サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

踊る!アントワネットさま 第2巻

踊る!アントワネットさま 第2巻 みんなのレビュー

  • にしうら 染
  • 税込価格:6696pt
  • 出版社:芳文社
  • 発売日:2014/09/05
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/11/16 09:46

投稿元:ブクログ

4コマで泣いたのは「自虐の詩」以来。フランス革命主要キャラの解釈は、ベルばらしか知らない私には新鮮で、でもとても納得いく有る意味ハッピーエンド。
アントワネットは夫を愛していた、シャルルが生き残り幸せだったというところに、感激してしまった。

2014/09/13 00:20

投稿元:ブクログ

読み終えた後すぐに本棚の奥から
『ベルサイユのばら』を引っ張り出してきて
再読しました(笑)

この2巻は急展開という感じもしましたが
最後までキッチリと描いてくれたし
(身代わり説とか一応あるらしいし)
救いがあるのも評価♪

最初は怪しいヤツでしたが^^;
ラスト辺りはこの作品でも
フェルセン様カッコいい♪

2015/01/10 15:34

投稿元:ブクログ

最後でうるっときて、カバー裏を見て泣いた。

先日、作者さんが自ら出版された単行本未収録本も購入し、ほろりとさせられました。

2015/01/31 19:24

投稿元:ブクログ

四コマ漫画としてズバ抜けて面白い、そう力強く言えるほどでないが、決して、内容は薄っぺらくない
題材にフランスの18世紀を用いて、なおかつ、ストーリーの主役に最期まで政争に翻弄されながらも強かった王女・マリーアントワネットでなく、彼女を支えた一人の絵描きの少女・マリーを採用したのが大きいだろう
己の夢を貫き、親友のために力を尽し、危険な橋すら渡ったマリーの生き方は、実に人間らしく、好感が持てた
フランス革命の凄まじさを圧倒的な画力で表現しきった『ベルサイユのバラ』と比較すると、さすがに歯が立っていないが(と言うか、『ベルサイユのバラ』は歴史系とか抜きにして、漫画そのものとして、レベルの高い作品だと思う)、こちらにはこちらの好さがある
四コマ漫画のスタイルだからこそ、読み手に提供できるコミカルさだ。しかも、そこがシリアスな場面を邪魔していないのだ
フランス史で押さえておくべきポイント(事件や人物)などを、しっかり話の中に入れているトコも高評価の理由
『信長の忍び』と同じく、学生に歴史への興味の「種」を植え、芽吹かせるだけの力を確かに秘めている、私はそう感じた。全2巻の評価は星四つ半なのだが、満点にしているのは次回作への期待が十分に持てるのもあるが、この印象も大きい
マリー(絵描き)とルソー公、マリー(王女)とルイ16世の恋模様もまた、読み手の胸を打つ。マリー(絵描き)とルソー公の「幸せそうなその後」が、カバー下で読めたのも嬉しい
この台詞を引用に選んだのは、二人のマリーの友情の美しさを特に鮮烈に表している、と感じたから

4 件中 1 件~ 4 件を表示