サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

古事記 現代語訳付き 新版(角川ソフィア文庫)

古事記 現代語訳付き 新版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

登場人物多すぎ

2015/12/28 08:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物は多すぎるのですが、結局一度しか出てこない登場人物がたくさんいるので、登場人物を無視して読み進めるのが良いと竹田恒泰先生も言っています。
話の筋だけを追っていくとそれなりに読めます。

古事記をただの神話と片付けるのは非常に危険な考えであることが読み進めるとわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/05 17:46

投稿元:ブクログ

齋藤孝著『大人のための書く全技術』40冊―12

江戸時代に本居宣長が解読してくれなければ読めなかったんだ、という事実の重さを体感できる(本文、訓読文、現代語訳が一冊の中で並んでいる)。

2009/12/17 18:54

投稿元:ブクログ

自分の住んでる国のあらましくらい知っておきたいものだなあ、というものです。
現代語訳付きで読みやすく、ちゃんと古文表記もあります。

2010/05/23 15:44

投稿元:ブクログ

人は間違うから優しくなれる。失うから強くなれる。苦しむからわかりあえる。何度でも一歩一歩進んでいけばいい。



本書「新版古事記」は書き下し文、現代語訳、白文の三種類の古事記を楽しめる。

書き下し文だけだと誤読する事もあるが、古事記学会元代表である中村氏による訳注は平易で、本文中の意味合いをほぼ正確に把握することができる。


書店でざっと見た古事記の中では本書は最もわかりやすかった。


日本で生まれ育ち日本の文化に強い影響を受けた人は読んだほうがいい。

この国の根幹は今も変わらない。
古事記は日本人の確かな生き方の指針となる。

2012/03/14 16:59

投稿元:ブクログ

書き下し、訳、原文が書かれていて便利。
これを基本にして勉強してます。
勉強するなら、やっぱり原文はほしい。本当は原文のコピーがほしいけど、あってもどうせ解らないから漢字の羅列で十分です。この本がベストです。
ところどころ振り仮名振ってくれてるのも嬉しいです。

文字が小さすぎないので、読みやすくて助かります。

2016/07/25 00:55

投稿元:ブクログ

必要に迫られてのこととはいえ、
訓読古文と現代語訳を行きつ戻りつ読み了せるのは骨の折れることで、とりわけ神代の上つ巻には手間取った。

2011/06/01 13:52

投稿元:ブクログ

日本の古典はよんでおくといいです。日本の地名がいろいろと出てくるので線を引いてチェックしておいて、機会があればその地を訪れたいと思います。

2012/04/04 16:05

投稿元:ブクログ

「日本」という国を知る上では欠かせない一冊。今も昔も変わらない人間の人間らしさの様なものが感じられた。訓読文、現代語訳、白文と3つに分けられて載っているのが嬉しい。

2012/10/28 22:30

投稿元:ブクログ

古事記編纂1300周年らしく、読んでます。面白いです。古語の復習にもなっていい。

創世記は読んだことがあったが、日本の神話は初めてです。
まぁ、意見は色々ですが、ニーチェ、キルコゲール、ベルグソンなどを読んでも宗教と哲学、文化並びに歴史との関係は、切っても切れないものと感じます。

やはりだから日本らしいなと感じるのでしょうか?
私は歴史学者ではないので、これが正当な歴史書なのかどうかは分かりませんが、それは各自が考えればいいことかな・・・

宗教観も歴史観も、人の言うことより自分の軸が大事だと思うので。

2012/10/08 18:56

投稿元:ブクログ

その他引用・メモ書き等
http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/?word=4044001049

2013/02/10 17:06

投稿元:ブクログ

原文も現代語訳もついているのですが、訳は直訳に近いので読むのは大変です(^^;;
軽く古事記の内容を知りたい!と言う方には少し難しいかもしれません。

2012/11/29 11:44

投稿元:ブクログ

現代語訳、訓み下し、原文がついている。
文庫の為、持ち運びしやすく、割と手軽なテキストだと言えるのではないだろうか。

2013/08/01 16:40

投稿元:ブクログ

現代語訳はもちろん、本文や訓読文、解説、索引が含まれ、この一冊で非常に内容が充実しています。古典知識はなくとも読める優しい本だと私は思います。肉体的表現に驚くかもしれませんが…(笑)

古事記は誰もが知るアマテラスなどの神が出てくる創世神話です。大神というゲームも日本の創世神話を題材にしてましたね。正直、あまりに話が淡々と進むため、理由も分からず、面白さに欠けているように感じました。やはり、同じ日本と言えど全く違う文化であるため、価値観が違います。宗教が色濃く関わるこの時代に天皇が神の子孫であることは重要なのでしょう。

おススメはこの本を神話学的知見、また心理学的に読むことです。スサノヲがマザコンだったりと遥か昔から受け継いだ思想が垣間見えて、面白いと思いますよ。

2013/11/27 18:01

投稿元:ブクログ

BOOK DATE:
8世紀の初め、古代国家形成途上にあった大和朝廷が編纂した、天地創成から推古天皇に至るまでの、神々につながる天皇家の系譜と王権の由来書。人間的で叙情豊かな多くの歌謡と伝承は、口誦時代の古代の風俗を色濃く伝えている。より原本に近づけるために厳密な史料研究の成果を盛り込み、歴史・民族・文学などの諸方面からの要求に応える。文庫として望みうる最高の内容をほこる。便利な歌謡各句索引・主要語句索引付き。

ISBN 978-4-04-400104-9
C0193 ¥1124E

2014/11/03 22:19

投稿元:ブクログ

訓読文と現代語訳だけでなく、本文(万葉仮名)まで載っているのはすごくよかった。倭建命の読み方など、知らなかった説が出ていて楽しめた。すばらしい文庫本だと思う。

15 件中 1 件~ 15 件を表示