サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

沈黙の果て 上(創元推理文庫)

沈黙の果て 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2016/03/12 23:17

投稿元:ブクログ

ドイツの大人気作家の力作。
前に読んだ「姉妹の家」よりも面白いです!

英国ヨークシャーの別荘に集まったドイツ人の3家族。
何かといえば行動を共にしている仲のよさなのだが‥
大学教授のアレクサンダーの妻イェシカは獣医で、初めてこの屋敷に滞在しています。
後妻なのでこのグループにはまだ馴染みが浅く、先妻の娘には反抗期の年頃でもあって反発されている。
視点はどんどん変わりますが、イェシカが一番多く、この女性が感じがいいので救われます。

別荘の持ち主パトリツィアは美人でリーダー格だが、完ぺき主義のきつい女性。
その夫はそんな妻に疲れている。
カリスマ・セラピストと、大人しいその妻。
男たち3人は学生時代からの親友という。

別荘のかっての主の隠し子だったと信じる男性が登場、パトリツィアの叔父として相続権を主張してくる。
憤慨するパトリツィアだが‥?

ややこしい人間関係がじわじわと描かれます。
事件が起きたことはわかっているのですが、その展開は下巻で!
さすがの緻密な描写で、だんだんと盛り上げていくのが上手い。
息が詰まるような人間関係がはたして‥?
ミステリ作家というよりはドラマチックな作風のエンタメ作家だと思いますが、この作品はミステリと言っても良いかな。
翻訳も良いと思います☆

2014/11/21 01:50

投稿元:ブクログ

久しぶりの海外ミステリ。登場人物がたくさん出てくる作品というものも久しぶりに読んだような気がします。(笑)
休暇を過ごすために英国ヨークシャーのスタンバリー・ハウスに集まった3組のドイツ人家族。単に仲が良い間柄というのとはちょっと違う様子。微妙に緊張感が漂っています。
上巻では、その人々のキャラクターとそれぞれの関係性を丁寧に説いていきます。でも、どうやらここに記されたことがすべてではなく、隠された秘密がある様子。
それにしても、それぞれ何かしらの問題を抱え、これだけ性格に難があるような人々が、せっかくの休暇を一つ屋根の下で過ごすというのが解せません。いったいどのような結びつきがあるというのか?
いつ事件が起きてもおかしくないという雰囲気の人間関係ですから、大量殺人が発生しても然もありなんと妙に納得してしまうのが恐ろしい。(笑)
この作品は、ドイツ版イヤミスでしょうか!?

2014/12/23 09:16

投稿元:ブクログ

訳がとてもいいと感じた。
堅苦しくなく、訳書にありがちの漢字詰め込みガチガチ読後感がまるでなかった。

あらすじからワクワクしながら読んだが、
ストーリー展開としては、淡々と進む。
スピードミステリではない。
それに、謎解き、犯人探しが主体という視点でもない。
それぞれの人間がもつ「狂い」から何が発生し、
どれが日常レベルの狂いで、どれが犯罪になる狂いなのかを一覧で見せている。
しかし、結末まで読者が気が付くことなく事件が進行する。

悪、即、斬 みたいな構成ではない。
狂いの許容、修正、納め方には国の違いなんてないのじゃないかと感じさせる。

単にミステリとしてではなく、
是非下巻まで読んで、登場人物たちの事件の受け止め方
まで考え、感じさせてくれる。
まちがいなく、良著。

2015/05/26 21:42

投稿元:ブクログ

続けての外人作家。
描写とリアル感が優れていると感じます。
相変わらず登場人物の名前には、??がついてしまうほど
名前が脳みその中に染み込んでこない。。。(笑)

2015/07/04 09:24

投稿元:ブクログ

イギリスの古い屋敷で休暇を過ごす3家族の話。上巻は、その3家族の屋敷での過ごし方や、人間関係の様子などが主に描かれていて、後半殺人事件が発生する。下巻は、登場人物たちの過去や人物像をおりまぜながら殺人事件の真相に迫る。この作品は、ミステリーというよりヒューマンドラマだと思った。3家族の関わり方をとおして人間関係の難しさや、異常なタイプの人間が一人二人いることで周りがおかしくなっていく様子がよくわかる。人間描写や心理状況がわかりやすくて、読みやすかった。ついつい感情移入してしまいそうな感じ。結末は納得できたし、いい感じの終わり方でよかった。

2014/10/26 17:58

投稿元:ブクログ

英国を舞台にしたミステリだが、著者はドイツ人。本国ではかなり人気のある作家らしい。
登場人物はそれぞれ秘密を抱え、人間関係はぎくしゃくしている。被害者以外は誰も彼も不審者……という、サスペンスものの王道を行く展開。
上巻では特に人間関係の歪みを丁寧に描いており、破綻しそうでしない綱渡りの関係も緊迫感がある読みどころだと言える。

2016/01/02 00:58

投稿元:ブクログ

視点が入れ代わり立ち代わり進行していくスタイルではじめは登場人物の名前を把握するのに時間がかかったけどなれたらとても楽だった。クローズドサークルものは昔大好きだった金田一少年ノベルスをほうふつとさせて、結構好きなほうなのでこれから下巻を読むのが楽しみ!原書で読んだらたぶん倍以上時間がかかっただろうな・・・。

7 件中 1 件~ 7 件を表示