サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

海を見る人(ハヤカワ文庫 JA)

海を見る人 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

42 件中 1 件~ 15 件を表示

2012/08/28 22:39

投稿元:ブクログ

私にもう少し、物理法則を理解できる脳があればもっと楽しめたのになぁ!と思う一冊。わからなくてもそれぞれの話に広がる世界を想像するだけで楽しめたのだけれど。
表題作は切ない遠距離恋愛ストーリー。永遠に追いつけない、ただ見つめるだけの恋。それでも心はつながっていると思いたい。
「キャッシュ」は他者の夢とつながるというところでインセプションを思い出し、プログラムが意思を持つというところで先日読了していた飛氏の「自生の夢」を連想したりして面白かった。
「独裁者の掟」も途中で何となく展開は読めたが、好きな傾向の話。カリヤがチチルに誓った言葉にぐっときた。

2006/05/08 16:57

投稿元:ブクログ

他の小林泰三の作品を読んだことのある人は違和感を感じるかもしれない。ホラーの要素がまったく無いのである。けれど、この作品は十分に面白いと思う。小林泰三にホラーだけを求めている人はがっかりするのかも知れないけれど、SFとしてはすばらしい作品ばかりだと思う。

『時計の中のレンズ』
場所によって重力が変化し、砂時計にレンズがくっついた内側のような奇妙な世界に住む移住民の移動を描いた作品。
重力の変化や地形の特徴の描写が面白かった。

『独裁者の掟』
二つの超長距離を移動する宇宙船同士の争いを描いた物語。
非常に悲しい運命を自ら背負い、過去の悲劇を思いながら独裁者として敵の宇宙船を乗っ取ろうとする独裁者。
和平を申し込みに来た父と一緒に敵の宇宙船へ乗り込み悲劇に会う少女。
二人の関係が明らかになる瞬間は泣きそうでした。

『天国と地国』
空と地面の重力が反対になった世界での物語り。
解説にかいてあったのだけれど、この世界での空に向かう力は9.65m/(s^2)である。地球の重力が9.8m/(s^2)であるからほぼ同じと見ていい。
このような細かい設定がされているのは小林泰三ならではだろう。

『キャッシュ』
はるかかなたへの有人飛行をする人々のバーチャル世界での話。
超長距離の有人飛行になぜバーチャルが必要なのかもしっかりとした説明がなされていた。
そのシステムの異常によって、バーチャル世界が崩壊を始めており、有人飛行が危機にさらされる。
そんな世界で唯一探偵をしている主人公が騒動に巻き込まれる話。

『母と子を旋る冒険』
抽象的なSFだなと感じた。
登場人物の名前や関係が面白かった。
宇宙を自由に飛びまわれる種族が広大な宇宙を調べて回る中の一片。

『海を見る人』
場所によって時間の進み方が違う世界での少年と少女の物語。
時間の進み方が違うことで、少女に起こった一瞬の不幸を少年が延々と見続ける。
時間の進み方の違いがよく説明されていて、難しい概念なのだろうけれど非常に分かりやすかった。

『門』
「タイムトラベルで過去へ行くことは不可能だ。その証拠に今の我々の周りに未来から来た人が居ないではないか。」といった話がある。
それに対して、この物語を読むことである一つの答えを見出せた。
主人公と大姉、艦長の関係がタイムパラドックスを生じさせないための要として良く描かれていた。


全体に小林泰三としては新しい純粋なSFとしての面白さがあり、グロテスクではなく美しい作品だった印象を受けた。

2006/10/22 21:39

投稿元:ブクログ

あまりにも優れたものに触れたときにも、人は感動して涙を流すんだなぁってこと、この作品集を読んで知りました。

2008/04/18 00:09

投稿元:ブクログ

小林泰三は角川ホラーにも面白いのたくさんあるけど、やっぱりこれがいちばん好き。
ロマンティックなSFです。

2010/11/20 18:53

投稿元:ブクログ

相当前に表題作と「独裁者の掟」だけ読んでて、今回ちょっと資料として「キャッシュ」を読んだ。前2作は読んでてイメージが湧かなかった部分も多かったけど、これは凄くオーソドックスな設定でSF耐性無くても面白い

