サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

日本を翻弄した中国人中国に騙された日本人

日本を翻弄した中国人中国に騙された日本人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

孫文に翻弄されすぎる日本人。

2017/01/07 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書48ページ、12行目に頭山満は孫文と出会って、最大の支援者となったと記されている。
 この一説で、著者が中国革命の全体像を理解せずに論考を進めていったことが理解できる。
 なぜ、清国の主権侵害である「長崎事件」に玄洋社が憤慨し、その後、孫文の革命派に玄洋社が加担したのか、それは、時代をさらに遡らなければわからないだろう。
 そして、玄洋社は西郷精神の後継者というステレオ・タイプの定説から抜け出せないことが、真新しさを感じない内容になっている。新資料を分析し、縦軸、横軸を構成して、中国革命を俯瞰すれば、別の切り口が発見できたのではと残念に思えて仕方ない。
 これは、著者の責任ではなく、戦後日本の世論がGHQによって弾圧を受けた結果によるものである。今一度、封印された史実を表に出さなければ、行動的アジア主義者の思想は理解できないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示