サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

“破壊王”橋本真也ゼロワン激闘録 デビュー30周年記念(タツミムック)

“破壊王”橋本真也ゼロワン激闘録 デビュー30周年記念 みんなのレビュー

  • 税込価格:1,62015pt
  • 出版社:辰巳出版
  • 取扱開始日:2014/08/06
  • 発送可能日:1~3日

ムック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/09/15 20:51

投稿元:ブクログ

このDVDを見る限り
2002年から2003年の春にかけて
橋本真也のコンディションが非常に高かったことはまちがいなく言える
それが、2003年の6月に肩を脱臼して以来
全ての歯車が狂ってしまったというのは
おそらく、老化現象にメンタルがついていけなかったということではないだろうか
だとすれば身につまされる話だが、一方では非常に橋本らしいとも思う
なにしろ「永遠のやんちゃ坊主」などとあだ名されるレスラーだったわけだ
たとえば蝶野や武藤や天龍のように歳をとった橋本の姿なんてのは
非常に想像しにくいものだ
しかし、それにしても
OH砲を抜きにして当時のゼロワンを語ることのなんとさびしいことよ
「OH祭り」のゴタゴタとか、いろいろあったのは覚えているが
なんとかしてほしい

・橋本永田vs三沢秋山
団体設立のドタバタで、明らかにコンディション不調の橋本は
新日本の顔を立てる意図もあってか
一歩引いて永田を前面に出す展開
しかし、舐めた態度を隠さない秋山に、怒りを爆発させるのだった

・橋本vs田中
ガムシャラさを前面に出して、隙あらばエルボーを打ち込んでいく田中将斗
そのスタイルは、90年代のヤングライオンを彷彿とさせる
新日本時代の橋本は、長州や藤波にゴツゴツした戦いを挑むことはあっても
こういう形で下からの突き上げを食らうことはなかったはずだ

・橋本vsスバーン
NWAの罠にかかった王者橋本
悪徳レフェリー、Mrフレッドの超光速3カウントがさく裂する
当時の橋本はこういうバカバカしい試合にも真剣に取り組んでいた
ちなみに対戦相手のダン・スバーンは、初期のUFCで優勝経験がある人

・ハシフvsアルカトラズ
ハシフ・カーンは橋本真也第2の人格
そのゆるキャラぶりは、ムタの足元にも及ばない完成度の低さだが
奇声を発してのモンゴリアン・チョップに
サイドステップキック、ローリングソバットまで繰り出してハッチャケる
対戦相手はしょっぱい

・コラコラ問答
肩の脱臼でレスラーとしての岐路に立たされた橋本と
WJの崩壊を経て、すべてを失った長州
かつての宿敵が、このような形で再会することに
時の残酷さを感じさせられてもよさそうなものなんだが
それがどうしてこんなに笑えてしまうのだろうか

・橋本vs長州
両者ともにコンディションは最悪
急きょ、変則イリミネーション・マッチとして行われたこの試合は
いろいろと追い込まれていた当時のゼロワンを象徴するものか
WJに所属していた当時の、石井智宏が強い印象を残している

1 件中 1 件~ 1 件を表示