サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/06/02 01:42

投稿元:ブクログ

ミイラ調査研究史。先の革命で失脚したザヒ・ハワスの手法の功罪が興味の中心となる。残念だが王の血縁関係や死因を解明する機会は失われたと考えた方がいいようだ。

2015/05/15 16:58

投稿元:ブクログ

何故、こんなにも有名になってしまったのか。エジプト考古学者の利権、金、スポンサーなどの問題から、歴史的価値の損失まで、ツタンカーメンにまつわるすべての事実を洗い出した本。日本人はエジプトが好きだ。そのオモテとウラがわかる。

2015/02/24 13:52

投稿元:ブクログ

「ツタンカーメン 死後の奇妙な物語」J.マーチャント◆ツタンカーメンのマスク発見から90年、研究者は数々の挑戦を続けてきた。人物そのものというより、彼の謎に人は惹きつけられるのでしょう。今後も新事実発覚はあるのかもしれませんが、黄金のマスクにはミステリアスな微笑みが似合います。

2014/10/19 15:51

投稿元:ブクログ

日本経済新聞社


小サイズに変更

中サイズに変更

大サイズに変更

印刷


ツタンカーメン死後の奇妙な物語 ジョー・マーチャント著 変わり続ける王のイメージ
2014/10/19付日本経済新聞 朝刊

 長い古代エジプト王朝の中でも、やはり、ツタンカーメンの知名度は群を抜いているだろう。







 3000年以上もの時を経て、宝物の一部を除けばほとんど盗掘がなされないままに見つかったというその発見劇は、あまりにドラマチックだ。ただ、それは一瞬のことだと思っていたが、そうではなく、1922年11月に発見され、実際に王のミイラが取り出されるのはそれから3年前後もたってからだというのには、少し驚いた。


 また子どもの頃、少年雑誌で読んだ不思議譚(ふしぎだん)のような話、発見に関わった人間たちが次々に死んでいく「王の呪い」という話は、さすがにここでは、ほとんど相手にされていない。


 むしろ、より細かく検討されるのは、王がどんな健康の持ち主だったのか、どんな原因で死んだのかという問いを巡るものだ。というより、むしろ著者の主眼はどんな科学的検査を通して、それらの問いにあれこれの回答が与えられたのか、その変遷を辿(たど)ることにある。時代の科学的水準を反映して、王のミイラにX線撮影、CTスキャン、DNA検査が行われる。そしてその度に、王のイメージが変わっていく。身長や死亡年齢にはほとんどぶれはない。他方で、その健康状態や死因には、大きなぶれがある。


 彼は健康で活発な王で、死んだのも巨大生物を狩猟する際の事故によるものだったという見方もあれば、脚に障害があり、近親婚で生まれた虚弱児だったという見方もある。その最期も、事故や病死ではなく暗殺だったという意見も、何度も出てくる。


 だが、そのどれもが完全に確定的なものではなく、例えば一見最先端にみえるDNA調査も、専門家同士の間では大きく意見が割れているという事実がある。結局のところ、王はどんな人で、どんな人生を送ったのかは、確実にはいえないのだ。


 本当はどうだったのだろうか。著者の言葉を読み進めると、各人が思うところに従えとでもいっているように聞こえる。


 著者が本書を準備するための調査の果てに実際のミイラに対面した時、その「壊れそうな細い枝のような姿」と、それにまつわる多くの人間たちの多様な想像とのギャップに感銘を受けるという場面。それはわれわれをも、同様の感動に引き込む。


 これは、死後の体を全世界に晒(さら)しながらも、永遠に不可視のままに留(とど)まる、遠い昔の偉大な王の、カメレオンのような肖像画なのだ。




原題=THE SHADOW KING


(木村博江訳、文芸春秋・1950円)


▼著者はロンドン在住の科学ジャーナリスト。専門は生物学。英誌「ネイチャー」などで記者、編集者をつとめた。




《評》東京大学教授


金森 修


このページを閉じる



NIKKEI Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2014/10/17 13:19

投稿元:ブクログ

【カーターによる発掘から最新DNA鑑定まで】両親は近親相姦、死因はマラリア。衝撃の鑑定結果は信用できるのか。元ネイチャー編集者が描く、政治とメディアと科学と少年王の謎。

2014/11/21 17:14

投稿元:ブクログ

ツタンカーメンが発見される経緯とその当時の詳細、ツタンカーメンの系図、エジプトの王朝の歴史などが概観できる。
ツタンカーメン発見から今日まで続くさまざまな物語が興味尽きない。
ツタンカーメンとその親族と推定されるミイラののDNA鑑定やX線やMRIなどによる撮影からの死因や他のミイラとの関係性の推定。
ツタンカーメンをめぐる巨大なお金の動き、エジプト政治体制へ与える影響など。
読んでいて、退屈しないどんどん惹きつけられるおもしろい内容でした。

6 件中 1 件~ 6 件を表示