サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

空想オルガン(角川文庫)

空想オルガン みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー84件

みんなの評価4.2

評価内訳

84 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

アニメ未放映の傑作二編を含むハルチカ第三集

2016/12/13 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

〈ハルチカ〉シリーズ、第三短編集。テレビアニメ放送後ということで、アニメで興味を持った方向けのレビューです。

「ジャバウォックの鑑札」(アニメ第十話)
 コンクール会場で見つけた迷い犬。希少価値のあるその犬の飼い主として名乗り出た二人の人物。はたして、本当の飼い主は?

「ヴァナキュラー・モダニズム」(アニメ第四話)
 ハルタの新居候補は、存在しない部屋を有し、どこからか錫杖の音が鳴り響く幽霊屋敷?
アニメでは、唯一大きく順番を入れ替えたエピソード。そのためアニメでは未登場だっ
たカイユを始め、登場人物たちのやり取りや役割がアニメとはかなり違います。
 同じくアニメではカットされた「動機」が、バカミス風の話に、不思議な感動を与えています。

「十の秘密」(アニメ未放映)
「デコクラなめんなよ」吹奏楽にはあまりに不似合いなギャルたちで構成される    清新女子校吹奏楽部。しかし、その実力は確かなものだった。テレビ禁止、オトコ断ちetc厳しい規則で自分たちを律し、真摯に吹奏楽に取り組む彼女たちは、だが、大きな秘密を抱えていた……。アニメ化されなかったのが惜しい傑作です。

「空想オルガン」(アニメ未放映)
 振り込め詐欺の片棒を担ぐ男が、吹奏楽の大会で見たものは……。
アニメ最終話と同じく東海大会をめぐる物語。とはいえ、アニメではごく一部が流用されましたが、全く別物のエピソード。正直に言うとアニメ最終話は、ミステリとしては見るべきものがない内容でしたが(それ以外では、いいところもありました)、原作はもちろんそんなことはありません。むしろ、シリーズには珍しい大技が決まっています。
 ラストのチカと芹澤のやり取りも、アニメはアニメでよかったですが、私見では原作のほうが好みです。アニメのチカと芹澤が好きな方には是非読み比べてもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/08 01:49

投稿元:ブクログ

どれもじんわりといい話だったなぁ。しんみりになりかねないところを、笑いの方向に持っていくハルチカコンビはすごい。
片方が亡くなってるのは、心が通じたとしても切ないので、できれば生きている関係であってほしいなぁ…。
草壁先生の事情がちら見せだったり、芹沢さんが入ってくれそうだったりで続きもますます楽しみです。
それにしても県文……田舎高校生という表現があるけれど、津も田舎じゃね…と思ってしまったりしたのでした。

2016/11/06 23:26

投稿元:ブクログ

吹奏楽の“甲子園"――普門館を目指す穂村チカと上条ハルタ。
弱小吹奏楽部で奮闘する彼らに、勝負の夏が訪れた! !
謎解きも盛りだくさんの、青春ミステリ決定版。
ハルチカシリーズ第3弾!

2012/08/04 22:05

投稿元:ブクログ

青春ミステリ、ハルチカシリーズ第3弾。今回もよかった!3話目の幽霊が出ると噂されるアパートの話が一番好きでした。これ、謎の解決でビックリ。画を想像するとかなりすごい!

2012/11/08 21:51

投稿元:ブクログ

シリーズ第3巻。
普門館へ向け、念願の県大会出場を果たしたハルチカたちを描いた、全4編の連作。

前半の「ジャバウォックの鑑札」「ヴァナキュラー・モダニズム」は面白かったけれど、後半はつまらなかった。
無名校がいきなり東海大会出場というのも、無理がある展開で、疑問を持ってしまう。
あと、表紙イラストが今までと変わった(同じ人?よく見てないや)のも、残念。

この後、4巻がどんな風に動いていくのか、楽しみにしたい。

2016/04/24 00:57

投稿元:ブクログ

2016/4/19
先生の秘密が気になる木。
やっぱ読んだらすぐここに入れないと忘れちゃうな。
いろんなバージョンの表紙があるようです。

2016/09/19 09:03

投稿元:ブクログ

今回もトリックに驚かされたしほんとうに意外で頭いいな〜と感心してしまった…。吹奏楽やってたわけじゃないけど、うまい演奏じゃなくて聴いてて疲れる演奏が良いって描写、すごくチカちゃんたちっぽくてなんとなくわかるな〜って思いました!

2012/07/26 16:54

投稿元:ブクログ

シリーズ三作目にして一番面白かった。吹奏楽経験者なので小ネタが分かるのが楽しい。コンクールの打楽器搬入とか戦争だよね~。ダメ金とか懐かしい。
会話のテンポもいいし、読んでて楽しい。何より今回はラスト数行読んでまたもう一回読む羽目になった(笑)
いよいよ次は草壁先生の謎と全国大会でしょうか?

2016/05/26 11:09

投稿元:ブクログ

図書館で。
ギャル吹奏楽部のお話が面白くもちょっと切ない。今度S.キングの小説作法読んでみようかな。

全然進展しないようで毎日は過ぎていき、物事や季節は変わって行く。彼らの成長ぶりが吹奏楽部のスケジュールと共に見れてとても面白い。そして今度こそ芹澤さんは仲間になれるのかな?というわけで次も楽しみです。

2012/08/22 23:52

投稿元:ブクログ

だいたいの事件がコンクール会場を舞台に起こってる。
相変わらず読者に少しずつヒントを出しながら話をすすめるのが上手。

「十の秘密」の構成が面白かった。
登場人物の(特にチカの)語りおもしろいなあ!

2012/11/12 21:53

投稿元:ブクログ

久しぶりに読書している気がする。。。
チカもハルタも久しぶり~!!やっぱり、なんか読み心地がいい(^^)
ハルチカと別のところで起こる物事は結構重たいのに、吹奏楽部のおかげで穏やかに読めます。

2014/09/01 01:13

投稿元:ブクログ

なかなか進まずやっと読了。ハルタの住居問題に姉登場。強烈な清女の登場に、オレオレ詐欺話。意味不明な語りから始まり最後につながる。短編とは思えないほど一編が濃い。チカちゃんの点々さがやはりイライラするが、平和そうなチカちゃんの周りにいろんなものを抱えている人がいて、点々で平和なチカちゃんに救われているのだなと思った。もうすぐ千年ジュリエットも文庫化!

2012/10/09 23:33

投稿元:ブクログ

この人のこのシリーズ好きだな。なんか登場人物がみんな自分に正直で。今回はいろんな話が入ってたけど最後に円が閉じた感じ。少し悲しいような、ほっとしたような終わり方。

2012/08/18 23:24

投稿元:ブクログ

単行本で既に持ってるの に …orz こんな散財するのは最近ではハルチカだけですよ…
しかし解説がとてもツボでした。

2012/08/11 06:21

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。続けて読んでいるせいか、なんだかちょっと食傷気味。なんか、重たい過去だの苦しい事情だのを背負った高校生はもういいよ、と思ってしまう。

そりゃ、高校生も、大人が思うよりいろんなことがあるのだろうけど、やっぱりチカちゃんみたいなのが圧倒的多数でしょう。

その点、ヴァナキュラー・モダニズムはよかったな。幸せな結末って大事だと思う。現実って案外悪くないものだよ。

空想オルガンの、コードネームはなんであれなのかな。元ネタわからない人がたくさんいそうだし、わかる人はなにかを期待してしまうよね。

84 件中 1 件~ 15 件を表示