サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/08/31 08:37

投稿元:ブクログ

良本。
意外とないのが系統樹付きの図鑑。それも、90年代以降分子系統学に基づく分類学上の大きな変化がいくつかあり、僕が図鑑を読んでいた20年前とは様変わりした最新の分類が反映されている。
本書は2014年出版ながら、気付いた中では2013年の情報まで盛り込まれていた。
また、ブックデザインも非常に丁寧で見やすい構成。紙質、色、系統樹、写真、字体や文字間隔、余白まで、軽快に読み進められるよう工夫されている。
そして最後のあとがきにも簡潔で明快な見解が示されている。それは、我々のいう地球環境を守るということは人類の子孫にとって良い環境を残そう、ということである。ここまで本書を読み進めればこそ、それが単なる利己的な発想ではなく、いかに多種多様な生命環境が必要か、現実に即した責任ある認識であるかということがわかってくる。

2016/04/21 22:44

投稿元:ブクログ

ヒトの祖先を巡って、現代から過去へ進化の系譜を遡る。ヒトとニホンザル、ヒトとクジラ、ヒトとカエル、果てはヒトとシャクナゲの共通祖先まで。
これは良い。動物の分類に詳しく、まさにこういう本が読みたかった。
『系統樹マンダラ』という響きにまず惹かれる。ただ、見開きのため真ん中がノドでつぶれてしまっているのが玉に瑕。

2015/05/10 06:44

投稿元:ブクログ

これは素晴らしい本です。
系統進化の話しは、専門的記述がおおくなり、一般の人たちには近寄りがたいものです。
この本は、多くの写真と系統樹マンダラというオリジナルの系統樹を用いて解説しているのでわかりやすい。
しかも、現代から過去にさかのぼるため、イメージしやすい。

現存の化石燃料は、恐竜時代前後の生物が堆積したもの。この頃はまだ、樹木のリグニンを分解する菌が進化していなかったので化石燃料になったという話しは、おぉ!と思いました。
ゼニゴケがマゴケよりも先に現れているということにも、少し感動。

いい本に出会えました。

2016/10/11 20:16

投稿元:ブクログ

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=1000072065&srvce=1

2015/03/06 14:03

投稿元:ブクログ

2015年3月新着
「ニホンザルとヒト」はともかく、「イヌとヒト」「ナマケモノとゾウとヒト」「カエルとヒト」、果ては「キノコとヒト」まで共通祖先を考えることで、進化を紐解こうというユニークな一冊。アイディアが斬新だし、文章も溌剌としているし、何より写真がいい! 見どころが満載で、一冊あればかなり退屈もしのげそうです。ややアイボリーがかった紙質もいいなぁ。大切に創られている本なので、愛されるといいなと思います。

5 件中 1 件~ 5 件を表示