サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

地球から来た男 改版(角川文庫)

地球から来た男 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー72件

みんなの評価3.9

評価内訳

72 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ビールもショートショートも喉ごしが大事

2011/07/14 10:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ホッとした。やっぱり、この喉ごしだよ、という印象。
 というのも、先日フレドリック・ブラウンの『未来世界から来た男』という、本書と似たタイトルのショートショート集を読み、翻訳臭のする文章に違和感を感じていたからだ。そして、どことなく炭酸の抜けたビールのような印象もあった。
 星新一のショートショートは、読みやすい文章、刺激に満ちた物語、ドライな爽快感、と喉ごしがとても良い。ビールもショートショートも喉ごしが大事だと再認識。

 本書には不思議な物語が十七編が収録されている。
 そんな中から気に入った作品をピックアップ。

【地球から来た男】
 気がつくと、おれは野原に横たわっていた。調査会社につとめていたおれは、ある研究所の秘密を探りに行ったものの、捕まり、研究所で開発されたテレポーテーション装置によって、遠くの惑星に追放されてしまったのだ。

 男のなんと間抜けなことか。いや、たくましい想像力と、現状を受け入れる柔軟性に富んだ男と言うべきか。

【もてなし】
 その青年はブルギさんとなった。ぱっとしない人生を紛らわすためバーで飲んでいたところ、声をかけてきた男からバッジを受け継いだのだ。そしてブルギさんとなった。ブルギさんになると、理由や事情は不明だがいいことずくめになるというのだ。

 ブルギさんの秘密に驚愕。まったく想像がつかない秘密だった。

【ある種の刺激】
 社長がある支店を突然訪れ指示をした。「天井と壁を赤く塗り、床に小さな穴を開け、細くて長い鉄の棒を差し込み、ネズミ花火を五十個盛大に鳴らせ」。それが終わると、社員たちをねぎらい、満足そうに帰っていった。

 この刺激を自分の生活に生かせれば、あるいは、という気にさせられる。

【あと五十日】
 その男は、ある日「あと五十日でございますよ」と姿なき者に声をかけられた。それ以来、その声は、あと何日とカウントダウンを始めた。

 驚きの結末。カウントダウンの持つある力が、男と読者を縛り付ける。

【ある日を境に】
 ついてない男。酔っぱらっての帰り道。何者かに「なってみたいものがありますか」と声をかけられ、「福の神」と答える。そして、肩をたたかれたその瞬間から、男は福の神となった。

 福の神のメリットって……と考えさせられる作品。すると福の神へのありがたみが湧いてくる。

【その他収録作品】
 夜の迷路、改善、包み、密会、住む人、はやる店、ゲーム、戦士、来客たち、疑問、向上、能力。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毒のある嗜好品

2012/10/28 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこくらい - この投稿者のレビュー一覧を見る

星新一らしい、嫌みのないブラックユーモアに満ちた短編集。
面白いけれどぞっとする作品ばかり。

表紙は改版前の和田誠氏のイラストの方が好きだった。
本書の雰囲気をよく反映したものだったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/09 06:37

投稿元:ブクログ

初の星新一。
ショートショートって慣れてなく、内容と相まって不思議な気持ちに。
なぜか笑うセールスマンを思い出した。
包みとおもてなしが印象に残った。ブルギさん。

2012/01/02 00:21

投稿元:ブクログ

言わずと知れたショートショートの大作家。
あの当時に未来的な世界を描いていながら、どこか現代的でもあり、いつの世にも通底する人間の有り様を表している。
ちょっとしたエスプリを効かせた展開が楽しい。

2008/05/17 08:11

投稿元:ブクログ

2008年5月17日読了

地球から来た男・夜の迷路・改善・もてなし・ある種の刺激・あと五十日・包み・密会・住む人・はやる店・ゲーム・戦士・来客たち・疑問・向上・ある日を境に・能力

視点。疑問。解決。

2008/04/27 11:39

投稿元:ブクログ

小気味良いショートショート。短いって分かってるからすぐに読めて、次々いってしまうからキリがない…のが星マジックです。表題の作品はエドモンド・ハミルトンを彷彿とさせました。こういうの好きだなぁ。

2008/07/22 20:07

投稿元:ブクログ

SSの魅力ぎっしり。『あと50日』、心に残ります。シニカルなのがいいと思わせてくれる作品が詰まってます。

2014/08/21 06:38

投稿元:ブクログ

表紙がきれいで手にとって、ぱらぱらみたら解説が桜庭さんだったので買っちゃいました。やっぱ面白いなー!「住む人」「包み」とかが好きです。

2016/03/02 23:23

投稿元:ブクログ

初の星新一作品。
初版が昭和58年というからビックリ。
全く古さを感じませんでした。

表題作の地球から来た男、ブラックユーモアがきいていて、のっけから引き込まれました。

しかしどうもショートストーリーと言うものが苦手で。(苦手というか慣れていない)
ペース配分が今一掴めず、勿体無い読み方をしたかも。
でもとても楽しめたので他の作品を読んでみよう。

表紙のイラストが好き。

2008/03/22 02:00

投稿元:ブクログ

ショートショートなのでとても読みやすいし、話も一昔前に書かれたとは思えないほど内容に古臭さを感じないです。オチが無いのもあって、え、これでいいの?と思う話もあるけど、そのオチの無さも面白くて好きです。

2012/08/16 09:48

投稿元:ブクログ

久々に星新一読んだ。今回のはテレパシー、悪魔、夢など精神に関わる内容が多くてなかなか面白かった。ブラックな終わり方なのに、ニヤリと笑ってしまうのは何故だろう。

2016/08/15 12:55

投稿元:ブクログ

奇妙な運命に翻弄される男たちを描いたショートショート集。

短いからサラッと読めるはずなのに、ちょっとしたSF設定でも苦手だからなのか、短すぎるせいなのか(ショートショートにそれを言うかって話ですが)、入り込めないことが多く読了まで時間がかかりました。1篇ずつゆっくり読むべきだったのかもしれない。
とは言っても、人間の可笑しさに笑わされたり身につまされたり、面白く読みました。
特に「あと五十日」「密会」が印象に残っています。

2007/11/02 22:01

投稿元:ブクログ

地球から来た男
夜の迷路
改善
もてなし
ある種の刺激
あと五十日
包み
密会
住む人
はやる店
ゲーム
戦士
来客たち
疑問
向上
ある日を境に
能力

2009/07/07 22:34

投稿元:ブクログ

ショート・ショート集。
収録は
・地球から来た男
・夜の迷路
・改善
・もてなし
・ある種の刺激
・あと五十日
・包み
・密会
・住む人
・はやる店
・ゲーム
・戦士
・来客たち
・疑問
・向上
・ある日を境に
・能力

表紙がなんかカッコイイ。
「夜の迷路」がブキミで好き。

2009/05/11 22:37

投稿元:ブクログ

面白かった。普通のサラリーマンとか、割と普通な世界の中の星ワールド。
個人的には、も少しスペイシーなのがすきかな、やっぱ。

72 件中 1 件~ 15 件を表示