サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

魔獣の召喚者(ハヤカワ文庫 FT)

魔獣の召喚者 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/11/12 19:17

投稿元:ブクログ

1巻では運命に翻弄され逃げ惑うばかりだった主人公アリーナが、闇の主に立ち向かおうとする姿が凛々しく頼もしくもありますが、その反面、マルとの間に溝が出来てしまうのが辛い。ストゥルムホンド(ニコライ大公)がいい味のキャラなのだけど、アリーナがマル一筋なので噛ませ犬にも当て馬にもなりゃしないw。

2015/04/30 19:42

投稿元:ブクログ

正直、読むのがしんどい作品であった。理由は次の通り。
まず第一に、ヒロインの性格。1巻の評でも書いたことだけど、あまりにも感情的かつ衝動的で、彼女のふるまいにふりまわされる周囲の人々が可愛そうすぎる。そのわりに、幼なじみ、救うべき国の王子、敵役である闇の主、主要な男性キャラ3人が皆彼女に首ったけなのは理解に苦しむ。彼女は言動がトゲトゲしく、どこがそんな魅力的なのかと思う。
第二に、ラヴカの陣営が皆無能すぎる。指揮を執れるのがニコライ王子だけという脆弱さで、このため敵の策謀に対して何一つとして有効な手が打てていない。この点にどうしても苛立ちをおぼえてしまうのだ。
いや、これはグリーシャと増幅物と闇の主を巡る物語だからと言ってしまえばそれまでなのだが、だとしたら、そこのところがかなりおざなりに扱われてしまっている。
物語のメインはなんとヒロインの残念な性格と、それにふりまわされる人々に終始するので、こういうヒロインが好きな場合はともかく、共感できなければ一巻の終わり。
せっかくの限定的特殊能力と、それを微小科学という言葉であらわす設定の面白さがあるのに、大変残念。舞台のモデルがロシアという点も、いまひとつ生かしきれていない印象。

2 件中 1 件~ 2 件を表示