サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ニッケルオデオン〈青〉 (IKKI COMIX)(IKKI コミックス)

ニッケルオデオン〈青〉 (IKKI COMIX) みんなのレビュー

  • 道満 晴明
  • 税込価格:6486pt
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2014/09/30
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ついに青が出てきて初代ポケモンっぽいけど、それはとにかく面白い

2015/03/26 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:B4 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの作者さんのファンで、前作ニッケルオデオン緑、前々作ニッケルオデオン赤と購入し、いずれでも八ページに込められたエピソードのクォリティの高さに脱帽していました。そして、待ちに待ったニッケルオデオン最終巻の青。これがまた本当に素晴らしい! 何がどう素晴らしいかはネタバレになるので控えますが、大手を振って皆さんにオススメできる一冊です。ぜひぜひお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 21:44

投稿元:ブクログ

すばらしく変ですばらしく可笑しくすばらしい短編集もこれで完結で、もっと長く読んでいたかった。間に入る1コマがまた愉快でたいてい身も蓋もなくてすばらしい。

2014/10/13 19:30

投稿元:ブクログ

2014 10/2読了。
道満晴明の新刊、赤・緑に続く3冊め。
虎と付き合う少女、なんかよくわからないバトルをしている小学生、菅原など既存キャラも色々出ている中で、出色はヤドクガエルにされた少女と、その妹の貞操と引き換えに彼女の呪いをとくためキスした少年の、その後の話。
ヤドクガエルにされた娘の方がだいぶ心を入れ替えていたらしいのが良い。
でも相手は色々と・・・。

2015/06/20 03:42

投稿元:ブクログ

尖った作風のために評価されにくいのかもしれないが、九井諒子に先立つ才だと思う。「ほうき星のナルナ」に鳥肌。このまま一般誌での活動を望む。

2014/10/08 17:08

投稿元:ブクログ

あれこれ最終巻なの?

キャラの可愛さ相変わらず

必ず一つはホモ話いれてきてくれるので俺得

桶屋の女子三人組だけで長編出来そうだ

2014/11/17 20:42

投稿元:ブクログ

最初にっつーか、これだけ言いたいのだが、こんな頭がおかしくなりそうなほど面白可笑しいショート読み切り集がこれで終わりなんて悲しい
カオスもシュールもマッドも通り越した、独自の道満晴明ワールドが広がっていて、命綱なしで踏み込んだら二度と出られなそうなスリルが溜まらなかったのに・・・・・・
他の月刊誌に移行して、連載を続けてくれればイイのに、と本気で思う反面、読み手をガチで選ぶ、妥協できない良質の作品ばかりが集まっていたIKKIって月刊誌だったからこそ、ここまで向上したのでは、とも(まぁ、恥ずかしい話、私はIKKIを購入はおろか、手に取って立ち読みすらしたことがないんだが)
あくまで、道満先生の『ニッケルオデオン』が赤、緑、そんで、この青、どれも好きな私が勝手に思っている事だが、アブノーマル、特に欠損少女に興奮する己と対峙し、食って自分の一部にしてしまった読み手は私だけであるまい
私がこの【青】で推すのは、Scene4「食餌の衝動」、この二人の今後を読みたいものだ
ホント、また、どこかで遭遇えて、よろしく出来る事を呪いながら、全色を味わい直そう

2015/08/11 02:48

投稿元:ブクログ

綺麗で汚い、大好きなシリーズ。
シンプルな画面構成と多くはないセリフから、とんでもない密度の物語を叩き出す手腕は本当に秀逸。

「食餌の衝動」
「魅惑のヴンダーカンマー」
「積めない方程式」

あたりが特にお気に入り。
本当に綺麗で汚い、大好きなシリーズ。

2014/12/01 18:49

投稿元:ブクログ

20分くらいで読めた。
今回はメルヘン強め。赤緑の内容を忘れてるので繋がりがイマイチ…。まさにショートショートって感じ。
休刊だから、これで終わり?細々と続いてほしかったなあ。

2014/10/18 18:13

投稿元:ブクログ

購入

8P読み切りの短編集。
相変わらずの世界観で童話を読んでいるような気分にもなる。

食餌の衝動、とある家族の飲尿法、かいばみ幽霊あたりが特に好きだなと思った。

この巻で終わってしまうのが寂しい。

2014/10/04 09:29

投稿元:ブクログ

おもしろい。とても印象に残る。
シュールでちょいグロでちょいエロ。

「迷子のチーコ」は切ない。
「食餌の衝動」はリアル。
「とある家族の飲尿法」は温かいw
「積めない方程式」の最後のシーンがとても好き。
「うたかたの日々」にやぁ!ひさびさ!

完結してほしくなかった。
いつまでも読み続けていたかった。
満足感と寂寥感が同時にやってきた読み終わりでした。

2014/09/30 21:33

投稿元:ブクログ

「不死体コンストレイト」。ものすごい完成度の8ページを読んだあと、次のおまけページでほっこりさせられたりとか、もう非の打ち所がないんだよこれ。

2014/10/06 02:36

投稿元:ブクログ

猟奇的・畸形的メルヘンワールドを描かせたら一線級の作者であるドウマンセイマン氏の最新刊。セリフの一つ一つは毒々しくて生々しいのだけれど、それらが一つの作品として体を成した途端にその毒々しさ生々しさは中和されて奇妙で切実な物語が浮かび上がる。この作風に引き込まれたらもう元の漫画読みには戻れない。

2014/10/21 20:42

投稿元:ブクログ

オチが読めなくてワクワクする、が
フユーレイの話だけは1ページ目でオチがわかってしまった

赤緑青ときたら次は黄色か金色か
いつかまた再開してほしい作品

2014/10/05 00:16

投稿元:ブクログ

相変わらずの道満晴明っぷりだ
ややスカトロとか食人とかが多いけど、意外と気にならないというか慣れたのだろうが…
何にせよどれもこれも短編として見事にまとまっていて、たった8Pで世界を紡ぐのには驚愕しっぱなしなのだ

2015/07/29 21:46

投稿元:ブクログ

次は黄色だったのかなぁ。ポケモンかなと思ったが三原色の方がまだしっくりくる。互いに独立していながら重なるところがあって最初の発端となる物語から最後の収束するお話まで美味しうございました。

17 件中 1 件~ 15 件を表示