サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

擬似親子

2014/11/02 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカに渡った主人公達が立ち寄った街、ギャローズベル

「絞首台の鐘」という意味を持つ街の名から、不吉さを感じるが、それは的中。
夜中に襲撃を受けてしまう。

襲ってきたのは、「猟犬(ハウンド)部隊」と呼ばれる部隊。
個々は運動神経、反射神経、五感を人工的に強化した兵士だが、それ以上に強力なリーダーの下、完全に統率された行動をとるのが最大の特徴。
これまで出てきた敵が個々の能力が現実離れしている、というのと比較すると、非常に地味だが、実際は、こういう方がコワイと思う。

そして、その猟犬部隊を操るのは「チャペルの子供たち」
こちらも人工的に生み出された天才児たち。

当初、エグリゴリ(主人公達の敵の組織)の指示で襲撃してきた、と思われたが、それは違っていた。

「チャペルの子供たち」も「猟犬部隊」も、エグリゴリにとっては実験対象でしかなかったのだ。
しかも、どちらかというと「失敗作」・・・。

「チャペルの子供たち」は、天才児だけに、いち早く自分達の立場に気付き、エグリゴリに反旗を翻そうとする。
そのための実働部隊が「猟犬部隊」

エグリゴリの科学陣が制御できなかった主人公達のARMSを、自分達が制御(ロボトミー手術のようなものを行って、コントロール)する、という実力誇示兼戦力として使うため、襲撃したのだ。。
こんな事をしなくても、素直に共闘を申し出ればよかったのに、と思うのは凡人の発想か。

ただ「チャペルの子供たち」にも裏の事情があることが次第に判明する。
この子供たちは二重の意味で、「親」から捨てられていたのだ。

まずは「実の両親」
「チャペルの子供たち」(の脳)があまりにも早く成長するために、実の両親が恐れ、エグリゴリに引き渡してしまったのだ。
そして、その後、「親」代わりのエグリゴリから「失敗作」と見なされてしまう。

エグリゴリに反旗を翻した理由も、「打倒」と言うより、「"親"に"力"を認めてもらいたい」という気持ちからではないかと思う。

一方、猟犬部隊のリーダー、スティンガーはスティンガーで、過去に自分の子供より、自身の能力を高める(強くなる)事を選んでしまった、という負い目があった。
「チャペルの子供たち」が誘いをかけてきた時に、子供たちの裏の事情をそれとなく察して、「親」になろう、と手を組んだのだ。

「親」に捨てられた「子供」と、「子供」を捨てた「親」

主人公たちと闘う前夜、「チャペルの子供たち」のリーダー、オスカーが「猟犬部隊」のリーダー、スティンガーに「命令」を出すシーン。
「僕の前にひざまずけ。そして、抱きしめろ。息子を抱きしめるようにだ。」
「どんな事があっても、お前だけは裏切らない。これからも、この僕を守るんだ。」

「チャペルの子供たち」と「猟犬部隊」(と言うより、リーダーのスティンガー)は「使用者」と「道具」という関係でなく、「擬似親子」関係であった、というのが印象に残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/24 21:23

投稿元:ブクログ

ついに登場したよ、通りすがりのサラリーマン♪この漫画で一番好きなキャラだね~。この夫婦本当に良いわ♪で、話的にはギャローズベルの話がまだ続いているね。アザゼルも登場し、キース達も動き出してきました。ますます続きが楽しみだ♪そして、文庫の後書きを見ているとコウ・カルナギが大人気過ぎて笑ってしまうわw

2 件中 1 件~ 2 件を表示