2010/02/12 12:06

投稿元:ブクログ

小林泰三さんの作品を読んだのは久しぶりでした。積読本の中からなんとなく取り出してみた。
恐ろしく賢い人が書いているだけあって、SFシーンの描写は凄まじく難解な専門用語が書かれているように見えるのに、何故か理解出来てすらすらと読めるという怪現象が起こる。
表題作は本当に素晴らしかった。とても穏やかな時間をすごせました。

2012/03/18 16:00

投稿元:ブクログ

次の年、カムロミは夏祭りに来ませんでした。
わたしはさらに一年を耐え忍びました。
その次の年もカムロミは現れませんでした。
わたしは待つことをやめました。


わたし、先生に約束するわ。
次に出会うことがあったら、その時は…
今度はわたしが苺ミルフィーユを奢ってあげる。

(時計の中のレンズ/独裁者の掟/天獄と地国/キャッシュ/母と子と渦を旋る冒険/海を見る人/門)

2010/07/27 15:51

投稿元:ブクログ

知り合いが「ハードSF読みたいならこの短編いいよ」と薦めてきた一冊。
様々な舞台や設定を元に生み出された短編集。一つ一つはまったく別物のように見せながら、最終的には一つに収斂していくという、よくあるパターンのひとつです。大好物です。

読み口はあっさりしていますが、分類はかなりのハードSF。実際に各短編に出てくる数値を計算してみると、かなり数式に忠実に世界が構築されていることが分かります。その徹底振りから著者が生粋の変態であることが伺えます。
関数電卓を片手に計算しながら読むと色々わかって面白いと思います。もちろんそこらへんを意識しないでも特に問題なく物語として読んでいけるのが、この本のウリでもあるのでしょうが。そういう意味ではまさしく「一度で二度美味しい」本といえるかもしれません。

個人的に面白かった短編は、「独裁者の掟」と「門」。
どの短編も、広がりすぎず狭まりすぎず、ほどよい後味でした。

2011/11/15 19:02

投稿元:ブクログ

「母と子と渦を旋る冒険」が一番よかった。宇宙探査機の近親相姦とは新しすぎる。へ、変態だー!
時間や空間がねじ曲がった世界、タイムパラドックス、宇宙の謎系ストーリーが好きな人におすすめ。とびきりの非日常が楽しめます。

2010/12/04 11:13

投稿元:ブクログ

グロ描写控えめなハードSF。表題作と「キャッシュ」の読後感はとても好きだけど、やすみんノリノリすぎてカワイイ的な意味で「母と子と渦を旋る冒険」も相当好き。

2009/02/08 23:47

投稿元:ブクログ

小林ワールドが全開です。
あ、これはとてもいい意味でです(笑)
でも小林ワールドは”好き”か”嫌い”かどちらかだろうと思います。
癖が強いので。

一つ一つのお話が、彼の独特な語り口、の効果もあるのでしょうが、切々と胸に響きます。
小林泰三が恋愛を書くと、どうしてこんなにも論理的に人を思えるんだろうって。
青いまま熟した果実なイメージです。

そしてなにより、物語と物語の間を結ぶ間に入れられた小さな話が、独立したかに見える一つ一つの物語を繋いで大きな輪の中に組み込んでしまう。
その壮大さに脱帽です。
何度も読み返した本です。

大好きです。

2011/02/23 08:34

投稿元:ブクログ

本格ハードSF
自分は理系なので苦手感なしによめたが、文系の人は読みにくいのかも。
最後の門が一番おきにいり。
泰三はタイムパラドクス系が最高

2012/05/07 23:23

投稿元:ブクログ

面白すぎワロタ.みたいな.
久々に手も足もでない面白さだった.

