サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

トマス・アクィナス肯定の哲学

トマス・アクィナス肯定の哲学 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/01/02 13:06

投稿元:ブクログ

神の愛によって人間に対するキリストの愛が喚起され、その愛を受けた人間が他の人間に愛をもたらしていく。そのような「愛による共鳴」が、トマス・アクィナスのテクストの丹念な解読によって明らかにされている。

私自身、トマスについては教科書的な知識、それも敵(かたき)のように見る改革派神学の立場でしか知らなかった。この本で知れるのはトマスの、そして『神学大全』のホンの一部に過ぎないだろう。しかし、愛や喜び、怒りなどの「感情」という身近な視点が扱われており、私にとっては良きトマス入門となった。

2015/06/24 18:31

投稿元:ブクログ

トマス・アクィナスが、人間の持つ様々な感情をいくつかの補助線を引きながら分類していく。その手際は見事で、分類や体系化が好きなアリストテレス哲学との類似性を思い起こさずとも、それ自体が十分に興味深い。そしてそれらの分析によって、「人間の心は本来的に、常に肯定的な方向に変化するようにできている」ことを説き明かしていく。著者はこうした事柄を、おそらくは読むのに忍耐を必要とする『神学大全』から読みとり、我々読者にわかりやすく示してくれている。最後近くでキリスト教の三元徳をギリシア的な人間の魂のあり方に位置づけていくくだりもおもしろかった。

2 件中 1 件~ 2 件を表示