サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 突変
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

突変(徳間文庫)

突変 みんなのレビュー

文庫 第36回日本SF大賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

解説不要の傑作

2015/01/29 01:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:荻村道男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『星界』シリーズ以外の森岡浩之作品を始めて読みました。『星界』シリーズのようなスペースオペラとは全く異なる内容ですが、非常におもしろかったです。文庫ですが、700ページ以上ありなかなか読み応えがあります。巻末の作品解説では、「解説不要の傑作」と紹介されていますが、まさにその通りだと思います。あまりSFを読んだことが無いという人にもオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこかで読んだような

2015/12/18 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある日突然、異世界に飛ばされたら、そしてそこが敵意ある世界だったら。
平穏な日常がありえない出来事で壊される。よくあるデザイアーノベルというやつだが、読んでいる内に、「何だこのほんのり感は。どこかで浸ったことがあるぞ。」よくよく考えると、有川浩の世界だということに気づいた。

「海の底」に通じる、日常を変えた出来事にたいする人々の「こんなんありえへん」感が共通する、同じ空気を持っている。
別にまねした訳でも、リスペクトした訳でもないだろうが、もう少しオリジナリティのアルはなしにできなかったものか。
例えば、日本で最初に突変した久米島の話なんか、もっと語って欲しかった。
最初の人たちの生死は、苦労話はどうなんだ。それがあればもっとリアリティのある話になっていただろう。

オタクの分団長なんかにしゃべらせるより、他の視点人物を取り上げて欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/19 20:02

投稿元:ブクログ

盛り上がってきたけど残りページが少ないぞ 意外とあっさり終わってしまうのか!? などと余計な事を考えてしまうが 面白くなければこの厚さは読み切れません

2014/12/13 16:40

投稿元:ブクログ

 正統派エンターテイメントSF。
 中盤~後半にかけて「え?」「は?」「どうなるの?」とわくわくどきどきさせられるが、エンディングで「こうきたか」とにやりとする。
 人物の関係性が単純な足し算ではなく掛け算、割り算になっていて、Aさんに対するときは冷たいけど、Bさんに対するときは甘いとか、なんかこう・・・・・・単純ではなくて油断できない。
 SF的仕掛けの楽しさ、物語の構造の見事さだけに囚われず、登場人物の魅力でも攻めてくる。

 しかし「星界の紋章」の印象(もちろんおもしろいんだけれど、悪く言えば萌えラノベの印象)があったけれど、こんな骨太の現代SFが読めるとは!と驚き。星界の紋章シリーズもきちんと読み直そうと思いました。楽しみ。

2015/06/20 13:33

投稿元:ブクログ

異世界ものでかつ災害ものでかつ現代ものという一粒でかなりおいしいお話。
一粒が少し大きめだけど。
最後を人の話で閉めないところがまたよい。

2014/10/13 06:27

投稿元:ブクログ

異世界に移転したコミュニティの生きぬくサマ。
とはいえ、既に先に同じ世界に行った人たちが社会を構成しており、その助力を得て、とのことで思っていたのとは少々異なっていた。

まあ、らしい作品ではあったな、と。

あとがきの絶賛はしすぎだと思うけど。

2014/09/28 14:22

投稿元:ブクログ

SF小説である。
といっても華麗なスペースオペラでもハードSFなわけでもない。
舞台設定はSFであるものの、描かれる物語は日常生活に突如舞い込む『被災』に遭遇した市井の人々の物語である。

本書がSFであるワケに舞台設定にあるのだろうが。
タイトルにある『突変』。
突変とはある区域内が別次元、異世界の同一区域と入れ替わる現象のことである。

表地球と裏地球なのか、全く地球と異なる異星なのかははっきりしない。
表から裏に転移した表地球だった一部は寓地と呼ばれ、寓地からみた表地球は故地と呼ばれる世界を舞台に、ある日突然巻き込まれた住人たちの日常がリアルに描かれていく。

震災のような大災害に見舞われたとき、人というものはかくも日常の意識に固執するものなのか?というくらいに目の前に起きていることと日常の心配事が奇妙に重なり合う。
あまりにも理解不能な事象を目の当たりにするとパニックに陥らないような平衡感覚が働くのだろうか?
そんなことどうでもいいと思われることに執着する住民の行動が怖いほどリアルに感じた。

これは面白い!

2014/11/15 12:48

投稿元:ブクログ

何とか最後まで読んだ。申し訳ないが途中から斜め読み。キングの「アンダーザドーム」を読んだときと似てるかなあ。どういうわけか、あれこれ起こっても一向にハラハラしないのだ。好みじゃない、と言ってしまえばそれまでだけど…。クライマックスを大森望さんが絶賛していたが、ちょっとほめすぎでは?

2014/09/13 17:31

投稿元:ブクログ

世界観を作ってから、小説を書く、彼らしい作品で楽しめました。
さらっと書いてますが、突変したら、衣食住、インフラの再構築とか大変ですよね。
防除団が意味もなく、チェンジリングを殺戮するとか、地域同士での争いが起きるとか、とてもリアルでした。
ミカミ一家の悲劇とそれを悲しむことが出来るのは幸せなことなのかもしれない。

女性キャラは立ってますが、男性キャラでピンと来る人が少ない。シリーズ化するにはそこが弱いかな?

2015/01/18 21:34

投稿元:ブクログ

これは文句なく面白いパニック?SFでした。
古くは日本沈没もそうでしょうが、こういうスケールの物語はいろいろ調査・勉強は大変だろうなと思いますが、非常に違和感なく世界が構築されています。
登場人物が多めですが、キャラクター設定も丁寧でとても引き込まれますね。続刊を期待!

2014/10/31 23:43

投稿元:ブクログ

作者さんの名前で買いました。
最後まで読めれば面白いと思います。
最近はあまり重たい本を読んでいなかったので、あまり話の進まない1/3くらいまでは眠気と戦いながら読みました。
あとは分団長を有能にしたいのか無能にしたいのかが、ぶれているのが気になったので4です。
全体はもの凄く作り込んだ世界を1作のために使っている昔ながらの良いSFだと思います。(続編が出るかもしれませんが)
続編が出るなら博士が主役でお願いしたいところ。

2016/02/20 09:10

投稿元:ブクログ

以外とあっさりしすぎている。群像劇としても失敗とどこかの書評にあったが、その通り。部分的には盛り上がったところもあるが。

2016/01/17 00:47

投稿元:ブクログ

700ページ超というボリュームの割にスケールは大きくない。舞台も狭く、わずか3日間の出来事。それでも飽きさせない語り口はさすが。ただ純粋なSFを期待すると肩透かしを食う。群像劇としても、うまくまとまっていない気がする。一番印象に残ったのは人より異源生物。

2016/07/11 17:31

投稿元:ブクログ

罹災して、じょうほうがなかなか入ってこないとこんな感じ。
イラっとする人が結構出てくるが、なかなかスッキリさせてくれない。
この内容が1/3程度に圧縮されていたら、スッキリと読めたかもしれない。

2014/12/24 15:15

投稿元:ブクログ

こんな視点で平行世界を扱った小説はみたことがない。現代版ラブクラフトと言ったら大げさだろうか。そのくらい緻密な設定に感銘を受けた。

17 件中 1 件~ 15 件を表示