サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

竹取物語 改版(角川文庫)

竹取物語 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.0

評価内訳

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

星さんらしい訳し方

2017/02/21 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamayo04 - この投稿者のレビュー一覧を見る

竹取物語も、星さんの手にかかればこんな感じになるのかと思っておもしろかったです。安く買えますが、それもまたうれしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/27 23:48

投稿元:ブクログ

 竹取を生業としていたおじいさんが光る竹を見つけ、その中から小さな姫を見つける。その姫は美しい女性に成長し、噂を聞き付けた男たちはなんとか姫を娶ろうとするが……。

 日本最古の物語とされる「竹取物語」を、星新一さんが現代語訳した本。
 各章の終わりに星さんの雑感が挟まれ、新しい視点を与えてくれて、よく知った話のはずなのにまったく新しいお話のように感じた。
 また、よく知っているはずなのに、細かくは知らないことも随所にあって驚いた。おじいさんがどうかあの中の誰かと結婚をしてくれないかとお願いするシーンで、かぐや姫はあろうことか「なぜ結婚をしなければならないのですか」と問う。星さんも書いているが、この物語が語り継がれていた時代、結婚は義務に近かっただろう。まだ年端もいかないうちに政略結婚させられた姫もいただろうに、こんな発想ができた作者には舌を巻く。
 巻末には原文も収録されていて、読み比べも楽しい一冊。

2008/10/21 21:53

投稿元:ブクログ

「今はとて天の羽衣着るをりぞ 君はあわれと思ひ出でける」

星新一訳の竹取物語。結局は竹取物語に変わりはないんだよね〜。
やっぱりこの話はあんまり好きじゃないかと思ったけれど、コミカルな文章は星節だなぁ、とつくづく思ったのでした。

2008/08/24 07:40

投稿元:ブクログ

竹取物語が星新一の訳でポップに生まれ変わりました。最初の5行を立ち読みしただけでベタボレ。原文を読んでから口語訳を読むとさらに楽しめます。

2012/09/07 22:33

投稿元:ブクログ

星新一による、『竹取物語』の現代語訳。
噺家さんが話しているのを文字におこしたような感じで、個人的には、あまり好きな語訳ではなかったな。
よくよく考えれば、初めて読んだ星新一作品になるのだが、自分には合わない作家さんのような気がした。

章ごとに入る、星さんのコメントが「そうだったんだ」と、タメになるトリビアもあって面白いが、話の流れがその都度、途切れたような印象を受けた。

でも、こういう解釈もアリだとは思った。

2014/01/20 20:27

投稿元:ブクログ

おそろしいことに、「星新一 ショートショート1001」は、まだ1巻目を読んでいます。
基本的に、同じ作者の本を2冊並行して読むことはないのですが、そんなことを言っていると星 新一の本が、この後20年ぐらい読めなくなりそうなので、今回は例外として読みました。

映画「かぐや姫の物語」関連ということで、1冊。

「かぐや姫の物語」は、いい映画でした。わたしは、好きです。
あれ、映像だけの映画ではないですよ。多分、伝えていることは、かなりどうしようもないひどいことだけど。

で、竹取物語を読むにあたって、なんで星 新一訳なのかというと、これ、圧倒的に軽くて読みやすいんですよねぇ。
昔(昔も、大昔だな)兄貴が持っていて、それは知っていた。

まぁ、訳というか、注釈も一緒にやっている読み物になっています。
楽しい感じの読み物になっています。

そのうち、映画の「かぐや姫の物語」の感想は、書きたいと思っています。
びっくりするぐらい、「竹取物語」です。

でも、実は、メインのストーリーは、けっこう違うといえば違う。
今回は、まあわかっていたんだけれど、その部分を確かめるために読んだ感じです。

なのに、ディテールがちょっと違うだけに感じるのはなぜかみたいな話を書く予定です。

でも、なかなかまとまらないのです。

2008/07/28 20:19

投稿元:ブクログ

ところどころにブレイクタイムがあって、
かぐや姫を自分のものにしようとした5人の男達が語源となった言葉などの解説があったのが良かったです。

かぐや姫といえば小さい頃に読んでもらえる絵本の定番で、私もその頃からの憧れのようなものを持っていました。
しかし、この本を読んでいるとかぐや姫が魔性の女のように思えてくる!
本の中でも男達の一人がかぐや姫に対してそんなようなことを言っていたのが新鮮でした。

