、実現可能性を考えるとアレしかないので、特に意外性はない。ですが、登場人物の人格形成がなかなかに巧みで、ドラマとして読み応えのある内容でした。
登場人物の名前がやや安直なのは、少しだけマイナス点ですね。

2016/02/02 00:02

投稿元:ブクログ

小児性愛者による殺人、犯人が捨て子という救われない話ですが、この真相を描いた作者の意図が知りたい。
家の近所に児童養護施設があり子供達の同級生が多くいるのですが、彼らの性格は生い立ちと無関係とは言わないものの、多種多様です。
事件のトリックを成立させるためだけの目的でこのような偏見を助長しかねない設定をしたのではなく、他の真意があることを願います。

2015/03/03 16:45

投稿元:ブクログ

このトリックは、ミステリーを書く際には使ってはいけない奴だったような…。ヴァン・ダインだったかノックすだったか、そんなこと言っていなかったか?
でも、ぼちぼち楽しめたのでいいとする。
書き方の問題だとは思うが、中途半端にそして読者に分かりやすく秘密が出てくるのはいかがなものか。ちょっと興ざめ。何か秘密があるならもっとうまく描写してほしい。

2017/04/03 09:07

投稿元:ブクログ

壊れてしまった人間は、たとえどんなに一分の理を唱えたとしても、本来持っていなければならない人間らしさを失ってしまっているのだろう。
可愛がっていた姪を突然殺された荒巻。
愛しい我が子を理不尽に殺された松原。
二人とも犯人を憎む気持ちに違いはない。
ただ荒巻は警察官であり、松原は一般人だったということだけだ。
真犯人を捕まえたい。
犯人に相応の罰を与えたい。
その執念にも似た気持ちが真実を明らかにしていく。
読み終わってみればそれほど奇想天外なトリックでもなく、犯行の動機もありがちなものだった。
逆に言えばありがちな動機、どこかボタンを掛け違えたような動機は、リアルさがあるといえばある。
自分を守ってくれなかった社会への復讐心が犯行の底に見え隠れして、薄気味悪さだけは飛びぬけていた。
物語の中で松原への描写が一番共感できた。
大切なものを奪われた喪失感は、簡単に埋まるものではないだろう。
犯人側へもう一歩踏み込んだ描写がほしかったような・・・。
薄っぺらな犯人像になってしまったことが残念だった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示