サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/01/03 20:13

投稿元:ブクログ

チェック項目11箇所。日本はこれから、ますます高齢化が進んでいきます、多くの方が、非常に長い高齢期を過ごすことになります、本書により、高齢の方々の日々何を考えいるのかを知っていただき、ご自分が老いたときの生き方を考えていただくきっかけになれば幸いです。認知機能的な側面でいえば、記憶を一つひとつたどっていくことで、正確に話が思い出せるということもありそうです、ですから、「話を短くして下さい」とか「話をまとめて下さい」とお願いしても、できない可能性があります。「こんなこと何で話すんだろう」と思っていても、まわりまわって、最後にそれが主題に結びつくということがけっこうあります、「話が長い」と感じるかもしれませんが、能力に合わせた最適な伝達方法を選んでいる可能性があると理解して、時間の許す限り、長くても話を聞くことが大切ではないでしょうか。若いころは大した努力をしなくても美しさを保てたかもしれませんが、若いころと違って美しさを保つことが難しくなっている以上、研究を重ね、知恵を絞るなど十分に努力をすることが必要になります。どの生き方・気持ちの持ち方がよいというものではなく、どのようであってでも幸福感を得ている方はいるということです。80最くらいまでの高齢者介護と、90歳、100歳の超高齢者介護が同じでいいとは限りません、90歳、100歳の方にとって何が幸せなのか、90歳、100歳の方は、どういうふうにご自分の幸福感を得ているのかをよく理解する必要があります。長寿と一番関係が深いと考えられているのは「誠実性」です、「誠実性」というのは、几帳面で仕事が丁寧である、約束や人の期待を裏切らない、目標達成のために頑張る、仕事を最後までやり遂げる、犯罪に走らない、危険なものを求めない、といった性格傾向です、またこのような性格の人は自分に対する自信を持っていて、有能感も高い人が多いです。ストレスも長寿に影響を及ぼすと考えられます、ストレスへの対処に影響する性格傾向として、「神経症傾向」と「外向性」が挙げられています。病気で入院して死を迎えようとしている親に対しても、子供のほうは最後まで頑張って生きてほしいとか、気持ちを見せてほしいという気になることもあります、そういう気持ちになるのは仕方のないことですが、本当に頑張れる状態なのかどうかを考えないと、双方がつらい思いをすることになるかもしれません。病気のときには「病気を治そうね」という言葉も重要ですが、オプションとして「病気のままでもいいんだよ」とか「病気なんだから、ベッドを汚したっていいんだよ」という言葉も持っておくと、状況を見ながら高齢者ご本人の感情のバランスをとっていけるのではないでしょうか。

2016/08/07 23:44

投稿元:ブクログ

タイトルの答えを見つけたい。と思って、読み始めた方は、第1章の早い段階で、なんか雰囲気違うぞ。と思うと思う。
私も、そんな一人だったが、楽しく読めた。

この本で、とても参考になったのは、エリクソンの心理社会的発達理論の第9段階があったこと。
そして、トルンスタムが「老年的超越」概念を提唱したことと、「老年的超越」の中身を知ることができたこと。

「老年的超越」とは、
⚫︎身体的な健康を重視しない
⚫︎外に向けた活動を重視しない
⚫︎社会的役割を重視しない
⚫︎社会的ネットワークの縮小にこだわらない

今の自分には、正直考えられない価値観であり、戸惑いを感じてしまったが、その戸惑いこそ、高齢者の思考や行動を受容できない壁なのだろうと思う。

『老年的超越は、何かを乗り越えて得られる心理というよりは、自然な老化の過程で起こる心理だろうと考えられます。』という結論が、本著作にあったが、それだと、今の自分が理解できないのは、当たり前な気がしてきた。

第6章では、高齢者の心理発達を踏まえた高齢者との付き合い方が、書かれており、役に立つと感じた。

2014/11/17 13:32

投稿元:ブクログ

100歳の境地。「生涯現役」とは異なる価値観、感じ方ってすごいなぁ。

タイトルと内容が乖離しているように思うが、その主張は大変に興味深いものでした。

・高齢者心理学では、高齢になるほど、病気は増えるが、自己評価の健康度は若い人とほとんどかわらない。
・「世代性」の向上は、統合性や利他性の向上とも関係している。
・ハンナらは、エリクソンの八段階のそれぞれの達成度を測定した結果、各段階の達成の度合いには有意な正の相関があることを示した。
・同居している子どもが居る人よりも、別居している子どもがいる人の方が老年的超越が高い。
・老年的超越は「年齢」ほど強い相関を持つ要素はない。
・長寿と一番関係が深いのは「誠実性」。几帳面、仕事が丁寧。約束や人の期待を裏切らない。健康行動にまじめ。運動習慣がある。規則正しい生活。
・高齢者に体調のことを聞かない方がいい。過去のことを聞くのが日本ではよい。

2016/06/19 07:29

投稿元:ブクログ

高齢者の気持ちが少しわかったような気がします。元気になれるように無理に頑張って貰う必要はなく、今の状態を受け入れて満足できるようポジティブな考え方の必要性が書かれていました。

4 件中 1 件~ 4 件を表示