2009/07/28 20:18

投稿元:ブクログ

竹取物語の星新一による現代語訳。
章の変わりに星さんのつっこみ(?)が入ります。
訳にも星らしさが出ています。

2008/09/23 22:14

投稿元:ブクログ

小6から中1にかけて読み漁った星新一。彼のショート・ショートは当時のわたしにとって読みやすい最高の長さである反面、そのおもしろさの特殊性がまだわからないほど幼くて、ただ余分にブラックなところのあるちょっと怖い物語集だった。それでも怖がりのわたしが熱中して結局だいたい当時の既刊は全部読んだぐらいだったから、よっぽど好きだったのは間違いない。今思うと、大人向けの「ドラえもん」みたいな位置づけにしていたのかもしれない。
以来かれこれ10年以上ご無沙汰だった訳だけれど、先日、弟が外国語訳されたショート・ショートを再び日本語に訳すとかいう宿題をやっていたのを手伝ったときに、無性に懐かしくなって何か読んでみようと思ったのだった。
印象に残ってるストーリーは、たとえば「午後の恐竜」とか「ピーターパンの島」。そういうあまりエロではなくファンタスティックで、バッドエンドの話が多い。そういうのを実家で掘り返そうかと思ったけど、たまたまこの「竹取物語」が夏の100冊で売られているのを見かけて買ってしまった。
内容の紹介は省くけど、とにかく彼の作家目線、それもSF作家としての目線は、原文の面白みを損なわず現代人向けに翻訳するというのをうまく実現しているようで秀逸だ。それから書き口。まるで語りかけてくるような独特の言葉遣いによる感想と解説は、なんだか幼い日の懐かしい人に再会したような感覚を呼び起こす。亡父に物語を話し聞かせてもらうような感じ、それと同時に、シニカルなバッドエンドの、子供心に少し怖い作家のおじさんのイメージが交錯する。遠い時間の向こう側との対話は、物語自体の不思議さとあいまって夢見心地な気分だった。

2008/12/04 21:31

投稿元:ブクログ

竹取物語を、現代語訳したもの。
全部星新一の文体で書かれてるから、古典だけど凄く読みやすい。
そして、区切り毎に星新一の考察が書かれてたりしてそこも面白い。

2010/06/13 17:26

投稿元:ブクログ

はじめに原文を読んでから自分なりに解釈したのちに読もうと思ったのですが、長ったらしい名称を読むのが面倒くさくなってしまい星さんの訳の方から手を出してしまいました…
読み方としては上の方が楽しめると思いますが、星さん訳からよんでもすごい楽しいです
かぐや姫が、ものすごく人間味あふれているし、おじいさんも耄碌しているのかわけわからん言動するし
そのおじいさんの言動の中でもとりわけ好きなのがかぐや姫を自分の子供にするための言い訳
「竹とは、長いつきあいだ。高いとこ、滝のちかく、たくさんの竹、指にタコ。竹はわたし、わたしは竹。うちの子にしてもいいと思う」
もとい超理論
ここですごい笑ってしまった、さすが星さん
間間に星さんの感想などを交えながら日本最古の文学を楽しく読めるのでかなりおすすめです

2011/07/13 12:29

投稿元:ブクログ

たぶん、物心ついてからまともに読んだ古典作品。
全体を通して読み終えたが、物語の筋としては記憶にある、作者注も解釈として面白い、単純に物語としても短いなりにまとまってるとも思える。
やっぱりどこか幻想的なものだからこそ続いていける展開なんだとも思う。こう考えると、歌なんかも短いだけに想像力をかきたてる要因にもなってる気もする。
あとがきにもあるが、現代語訳されていくごとに色んな意味で話が変化しているんだと思うが、割と小さい頃の記憶とも話の意味は違ってくるもなかもしれない。

2010/10/15 22:07

投稿元:ブクログ

日本最古の物語。内容に関しては既に完成されているので完成度は言わずもがな。ちょいちょい入る星新一のコメントが、最初は邪魔くさく感じるけど、次第にクセになります。

2010/04/16 05:14

投稿元:ブクログ

星新一独特のの語り口で「かぐやひめ」を改めて読み直すと…
千年の時空を超えてもなお、
このものがたりの新しさ、おもしろさの色あせない事!!

「あとがき」のあと
著者自身による「解説」と、三谷栄一による原文(全文)もあり。

2010/05/31 20:38

投稿元:ブクログ

星新一が、なんでこんなに竹取物語がおもしろいか!
っていう解説をちょいちょい挿みながら
口語訳にしてある素敵な竹取物語。

んで、訳も解説も、すごく良かった。
竹取物語に近づく視点が素敵だった。プロはすごい。

表紙のイラストも、とても素敵。

27 件中 1 件~ 15 件を表示