サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

FAKE OF THE DEAD(メディアワークス文庫)

FAKE OF THE DEAD みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

惜しい

2015/08/29 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジン - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の人間のために壮大なウソの世界(ゾンビが溢れかえる)を築き上げるハナシ。
読み始め易く(←ココは素晴らしい)、導入から中盤までは結構ワクワクしたが、だんだんと無理のある流れに・・・。登場人物のほとんどの発想と行動が納得できない。設定はハナシの都合で多少受理があってもOKだが、人物の動機に無理がありすぎると興ざめする。

この作者の「殺戮ゲームの館」でその面白さとロジックに無駄の無さに感銘を受けたのだが、またもや肩透かしにあった感がある。
(「殺戮ゲームの館」は再読も楽しめる文句なしにオススメ)

このテーマで、もっとじっくり練ったストーリィを読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/29 12:42

投稿元:ブクログ

発想はなかなか面白いと思いました。実際にこれを成立させるのは相当な難易度だと思いますが、実際のゾンビを一切登場させずにゾンビ小説を書ききっているのは、流石です。
少し誤字が目立つのが玉に瑕かなぁ。これは作者のせいではなく編集のせいですが。

2014/10/01 13:09

投稿元:ブクログ

「閉鎖空間のデスゲーム」とは一味違う新作。

発想は面白いが、展開が強引且つ御都合主義的な感じが。
シェルターに到着するまでの流れが特にそう感じるし、シェルターに着くまではあまり面白みがない。

最初、真鍋が主役かと思ったらとんだヘタレだったよ!

2015/11/05 22:06

投稿元:ブクログ

登場人物の名前からして、某ゾンビゲーム(映画)のパロディーかと思ったけど、そこは土橋らしいアレンジ。
人間同士の駆け引きとか、疲弊した精神状態での行動とか、うまく書くなーと思った。
映画化とかしねーかなー。
もしくはアニメ化かな。

4 件中 1 件~ 4 件を表示