サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

hontoレビュー

ソロモンの偽証 1 第Ⅰ部 事件 上巻(新潮文庫)

ソロモンの偽証 1 第Ⅰ部 事件 上巻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー216件

みんなの評価4.1

評価内訳

216 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

お気に入り

2015/04/26 11:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

黙々と読んでしまいました。下巻や第2部など一緒に購入して準備しておけば良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長いのに

2015/04/30 23:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:o2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の宮部みゆきの小説はかなり長いなぁ。読もうかどうか思案していたのにいざ読み始めると止まらない。しかも長さもあまり感じない。この筆力には脱帽します。こんなことなら六冊まとめて買っておくべきでしたね。映画も一本ではおさまらず前編後編の二部作になったとか。まだ二冊しか読んでいないので真相はまだまだ先。早く結末が知りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮部みゆき作品の読んで良かった本

2015/08/28 00:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フチコマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部みゆきさんの小説です。
1部~3部まで2冊ずつ、合計6冊です。
文庫でも高い本ですが、満足できる本でした。
現代ミステリです。学校で事件が起きます。
宮部さんの子供目線の描写が好きです。
中学生のときのことを思い出します。
長い本です。でも読み始めると止まりません。
時間があるときに一気読みする本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安定!

2015/10/23 07:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももなり - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがです
長いし登場人物が多いので苦労するかな…と思いましたが、どの子も皆、それぞれのやり方で一生懸命もがいている。
自分が学生のとき、こんなに何かに必死になったことがあったかなあと…

6冊もあるから、しばらくは本に困らないと思っていたのに…
結局あっという間に最終巻まで読み切ってしまいました。
中だるみも迷いもなく、とにかく「どうなるのお~??」とひたすらページをめくり、気が付くと翌々日になっていて…
時間のある時に読み始めることをお勧めします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ソロモンの偽証1 第一部 事件 上巻

2015/11/15 13:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わかにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスマスイブの夜に、一人の男子生徒が転落する。
この男子生徒の死は、自殺か、他殺か。

学校や警察が捜査しているうち、三つの告発状が届く。
その内容は、あの男子生徒の死は、他殺だ、と主張していた。
そして、殺したのは、問題児の大出俊次だ、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

序盤戦

2015/12/12 15:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

全6冊のうちの1冊目。宮部作品は久しぶりですが、さすが読ませますね。いろいろな人物の断片が盛り込まれていて、これが一体この後どうなっていくんだろう、と惹きつけられています。続きが楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長編!

2015/12/19 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部さんの長編は模倣犯以来。舞台は現代より少し昔。学校内で生徒が死亡。自殺か他殺か、噂が流れる中、マスコミや親や先生達に翻弄される中学生が主人公。どこか冷めた中学生で、大人顔負けなんだけど、そこは現代も一緒。ただ、模倣犯よりハマリ度は下。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれます

2016/06/08 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部さんのほんはみなそうですが、まだ事件が起こってからなにも明らかになっていないにもかかわらず、周りのたくさんの人間それぞれの心理描写、行動をおっていくうちに引き込まれます。
どうして事件が起こったか、全貌を早く知りたくてしょうがないのでもどかしいという気持ちもありますが、この事件から影響を受けて行動を起こしている人々の今後も見たい!下巻も読むこと決定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高のストーリーテラーが贈る現代ミステリーの最高峰の幕開けです!

2016/09/28 10:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、最高のストーリーテラーである宮部みゆき氏による現代ミステリーの最高峰です。全6巻からなる長編ですが、読み応えといい、ストーリーへの引き込まれ方といい、どれも満足のいくものです。内容は、クリスマスの早朝、一人の中学生が、中学校の校庭で雪に埋まって死亡していました。早速、警察の捜査が行われますが、多くの事実証拠や家族の証言などから、自殺として片づけられてしまいます。しかし、その後、「同級生の犯行」を匂わせる手紙が関係者に届けられ、さらに、過剰報道によって学校や保護者の混乱は極まっていきます。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意とそれに抗し、死の真相を求める生徒たちを克明に描いていきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの日起こった本当のこととは…

2016/12/14 20:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読む前はすごいボリュームに少し尻込みしてしまったけれど、そんな長さを感じさせないくらいおもしろくてすぐ読めてしまった。
事件の真相と柏木卓也の顔が少しずつ見えていくごとに、謎が解けていくすっきり感とともに、何ともいえず切ない気持ちになった。神原くんと浅井さんのことを思うと、本当に胸が苦しくなる。三宅樹理の痛々しさも、別の意味で苦しいし…。
裁判が進んでいくのを追うのもおもしろかったけれど、ひとりひとりのエピソードで登場人物たちの顔が見えていくのがおもしろくて、どんどん読み進めていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/03 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/10 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/22 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

216 件中 1 件~ 15 件を表示