サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

モンスター娘のいる日常 6 (RYU COMICS)

モンスター娘のいる日常 6 (RYU COMICS) みんなのレビュー

  • オカヤド
  • 税込価格:6706pt
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日:2014/09/13
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

ますますおもしろい!

2015/07/31 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばなな - この投稿者のレビュー一覧を見る

六巻ともなり今回からはデュラハンも登場しメイン、サブとキャラクターがワンサカいますが、一巻の頃からの異種族ラブコメ部分もきっちり書きつつたくさんキャラが登場するのがよかったです。
また細かいところでやっぱりモンスター娘だなと思わせてくれるシーンがあるのもこの作品の魅力だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

…新たな同居人はデュラハンのララ、そして元ホストファミリーの登場にラクネラの本心は…な第6巻…

2017/04/13 10:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:♂猫Junn-Junn - この投稿者のレビュー一覧を見る

…今回、第12巻のOAD付き特装版を買って、
その特装版は、TVアニメ化で描かれた原作第25話まで、
の直後のエピソードに当たる、
この第6巻収録の第26話がOADの形でアニメ化される、
ってことで、その第12巻特装版のOADを視る前に、
久々にこの第6巻を読み返してみて…内容をざっと簡易メモ的に記すと…


第23話:首を失くしたデュラハン少女騒動のどたばた顛末

第24話:死に瀕している?!死神から主人公を守れ騒動顛末

第25話:食費増大し家計が大ピンチ!…で食材調達騒動顛末

第26話:ラク姉さんは経験値稼ぎのイベントじゃない!な騒動顛末

おまけ4コマ:
「人をダメにするソファ」「陥落」「魔力」「トリあつかい注意」
「好機」「重量制限」「代用品」「類似品」


…あとは、いつも通り、巻頭のカラーの部分と、
カバーを外した本体表紙部分にも、
おまけマンガやキャラ設定イラスト等が描かれたサービス満点な内容
となっている第6巻。
この巻から本格登場のデュラハン・ララの容姿と性格等のキャラが
可愛らしい感じな第23~24話。
あと、第26話で、ラクネラの前のホストファミリーだった少女、
九菜月レン、が登場し…
苦難好きで、無自覚に毒舌気味なそのキャラに振り回される
メロやセントレア達…
などたばたの末に、最後は帰宅した主人公が、
ビシッと言って騒動は決着…
まぁ、ヒロイン達からの主人公に対する好感度が益々上がった、
…そして、
酔っ払って本音を語るラク姉さんが可愛らしい…
最終的にはそんなエピソード…
その後に、次巻第7巻の展開に繋がる導入部的な描写があって、
…という、この巻でも、安定した物語構成と、
既に確立された面白さのパターン、で描かれていたな…
という印象で、
久々に読み返しても、十分に面白く楽しめて、よかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/16 22:00

投稿元:ブクログ

あー、やっぱりこの作品はいいですね。オビ通りならこれシリーズ100万部ですか。こんな特殊性癖が大々的に売れて大丈夫ですか日本。続いてくれて嬉しいんですけど。
この作品は作者の別シリーズと異なり「日常」が肝だと思うのですよ。タイトルを忘れずに「○○編」で区切れる連作短編が続く日常生活を描く形だからこそのいまの理想形であって、ここに変に全体に一本の筋が入ったストーリー作品化してしまうと作品の全体像がシュリンクして一気に完結化せざるをえない空気感にしてしまう恐れがでてきそうな気がしています。この作品は特に一枚のJPEGの連作から人気が出たこともあり、特にそういう空気感が顕著に出そうなので怖い。ストーリー的な要素はいいから各キャラクターの掘り下げ話を繰り返し繰り返しやってもらえれば大満足。

2015/07/12 20:36

投稿元:ブクログ

 今回はデュラハン登場回。とはいえ、恋愛的にもエロ的にも彼女はチョイ役で、少し不憫ではある。
 内容的にはアラクネの彼女の元ホストファミリーの話が重要なところだろうか。このホストファミリーという存在についての話は、今少し深めてもらいたい気もするが。食費に関する話も、その一環と言えばそうだろうか。
 今回は全体的にエロを抑えて物語世界を深めたような印象がある。これは読者の要望に応えたものなのかどうなのか、興味深いところだ。

 物語的に見れば、個人的にはこれぐらいのバランスの方が好ましい。星四つと評価したい。

4 件中 1 件~ 4 件を表示