サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

彼女とカメラと彼女の季節 5 (モーニングKC)(モーニングKC)

彼女とカメラと彼女の季節 5 (モーニングKC) みんなのレビュー

  • 月子
  • 税込価格:5965pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/09/22
  • 発送可能日:購入できません

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

ついに完結

2016/12/09 07:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rumo - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当は読むの怖かったです。4巻までの下りを考えるとバットエンドもあるような気がして…

恐る恐る読んだのですが、三者三様の気持ちがとても情熱的ででも優しくて。切なくてでも強くて。
これほど素敵な男子キャラが出る百合を他に知りません。

私にとっては納得行く素敵でドラマチックなラストでした。月子先生、本当にありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リトマス試験紙

2016/05/19 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YYSP - この投稿者のレビュー一覧を見る

着地点としては、人間関係を壊さないかたちでそれぞれの登場人物が成長を遂げる円満な結末を迎えられたので、良かったと思います。ただ、自らの欲望に正直でエゴむき出しのヒロインに対し、私は好感を持てませんでした。

私自身は同性愛に対して偏見が無いつもりでいたのですが、外見はどこから見ても可愛い女子なのに、欲望のカタチはオトコそのもの、というあかりの言動に感情移入できず、自分は凛太郎のような思慮深くて懐の大きい男性から愛されたい側の人間なんだな、と改めて実感しました。

ユキのように周囲を翻弄するタイプの女性は、同性の目から見ても確かに魅力的ですが、決して抱きたいとは思わないし、逆に相手から真摯な思いをぶつけられたとしても、あかりのようなタイプの女性に抱かれたい、という気にもならないだろう、というのが正直な感想です。(結局何も失わず、一番いい思いをしたあかりに対する嫉妬もあるのかもしれませんが…。)思いがけず自らの性癖と向き合うきっかけとなった作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/28 01:38

投稿元:ブクログ

「この身がもし 果実なら 嬉しくて 今にも はじけ飛んでしまいそう」ユキを独占できるという、あかりの最上級の幸せが強く感じられました。

2014/09/23 19:41

投稿元:ブクログ

手に入れる、とか、私のモノのになる、とか、そういうのはどういうことなんだろう、とか。そういうことだったかも知れない。

2015/04/04 22:39

投稿元:ブクログ

読了!
久しぶりにどっぷり浸かれる気持ちのいい作品でした。
本を読む楽しみは、ぎゅーっとする気持ちと向き合う、そういうことにもある、そういうことに私は何度となく救われてきた。
そんなことを大袈裟にも思い出したり。

高校3年生。同じクラスの一匹狼のユキに一目惚れしたあかり。カメラを通して、2人はどんどん親しくなるが、あかりはユキに惹かれる気持ちを抑えられない。一途にあかりを慕う凛太朗、凛太朗がずっと好きなユキ。
奇妙な三角関係は、優しさと意地を持ち込んでこんがらがってしまい……

「これからきっと私の中にユキは色あせることなく
生き続けるんだろう」(4巻 173P)


終わりはなんだか、さっぱりしていたけど、きっと作者がきちんと描き切ったのだろうと思える潔さで、よかった。
好きな気持ちは難しいもの。
嬉しい気持ちもどろどろした気持ちも味わう。
それを通して変わった自分を良しと思えるなら、
それは素敵な恋愛だったのだなと思える。
そういう恋をしよう。
思い出も大事にしよう。
全部、わたしを作るのだ。
そんな強さをくれた作品でした。

2014/11/26 20:39

投稿元:ブクログ

りんたろうが引いた。
それで、
あかりとユキが結ばれる。。。

ユキ海外留学。
別れ。
年月。
再会からのこれから。

僕的には不完全燃焼。
もっと、
描ききって欲しかったかな。

2014/10/15 17:51

投稿元:ブクログ

想いは爆走する。
片想いでも辛くても、誰かをすごく好きになることは青い季節の中の貴重な経験。
あかり、ユキ、凛太郎、3人の恋は一方通行のまま成就することはありませんでした。でも剥き出しの想いをぶつけあった結果、恋愛を越えた関係に昇華したのだと思います。
時が経っても、3人の絆は続いて行きます。良い最終話でした。

2015/06/20 21:55

投稿元:ブクログ

百合と言うだけでは何かが足りない気がする漫画。シーツを身体に巻きつけてカーテンから外を覗くあかりの後ろ姿がはっと息を飲むほどきれいでした。物語の中でも1,2を争う大好きなシーンです。

2015/12/07 20:32

投稿元:ブクログ

百合セックスには少し引いたが愛情表現の形としてはまあ致し方がないですねそしてラストはとても清々しくとても清らかでした。3人の青春は終わってしまいましたが3人の未来が平和であれば良いなと感じます

9 件中 1 件~ 9 件を表示