サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

それでも世界は美しい 8 (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)

それでも世界は美しい 8 (花とゆめCOMICS) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/09/22 23:20

投稿元:ブクログ

湖の王国編ラストと大国編開幕。
フォルティスの調べていたことが判明し、その首謀者である宰相が捕まる。事件も解決し、フォルティスは自治領へ帰ろうとするが、それをルナが引き止める。おじさんと少女の恋にキュンキュンさせられた。主人公カップルより萌えさせられるってどうよ(笑)
そして、再び舞台は晴れの大国へ。リビの過去と向き合うことになりそうな展開。父親との確執とか、過去にリビが行った凄惨なこととか?シリアスな展開に入る前の幕間のイチャつきが良かった。成長してるリビにビックリしてドキドキしまくるニケと、そんなニケからの超ド級の殺し文句を食らって身悶えるリビとかww
ラストに出てきた銀髪少女が次巻のキーマンになりそう。楽しみ。

2014/10/07 08:20

投稿元:ブクログ

すごくすごく好きな設定で
リビもニケも大好きだよーー!
乙嫁・・・にも通じるものがありますが
とにかく、リビ、早く成長してイイ男になってくれ!!
オバサンは待ち遠しいぞい。

2014/11/23 20:13

投稿元:ブクログ

ルナの婚約者・フォルティス公の真の思惑は?
そして縮まりつつある二人の心は…?
湖(ウミ)の王国編クライマックス!
アニメ化にあたり描きおろした前日譚も収録。

2014/09/29 09:25

投稿元:ブクログ

湖の王国編完結ですね。恋に一直線な乙女はなんて愛らしいんでしょう!なルナちゃん。それとリビの成長に戸惑うニケの殺し文句にこっちもどきどきしちゃいます笑
次巻からはまた新章が始まるようで楽しみです。

2014/12/10 21:48

投稿元:ブクログ

前半は、
リビニケのイチャイチャはちょこっとお休みで
リビの幼馴染でもあり、お隣、湖の王国の姫でもある
ルナと、幼女好きのひげのおじさんフォルティス公との
恋のお話でした。
6巻から続いた湖の王国編がクライマックスを迎えます!

フォルティス公は
ルナとの婚約を熱望しているのですが
どうも裏がありそうだと
ルナはめちゃめちゃ警戒しているのです。

ですがそんな警戒心とは裏腹に
敵なのか味方なのか、
どこかとらえどころのないフォルティス公の人柄に
どんどん惹かれていってしまうルナ。

彼の本心が知りたくて
信じさせてほしくて
思わず訊いてしまう。


その本心に一度だけ尋ねるわ
あなたは何を企んでいるの?


そんなルナの、
振り絞るような「一度だけ」もむなしく
フォルティス公は答えずに立ち去ってしまう。

その背を見つめながら
泣きそうな顔で絞り出すように言った
「馬鹿」

なんという破壊力!
ふだん勝気な女の子の、泣きそうな顔で繰り出す「馬鹿」。
もう思わず抱きしめたくなりましたよ!

そしてフォルティス公の真の目的を知ったルナは・・・

このクライマックス、もうほんとうにトキメキました~~ううう(涙)

まさかおっさんと幼女の恋にこんなに胸が熱くなるなんて!!

もうほんとうによかった~~^^


今回思わぬかたちであらわになったのが
リビの過去の闇。

これまでもニケと出会う前のリビの
憎しみを糧に生きてきた日々は
ニールやバルドの口からも語られてきましたが
今回フォルティス公に


「美しいだけの世界」などありえない。

あなたはこれまで自分がしてきたことを

愛するニケに打ち明けることができるか?


と訊かれ


必要ない・・・必要ない・・・必要ない・・・・っ


と、それまで余裕の笑みを浮かべていた顔が一変、
まるでこの世の終わりのような顔で取り乱してしまうのでした。

これまでの物語の中でも
このシーンのリビはかなり緊張感があって、ドキっとしました。


ラストにはそのことに関係してそうな不穏な人物も登場しましたし
これから少しずつ、
物語はリビのダークサイドへと進んでいきそうな予感がした
8巻なのでした。


ニケなら全然、受けとめてくれると思うんだけどな~^^


ブログでも感想を書いています^^
http://oshirukomoe.jugem.jp/?eid=1464

5 件中 1 件~ 5 件を表示