サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

沈黙の果て 下(創元推理文庫)

沈黙の果て 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

まあまあでした

2015/03/24 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

後書きで、ドイツで一番売れ、読まれている大衆作家で、映画化された作品も数知れないとあるけれど、この作品も映像化されてたら、サスペンスと人間ドラマが濃密に味わえて、それなりに面白いと言わせるのではないかと思う。
我欲に満ちた人間達の、緊密で歪んだ三家族のそれぞれを、最後まで力を抜くことなく綿密に書かれていて、その中で起きた殺人事件を主軸に物語は進む。登場人物のイェシカが唯一の良心として、どうにか完読できたが、一度読んだら二度は読まないと思ったが、好みの問題だと思う。深くない大衆娯楽小説が読みたい人はおすすめかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/13 15:20

投稿元:ブクログ

ドイツの人気作家のベストセラー。
面白く読めました!

イギリスの自然豊かな土地にある古い別荘。
ドイツ人の3家族が、そこにバカンスで滞在していました。
学生時代からの親友の夫たちと、その妻子。
夫アレクサンダーと再婚して間もないイェシカは、長年行動を共にしてきた彼らのなかの新入りで、戸惑いを覚えていました。
思いもよらない事件が起きたとき、自分に反発していた義理の娘リカルダを守ろうとします。
少女リカルダの葛藤も一つの柱かな。

それぞれに秘密や悩みを抱えていた夫婦たち。
そこへ、屋敷の相続権を主張する不審な男性が登場。
容疑者と疑われますが‥
その男性フィリップは、恋人と一緒だったのですが、この二人のうまくいかない関係も綿密に描かれ、もう一つの柱といった感じです。

ほぼエリートでしかも美男美女がほとんどなのに、とんでもない問題ありの状況だったんですね‥
熱っぽい筆致で、息詰るような人間関係の謎が解き明かされていきます。

作者はドイツの国民的人気作家。
毎年長編を発表しているそうなので、選りすぐりの作品をもっと翻訳発行して欲しいです☆

2015/01/10 23:17

投稿元:ブクログ

ドイツの国民的作家のミステリーらしい。でも舞台はイギリス。ヨークシャーの古い屋敷で春の休暇を過ごしていた3家族のうち、5人が殺害される。
 主な視点は、夫を殺された若い妻から。物語が動き出すのは下巻からだけど、それまでの3家族のなんか普通じゃない様子とか、どんよりたまった不満の空気とかが、イギリスの田舎の風景と合わさって書かれていて、静かに読めた。他の作品も出て欲しい。

2014/12/23 09:21

投稿元:ブクログ

一気読み!とまではいかないけれど、もたもたしていないので、苦も無く上下巻を読み進めることが出来た。

ただ、スピードミステリが好みの人は苦手かも。

ものすごく登場人物たちの心理描写が丁寧で、
寄り添った視点で物語が進むので、正直犯人探しの
伏線とかミスリード狙いとかの小手先描写がない。

全体の内容イメージは、メソメソしていないのが好感もてた。
強い女性が主人公であるのに、ゴリゴリに肩張った「女性強し!」論調でもない。でもやわらかすぎない。
悲しい結末だけれど、
「だってしょうがないよね、心の傷だもん」って
無責任でもない。
特にキー人物たる男女二人の結末の、
起こった出来事の引き受け方に非常に好感が持てた。

著者は「責任」と最後の締めくくりに、キー人物の
男性登場人物に語らせているけれど、
まさに、責任という意識的な行為以前のもう少し
初動対処的な部分に、日本人から見ても美しいと思う
思いの納め方がある。
ものすごく大人の生き方、考え方がある。


日本人でももっと人気があっていい作品を
書いているのではないか?
もっと訳書が出版されることを大いに期待!!

2015/05/26 22:05

投稿元:ブクログ

いいですね~
最後までの解き明かしといい
全てをフィニッシュまで持っていく流れといい
シャルロッテさんなかなか面白いですね。

人間心理の欲、自己などが描かれていて
逃避してしまう人って
確かにやっぱりいるんだなぁ・・・

なんて

もう少しこの人の作品を読んでみたいです

2014/12/07 23:59

投稿元:ブクログ

古い屋敷に滞在していた親密な3組の家族の5人が惨殺される。
犯人は屋敷の持ち主の叔父だと言い張る男なのか?

3組の家族と1組のカップル、それぞれが抱える秘密や悩みを中心とした人間ドラマは目新しさはないものの安心して読める出来。
安定の大衆娯楽小説。
読んだ後に残るものは少ないけれど、楽しんで読める。これ大切。
あとがきに大衆娯楽作品なので文芸方面から批判されることもあるって書いてあったけど、カミラ・レックバリも同じことを言っていたなぁ。
読者的に面白ければそれでいいのだ。

2015/07/04 09:25

投稿元:ブクログ

イギリスの古い屋敷で休暇を過ごす3家族の話。上巻は、その3家族の屋敷での過ごし方や、人間関係の様子などが主に描かれていて、後半殺人事件が発生する。下巻は、登場人物たちの過去や人物像をおりまぜながら殺人事件の真相に迫る。この作品は、ミステリーというよりヒューマンドラマだと思った。3家族の関わり方をとおして人間関係の難しさや、異常なタイプの人間が一人二人いることで周りがおかしくなっていく様子がよくわかる。人間描写や心理状況がわかりやすくて、読みやすかった。ついつい感情移入してしまいそうな感じ。結末は納得できたし、いい感じの終わり方でよかった。

2014/10/26 19:43

投稿元:ブクログ

下巻。
上巻とはうってかわってサスペンスフルな展開。緩急の使い方が上手く、じっくり読ませるところと、テンポ良く進む部分のメリハリがいい。また、上巻で描かれていた人間関係の歪みがどんどん露呈していく様子が非常に不気味で良かった。本国でベストセラーになっているのも頷ける。

2016/01/23 22:15

投稿元:ブクログ

面白かった。下巻は一気読み。
事件そのものは凄惨で、解決までの人間関係も激しく歪んでおぞましい部分もあるけれど、不思議と読後感はいい。
唯一物足りなかったのは、3人の友人を結び付けている過去。もう一捻りあったらもっと面白かったのに。

2016/02/19 10:45

投稿元:ブクログ

随分と細かいところまで時間をかけて書くのだな、というのが読み進んでいくうちの感想。
この半分のボリュームで書くこともできたのだろうけど。
しかし、それだけの読み甲斐があったストーリー。
薄々気づいていたことであっても、こういう風にもっていくか、と唸らされた。

日本語訳があと1冊しかないことが非常に残念。
更なる翻訳を待ちたい。

2016/02/12 10:19

投稿元:ブクログ

下巻になると、大体犯人の見当がついてくる。この人だろうな、と。フーダニットがこの小説の肝ではないので、それでもぐいぐい読ませてくれる。私は翻訳ものがあまり好きではないけど、こんなに夢中になれたのだからたぶん翻訳者の方の力量がすごいのだと思う。物語の舞台は夏だったので、真夏の冷房の効いた部屋で読めばもっと楽しめたかも。そこだけが残念(笑

11 件中 1 件~ 11 件を表示