サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

狂える者の書(創元推理文庫)

狂える者の書 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/09/29 14:30

投稿元:ブクログ

目次から察するに今巻は長編ナノカナー?

あと、以前角川書店で刊行されたシリーズの1と2の「幻獣の書」と「堕ちたる者の書」が来年前半に創元推理文庫から復刊とのこと←訳者あとがき情報

2014/08/19 08:54

投稿元:ブクログ

「パラディスの秘録」第2弾

東京創元社のPR
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488585075

2014/10/03 14:11

投稿元:ブクログ

『パラディスの秘録』シリーズ4作目。
重なり合う3つの世界を舞台に、正気と狂気が入り交じった世界が描かれる。

角川ホラー文庫から出ていたシリーズ1、2作目も、年明けには創元から復刊されるらしい(訳者あとがきより)。良かった。

2016/06/28 16:22

投稿元:ブクログ

主要な登場人物がみな狂っている、または周囲に狂っていると思われている中で、ストーリーが進むごとに彼らの狂気も増していく。
その狂気は本物なのか、それとも見せかけているだけなのかも判然としないまま、ラストで狂気が現実を塗り替えていく。めくるめく物語。

2015/04/05 17:56

投稿元:ブクログ

タニス・リーの代表作と数えられる「パラディスの秘録」の原書刊行順でみる最後の一冊を読みました。今回は今までの多くがそうであったように短編集でなくて、三つの世界が絡み合う長編小説となっています。
狂えるものの書、というだけあって、まるで複雑怪奇な構造の螺旋階段越しからペンギンを見つつオレンジ色のお酒を飲んで酩酊するようなお話でした。でも、このシリーズの中でもっとも深い意味を内包したお話のように思えました。

狂える都パラダイスの中にあって、自分たちは正気を保っていると信じながらも、平然と殺人を繰り返すフェリオンとスマラの美しき双子の兄妹。
従姉妹に陥れられ、正常でありながら狂人とみなされて精神病院に送られたパラディの女画家、レオカディア。
激しい片恋に破れ発狂し、やはり脳病院に収監されることになるパラディスの若き令嬢、イルド。
この三つの場所と人物たちが絡み合い、一つの織物を編むような、そんなお話です。
正常とは、狂気とはなんなんなのか。美とは、醜とはなんなのか。
相反する二つの存在の意義を巧みに問いかけた、名作と言えると思います。

しかし、狂えるものの書、と題名につくだけあって、殺人や精神病院でのひどい描写などが続きます。
精神状態によっては、引きづられてしまったり、読むのが辛かったりするかもしれません。死者も数多く出ます。
ですが、面白かったです。そしてペンギンがすごい破壊力です。
陰鬱なシーンが続くだけ、最後のエピローグは鮮やかで、心が浄化されていくような感じでした。
正常人の勝利といったところなのでしょうか。ですが、その登場人物が、只中にあって本当に正常だったかなどと、誰がわかるのでしょう。
個人的に、私が愛好して所有している人形と同じ名前のついたフェリオンと、パラダイスの描写が好きでした。フェリオンとスマラがパラダイスを抜け、パラディの美しさに感動するシーンは、わたしも一緒になって感動しました。
章の最初に載っているエピグラフも効果的で、この本をまとまりよくしています。
しかし死せるものの書といい、この本といい、後半二冊はなんだかぼんやりとした夢幻のようにくらくらしてしまう、そんなお話でした。ある意味では、タニス・リーの幻視している世界をともに幻視しているのでしょう。
あと一冊、堕ちたるものの書だけ未読です。
いつかじっくりと読みたいと思います。
なかなかに感慨深い読書体験でした。
万人におすすめはできないけれど、大好きな一冊です。

5 件中 1 件~ 5 件を表示