サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

光こぼれる愛の庭で(ライムブックス)

光こぼれる愛の庭で みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/09/26 00:38

投稿元:ブクログ

【ネタバレ含む】
Maiden Lane Series五作目。
一作目ヒーロー友人×二作目ヒーロー妹。

ヒーローのゴドリック・セントジョンは一作目では、病身の妻を労りつつ心痛める夫だった。
一方、ヒロインのマーガレットは、一応二作目から登場しているのだが
本作の伏線的に、前作で秘密の恋を持つ娘という立ち位置だった。

正直言うと、ヒロインには当初好感を持てずにいた。
(本人のせいではないが)Megsという愛称にも馴染めないし、
自分のことと自分の恋にしか目が行かない「お嬢ちゃん」なんだなあ、と思っていた。
次兄であり、二作目ヒーローでもあるグリフィンにも腹立たしさを感じていた。
彼が脅したせいで、ゴドリックはマーガレットと結婚しなくちゃいけなくなったから。(それがないと話にならない、てのも分からなくもない、けどね。)

ただ、段々ふたりの間が進展して行くにつれ、
マーガレット(本人はそう呼ばれるのが嫌いらしい(笑い))への嫌悪感は薄れていったけれど
好きなヒロイン、というほどではない。

ところで、「亡霊」に関する情報も前々作辺りから明らかになってきているが
まさかあの人が! とびっくり。

そして、次作の伏線も、本作にありますね。

最後に、カタカナ表記の問題だが、
毎回目障りに行動するPenelopeが「ピネロピ」なのがなあ。
せめて映画にならって「ペネロピ」の方が良かったのでは?

2016/05/17 16:45

投稿元:ブクログ

難攻不落かと思えるほど、頑なヒーロー しかし、ヒロインに陥落した後のヒーローがhotすぎる えっ、そんなキャラですか? ヒーローの二面性とまどった…
結局クララが使っていた部屋はどうするんだろう あの部屋を子供部屋にするのはキツイよ~w
「エルカンの伝説」は良い話だなぁ

2 件中 1 件~ 2 件を表示