想像力が異次元だろ.全短編が完成度高くて,別角度からの作品で.
恩田さんのライオンハートみたく,どの平行世界でもめぐり合う二人なのだろうかとか思ったりするけど,そんな作品の外骨格を想像するのが無粋に思うほどに中身の完成度がやばい.

海を見る人とか,ロマンの極値とってるし.
門とか,どっかでよく見る話なのに,設定がきちんとしてるせいで,輪郭を持って強烈な印象だし.
独裁者も好きだし.

久々に度肝抜かれた.大好き

2010/05/21 23:57

投稿元:ブクログ

専門用語がたくさんで物語の設定の理解が難しい。
世界の存在の仕方とか、文章で説明されてるけど
いまいち像が結べない。

しかしあえて注釈をつけたり、
この世界に置き換えたようなものの言い方をせず、
この世界はこういうもの、というスタンスが却ってよかった。

砂時計型のくびれの部分に凸レンズがはまったような歪んだ
円筒形世界、そこに住むぬれもの細工(人間含む動物のことを
指すらしい)、かたもの細工、やわもの細工(この二つは説明一切なし)
とか、
山から浜に降りるにつれ時間の流れがゆっくりに
なり、物質自体も平べったく引き伸ばされる世界、とか、
重力が外から内ではなく、内から外に向かう世界、
ここでは足の下に満天の星空が広がり、人は地表から
ロープでぶら下がり宇宙服を着て生活、
地面の内側には、地面に足をつき、頭を天に向けて
生活できる伝説上の国があると言われている、とか。

そんな世界が7編も!

魔法が使えるとか、そういう違う世界じゃなくて、
世界の構造自体が全く異質、みたいな物語を
書いているのがすごいと思う。

2010/10/16 00:04

投稿元:ブクログ

 ハードSFの短編集。
 特殊な重力環境におかれた世界、屈折する時間と光、パラドックス、人工的な世界、破滅後の地球。濃い作品がぎゅっと詰まった一冊でした。

 サイエンス・フィクションとしての重厚さもありつつ、恋があり苦悩があり、人間ドラマとしても面白いです。
 ただ、視覚描写がぱっと読んですぐに浮かばず、首を捻りながら想像に苦心したような箇所が何回かありまして、そのあたりがもっとすっと自然に伝わってくる描写だったら、さらにもっとSF初心者へのウケも狙えただろうに、ちょっともったいないなあなどと、余計なお世話なことを思いました。

 収録されている短編の中では、『天獄と地国』が切なくていちばん好きだったな。
 遠い未来。人口が激減して、科学技術や知識も、進んだ部分もある反面、うしなわれた部分も大きい。人類が急激に衰退していく時代、いまの歴史や文明が、もうすっかり失われた世界。
 人々の間で、現代とは異質の基盤に拠った理論や常識や、あるいはおとぎ話が、世界がはじめからそんなふうであったかのようにまかり通っているところが、なんていうか、SFの醍醐味だなあという感じがして、すごく好き。

『キャッシュ』は、コールドスリープしながら遠い宇宙を目指す移民団の話で、何百年もコールドスリープしている間に記憶が失われてしまうことを避けるために、全員で同じ仮想現実の中で生活している……という設定。ミステリ風の構成で、面白かったんですけども、なんだか上遠野浩平さんのナイトウォッチシリーズを思い出しました。……っていうかほぼ同じ設定です。
 でも、どこかで別の作家さんの、ちょっと似た設定のお話を読んだこともあるので、似ているとかいうまえに、もしかしたらむしろSF界では一種の典型なのかな? シロートなのでよくわかりません(汗)

 ともかく面白かった。
 ツイッターで読了直後にぶつぶつ感想を呟いていたら、同じ方の『玩具修理者』をすすめていただいたので、先日読んでみたのですが、そちらもなかなか面白かったです。SFホラーでした。わたし、怖いのはじつは苦手なんですが、ややSF>ホラーな感じだったので、それほど怖がらずに楽しく読めました。そちらのレビューはまた後日。

42 件中 1 件~ 15 件を表示