サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

なにかのご縁 2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う(メディアワークス文庫)

なにかのご縁 2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

2016/04/28 20:23

投稿元:ブクログ

海外からのライバル登場編。
全体的に、1巻目のような「縁結び。切れない縁」を主軸とするよりも「切りたくても切れない縁、繋ぎたくても繋げない縁」の縁結びや縁切りがメインに据えてある話が多いので、読後感としては切ない。

なんやかんや説明パートなどでは小粋な野崎まど節ともいえる、他の作品にも共通するブラックジョーク的なものが多いけれど。
ゆかりくんとローランの関係性、ユリシーズとローランの関係性、など、そういったところでこれまでにないくらいにストレートに友達、とか、コイツとこうなればいいな(明るい未来の展望)、とか、照れくさくなるくらいにすとん、と書かれていて、それがまた嫌みなくまっさらな感情から出ているものばかりで、一瞬お、おう、と気をてらわないことに不意をつかれる感じが強い。

2015/10/29 22:20

投稿元:ブクログ

読み終わりました!


登場人物が新たに増えましたね!
一番最初のページのイラストと表紙も、
今回もかわいくて素敵です♡

うさぎさんと仲良く例の物を持っていて
和んだな(笑)



読み終わったあとに
改めてみるともっといい。゚+(。ノдヽ。)゚+。



漫画家さんの話も切なかったけど
ラストはもっと切なかったです(´;ω;`)ウゥゥ
ユリシーズが・・・・・

色んなことが丁寧に描かれていますね。。


続きもありそうな展開で・・・
待ち遠しいです!

ローラン君(最近「奇皇后」見始めたので勝杏里さんの声を久しぶりに聴いたので
懐かしくて、ふと脳内ではつい勝杏里さんの声を想像してました////)とゆかり君。。
良いコンビになりそうですね♪

2015/04/26 05:41

投稿元:ブクログ

野崎まどっぽくない話Ⅱ。

縁結びの神様は結んだりほどいたり、強かったり弱かったり。
いい神様と出会いたいものだわ。

2014/09/28 21:17

投稿元:ブクログ

野崎まどの他の本に比べると、普通すぎるシリーズだと感じられる。それでもギャグと物語進行のバランスの良さは発揮されているのではないか。楽しく、良い本だと思う。

第二話が気に入った。「綻び過ぎ」、「解れ、こじれて、悪縁となるかもしれん」。すべての縁を修復することなどできるはずはない。幸せへの縁にいつか兆しがあれば、充分な人生であろう。

2014/10/31 02:39

投稿元:ブクログ

じいは素晴らしいじいだな…。
何気に好きなこのシリーズ。
確かにドス黒どんでん返しは(今のところ)ありませんが超越系女子もいらっしゃるし紛れもなく野﨑テイスト。
何より私コミカル系野﨑さんの文章好きなんだよなあ…。
土田先輩の漫画読んでみたい。

2015/03/05 11:21

投稿元:ブクログ

突如現れたフランス人縁結びストとお付きのじい(うさぎ)に勝手にライバル認定され、張り合うつもりもないのに縁結びの競争をすることになった主人公とうさぎさん。うさぎが増えたことでモフモフ感up、シリアスさと抜け感のバランスが秀逸。じいの老眼があの展開に結びつくとは泣けた…。芯はあるけど自分のことには結構無頓着な主人公は、努力家で直情的なライバルの影響で、次は自分ごとがメインになったりするのかな。

2014/11/10 13:00

投稿元:ブクログ

どうやら俺は動物関連の話と生死にかかわる話に弱いようで、読みきる辺りでは思わず涙ぐんでしまった。
ちなみにこの小説をここまで読んで新たに得たことは、縁というものの幅広さ。縁は基本的に縁結びというものがあるくらいだから、恋愛や友好など良いことのイメージがあった。物は言いようなのかもしれないが2巻目ではさまざまな形の縁が登場するのだ。ここがこの本の、このシリーズの売りであることは間違いないと思う。

2017/02/19 15:19

投稿元:ブクログ

ローランとユリシーズが何か鼻についてむかつくとか思っていたのに、縁結びに対する情熱は本物だったから最後読んでて辛くなった。
森先輩の話が何気に心に刺さる。
自分が努力しても届かなくて、諦めざる得ないのも縁が関わっているなんて知りたくなかった。残酷すぎる。
前巻と比べてシリアスな話が多かった気がする。
それにしても、先生ですら参考にする休講予報とは何だか面白そう。

8 件中 1 件~ 8 件を表示