サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

つめたいオゾン(富士見L文庫)

つめたいオゾン みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

締めがもう少し

2015/08/30 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cycle - この投稿者のレビュー一覧を見る

唐辺は少し超常的だったりSF的だったりするほうが似合う。二者同一化の過程、ゆるやかで静かな、穏やかなになってゆくつながりは良かったが、それに抗うという対照存在も欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/05 07:26

投稿元:ブクログ

最後まで一気に読んでしまった。
やはり文章がうまい。
ただ、少女の境遇は、つらすぎてページを飛ばしてしまった。

カズオ・イシグロ的感性というか、あらゆる人間集団の思想信条類形から離れた、個人の悲喜劇を、でも個人の力ではどうしようもない大きな力で握りつぶされる、そういう人間を描いている作品を、自分はこの頃多く見るようになった気がする。

2016/02/03 23:08

投稿元:ブクログ

主人公たちがかかる奇病の作りこまれた設定と丁寧な症状描写は面白かったのだが、不幸設定がちょっと過剰かな。
絶妙な寂寥感と余韻あふれる終盤はこの作者らしい。

2014/11/22 23:20

投稿元:ブクログ

別に細かく書いてるわけでもないのだけれど、二回?にわたるレイプシーンはきつかった。
著者の作品全体に漂ううっすらとした絶望感とか、特殊な設定を持った物語だけれど冷たすぎず暑すぎずで展開していく感覚が好きです。

2014/09/23 20:05

投稿元:ブクログ

著者の新境地と言ってもいいのではないか。今まであったようで無かった瀬戸口世界。切ないけどどこかロマンチックでとてもよかった。読後は不思議な気分に浸れました。

2015/05/14 17:12

投稿元:ブクログ

絶望感が溢れる物語がわりとすき、あんな絶望が身体中に染み渡ってる感じがとても心地よい。最後はHEだろうかBEだろうか,うまく収めるのならそれはそれで別に構わない。唐辺さんの小説は初めてだが,プロローグだけで一気に読み終わりたくなった。読み易くて、展開も穏やかで、意識と身体の存在意義も見事で、それにタイトルの表現もすごく気になって、全体的グレーっぽいの魔性が漂っていた。エンディングは正直に虚しいが,甘さをかけた”前触れ”に緩和されたように、無限ループこそが真の永久・真の誕生の上辺の考えに陥るのも悪くはない。

2014/09/19 20:23

投稿元:ブクログ

『人格が統合されて行く』という奇病を患った2人を主人公にしたSF小説。
こういうライトノベルと一般文芸の中間を埋めるようなジャンルは、どうしても『いい話』傾向に持って行きがちになるが(それが悪いのではない)、こちらは全体的に漂うディストピア風味が意外だった。
主人公の1人が将来を嘱望された棋士という設定もユニーク。ただ、もう1人の主人公のこれでもかという不幸設定はやや余分に感じた。

2014/10/27 10:43

投稿元:ブクログ

SF系ラノベ。自分の中に他人の感覚情報が入り込むようになり、最終的には意識・記憶・感情が完全に融合し、体は2人だけど1人の人格になるという奇病にかかった少年少女の話。深いテーマのわりにあっさりした人物描写に結末で、あまり魅力を感じられなかった。

8 件中 1 件~ 8 件を表示