サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

ハウアーユー?

ハウアーユー? みんなのレビュー

  • 山本 美希
  • 税込価格:1,49013pt
  • 出版社:祥伝社
  • 発売日:2014/09/08
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2014/09/12 13:21

投稿元:ブクログ

これ、漫画、とかコミック、とかって呼んでもいいものなのか…?すごい。面白い。もたらされる感情が、短編映画をみてる時のようなもので。

2015/05/10 10:40

投稿元:ブクログ

圧倒的な面白さ。
もっとも好きな作家になる予感。
岡崎京子さん復活、いや、継承者としてそれ以上のお仕事をしてくださることを期待しています!!

2015/02/23 05:01

投稿元:ブクログ

夫に失踪された外国人妻と隣に住む少女の交流の話。作者の計算された尽くした表現技法と少しずつずれていく優しさの交錯、その展開のうまさに引き込まれました。

2016/04/25 01:10

投稿元:ブクログ

読後に残る余韻。知ってはいるが、知らないふりをしてきたことを思い出させられ、気まずくも、どこか安堵感も覚える。この作品にしかない力がある。

2014/09/24 23:25

投稿元:ブクログ

舞台を観終わったような感じ
しばし放心

なんでダンナが失踪したか、
まったく触れられないのに
すごく現実的な感じがする。
リサがボールドの山田さんと重なり、
可哀想で可哀想すぎて痛かった。

2014/09/11 07:42

投稿元:ブクログ

面白いんかな? 山本美希は未読。。。

祥伝社のPR
http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396782054
ハウアーユー? 山本美希
http://www.shodensha.co.jp/hay/

2015/08/16 00:22

投稿元:ブクログ

感想がうまく言葉にならない。


夫が失踪して壊れてしまったリサ。母であるリサから目を背けるニナ。リサが大好きな、罪作りなツミちゃん。

「好き」という感情は難しすぎる。

2014/12/21 02:13

投稿元:ブクログ

ちょっと今までマンガで味わったことないくらいの感動。
映画のようなマンガ。

あとがきでマンガの表現について詳しく解説がされていて、ここまで描き方にこだわっていたのか…と二度感動。
マンガでできることってまだまだたくさんあるんだな。素晴らしい。

2014/09/16 22:17

投稿元:ブクログ

この作家にはこの作家の文脈があって、それが最初は入ってこなくて苦労した。ストーリーに理由はなくていいんだ、この人の場合。
最後の部分で描きたかったことの大体はわかった気がした。すべてて描かれているのは、外人の女と隣の少女。最後の場面は罪の意識。
この唯一無二な彼女の世界を作り上げようとした彼女に拍手を送りたい。
ステキな話。

2017/01/19 19:27

投稿元:ブクログ

旦那が蒸発して取り残された外国人妻とひとり娘。娘は思春期のため、隣家の少女がなにかと奥さんと関わる。よかれと思ってしたことが逆効果だったり、なにげないことが重要だったりする。激動の日々だったはずなのに、少女の記憶はあやふや、というのがリアル。

10 件中 1 件~ 10 件を表示