サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

変愛小説集(講談社文庫)

変愛小説集 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

様々な恋の形

2015/05/03 01:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの作品を「はじめての海外文学フェア」で知りました。私はあまり海外文学を読まないですが、この作品はとても読みやすかったです。様々な恋の形(あるいは恋人達をとりまく奇妙な設定)を取り上げた作品が収録されていますが、結局のところは普通の恋愛に通ずるところがあるのかなーと思ったりもしました。個人的にはアリ・スミスの「五月」が好きでした。樹木に恋をした人の物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/24 17:49

投稿元:ブクログ

その名の通り、ちょっとヘンな愛の話を集めた本。狂おしいほど木に恋してしまった話と、体がなぜか宇宙服になっていってしまう病気に侵されたカップルの話が特に好きだと思った。
ちょっと変わっていても、あれも愛これも愛。

2014/11/30 07:49

投稿元:ブクログ

色んな作家の個性的な『変愛小説』を楽しめた。岸本さんの訳が、おそらく簡潔でリズミカルで美しいのもある。どの物語も長すぎず、短すぎず、でも起伏と工夫があって、楽しい。こんな変な外国文学、作家をもっと知りたい。

2014/12/08 22:46

投稿元:ブクログ

『五月』と『ブルー・ヨーデル』と『僕らが天王星に着くころ』がお気に入り。レイ・ヴクサヴィッチとニコルソン・ベイカーとジュディ・バドニッツは前々からチェックしてたけど、ノーマークだったアリ・スミスとスコット・スナイダーの他の作品も読んでみたくなった。

2014/11/07 21:59

投稿元:ブクログ

変。変。変。自分の想像の枠をはるかに超えた、変愛ぶりのオンパレードでした。下品な表現も多く、あまり好きになれませんでした。。

2015/03/21 16:04

投稿元:ブクログ

「まる飲み」が一番好き。好きな人を丸呑みにして腹の中で飼うという発想がすごい。確かに自分という箱の中に閉じ込めてしまえば、いずれ終わる関係への恐怖に怯えなくていいのかもしれない。
「”変愛”小説集」というだけあって強烈な話が多い。

2015/01/29 20:25

投稿元:ブクログ

アリ・スミス「五月」★★★
レイ・ヴクサヴィッチ「僕らが天王星に着くころ」★★★
レイ・ヴクサヴィッチ「セーター」★★★★
ジュリア・スラヴィン「まる呑み」★★★
ジェームズ・ソルター「最後の夜」★★
イアン・フレイジャー「お母さん攻略法」★★
A・M・ホームズ「リアル・ドール」★★★★
モーリーン・F・マクヒュー「獣」★★
スコット・スナイダー「ブルー・ヨーデル」★
ニコルソン・ベイカー「柿右衛門の器」★★★
ジュディ・バドニッツ「母たちの島」★★★★

2014/08/05 08:35

投稿元:ブクログ

恋愛は無理だけど、これなら自信があります。。。
祝文庫化!

単行本時の収録作
「五月」アリ・スミス
「僕らが天王星に着くころ」レイ・ヴクサヴィッチ
「セーター」レイ・ヴクサヴィッチ
「まる呑み」ジュリア・スラヴィン
「最後の夜」ジェームズ・ソルター
「お母さん攻略法」イアン・フレイジャー
「リアル・ドール」A.M.ホームズ
「獣」モーリーン・F.マクヒュー
「ブルー・ヨーデル」スコット・スナイダー
「柿右衛門の器」ニコルソン・ベイカー
「母たちの島」ジュディ・バドニッツ

講談社のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784062779074.html
(単行本)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?code=214544

2016/06/07 18:47

投稿元:ブクログ

「最後の夜」「リアル・ドール」「柿右衛門の器」が好きだった。あとがきにもあるように、リアル・ドールの妹が良い味を出している。

2014/11/13 03:03

投稿元:ブクログ

いっぷう変わった恋愛(=変愛)小説を集めたアンソロジー。先頃、『日本編』が刊行されたが、こちらは翻訳もの。
登場人物が恋する相手は人間とは限らない。木やバービー人形も有り得る。また、描かれている愛も、狭義の恋愛ではなくもっと広汎な愛だ。ただ、共通しているのは、歪んでいたり、おかしかったり、兎に角『変わっている』こと。

コンセプトがコンセプトなだけにユニークな短編が多い。
『リアル・ドール』は相手がバービー人形(!)であることを除けば、なかなかヤバそうな女の子に手を出してしまった感がある……バービーだけどw
『柿右衛門の器』は怪奇小説系のアンソロジーに収録されていてもおかしくないホラー小説としても読める、ざわざわと落ち着かない雰囲気に満ちた小品。
少し前に東京創元社から単行本が出たレイ・ヴクサヴィッチは『僕らが天王星に着くころ』『セーター』の2本を収録。これを読んで気になった読者は単行本を買って損は無い。

全体的な傾向としては、収録作の中でも短めの作品の方が面白かった。

2015/03/04 22:26

投稿元:ブクログ

選ぶなら最初の「五月」(アリ・スミス)が一番好きだ。A・M・ホームズ「リアル・ドール」面白かった。ニコルソン・ベイカー「柿右衛門の器」も好き。

2015/02/15 14:00

投稿元:ブクログ

だって知ってた?あの人の髪、プラスチックなのよ。頭と髪の毛が一体になってるの。そんな人と付き合うなんて、もうぜんぜん無理だし。

ー「リアル・ドール」p.129より

2015/03/09 17:30

投稿元:ブクログ

五月のあの朝、わたしはどうしようもなく恋に落ちてしまった――。木に片思いをしたり、バービー人形と真剣交際したり。変な愛はこんなにも純粋で狂おしい。数多くの熱心な読者を持つ訳者が選び抜いた、奇想天外で切実な想いのつまった11篇。ありふれた恋愛小説とは一味も二味もちがう、「究極の愛」の姿。

13 件中 1 件~ 13 件を表示