サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

鬼はもとより

鬼はもとより みんなのレビュー

第17回大藪春彦賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

現代に通じる

2015/07/21 00:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

偶然本屋で見つけたのだが、店員さんの書評が絶賛していたので購入した。いやあ買ってよかった。一押しです。
国の財政を任されることの大変さ、危機的状況に直面した時の決断と覚悟、困難に立ち向かう主人公とその周辺の人々の関係も素晴らしい。具体的には書きません。まずは読んでください。
主人公は若い時遊人だったようだが、後に気持ちを入れ替え活躍する。しかし遊びを経験していたことが、人間形成に大きく影響しており、懐の広い男に成長させている。そう考えると、現代の大学生はあまり遊んでいないようだが、面白い人材も少なくなったようで、さみしい。ぜひこの本を読んで、将来のヒントを掴んでもらいたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

藩札と武士の生き方を描いた本格作

2015/08/23 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

青山文平は、作品の醸し出さす空気が周五郎を思わせる作家である。決して悪い意味ではなく、ましてや真似という意味でもない。ここまで重厚な武家物を描く人は現代の作家には珍しい。そういう意味での話だ。だからこそ、非常に印象が鮮やかで、好もしい。
この作品では、藩札を通じて貧しい藩の立て直しに取り組む内容を詳しく描いていることがまず素晴らしい。更に、武士としての覚悟、生と死の狭間という問題に真っ向から取り組んでいることがすごい。現代人には理解しようもないはずのそれを、作者は創作を通じて見事に描き出している。これが小説というものだ、小説は過去と現代を繋ぐよすがなのだ、ということを教えてくれるような作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/22 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/18 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/31 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/13 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/03 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/25 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/20 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/26 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/01 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/31 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/24 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

25 件中 1 件~ 15 件を表示