サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

駆けてきた少女(ハヤカワ文庫 JA)

駆けてきた少女 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

次作品も読みます。

2013/06/23 20:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:文庫本の虫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

すすきの探偵シリーズは、1997年に第一作を読んで以来、全作品読破しています。
畝原シリーズ・榊原シリーズも揃えています。
東 直己フアンです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/25 00:44

投稿元:ブクログ

「ススキノ・ハードボイルド」・「識火」とリンクする壮大なコラボレーション作品。

ススキノの俺シリーズとしては40代になって初めての本格長編。

是非とも三作読み比べてみてくださいw

氏の凄さを体感できる出来ですよw

2012/05/21 01:18

投稿元:ブクログ

人様の日記で知ったディナーショー(?)を思いだしちゃって、いやぁ〜ぁ!
主人公の台詞がやっぱり良い。後味が期待した感じではなかったから、星は少ないけど。

2012/02/26 11:24

投稿元:ブクログ

もう、「俺」の言葉のキレが相変らず。
ほとんどの言葉を引用に記録しておきたいくらい。
この作品は、人物描写とか、「俺」の交友関係などを楽しむ内容でした。
事件自体がどかん!と起きるわけではないので。

ここに出てくる柏木とか松井君が絡んでくる別シリーズもあるらしいので、そちらもぜひ読んでみたいです。
「熾火」「ススキノハーフボイルド」「後ろ傷」

2014/09/25 12:34

投稿元:ブクログ

続巻。
面白くないわけではないんだけどなんか主人公が蚊帳の外って感じで置いて行かれた感が… 結末も簡単に語られるだけだし。ナンダカナ、というような。そして登場人物が多くて場面転換が早いのでどこで何が起こってるのかよくわかりませんでした。そのススキノ探偵読まないと駄目かなあ~という感じでしょうか。

2012/03/26 14:54

投稿元:ブクログ

作者の他著作"ススキノ・ハーフボイルド"と"熾火"にリンクしているコラボレーション作品。
こういった作品はストーリーに深みと広がりが出来るので好きだな。
大きな世界の中の小さな話感が増す。

"熾火"は未読なので早めに読んでおきたい。

2012/03/31 22:09

投稿元:ブクログ

ススキノ探偵シリーズ7作目。

他のシリーズ・作品とリンクしているとか。
やりたい放題だな…とは思いつつも、そっちも読んでみたくなる。

大きく括ると性犯罪。生々しい題材なのに、のめり込んでしまう。
そこは相変わらずの表現力。
そして登場人物の魅力的な人間味。

40代後半になった主人公・「俺」に対し、
シリーズ当初と比べ感じる回数は減ったが、やっぱかっこいい。

こんなおっさんになりたいとは決して思わないけど、かっこいい。

2010/09/06 11:41

投稿元:ブクログ

東直己『ススキノ探偵シリーズ』の特徴-事件の顛末、模様を描くのは当然だが、読んでいてそれ以上に登場人物たち、それも主人公以外の人物描写に熱心な様子が窺える。本書でも冗談ではなく、よくぞここまで並べたものだなと感心するほど、懐かしい顔ぶれが登場してくる。冒頭から『探偵はひとりぼっち』の協力者だった霊能力者・聖清澄の名が。『消えた少年』『探偵はひとりぼっち』では刑事だった種谷努が退職してからも重要な役で絡んでくる。
本書は『ススキノ、ハーフボイルド』『識火』の三作が合体して初めて完全形となる物語の一篇でもある。柏木香織の末路が描かれている。

2012/02/05 13:27

投稿元:ブクログ

ススキノ探偵シリーズの中でも若干異色な話かも。
嫌いではない、でもとくに好きでもない、というのが率直な感想。

他シリーズの「ススキノ・ハーフボイルド」と「熾火」の3部作とのことなので、そちらも読んでみたい。

■追記■
「熾火」読みました。以下レビュー。
http://booklog.jp/users/namizoh/archives/4758432295

2015/04/10 17:17

投稿元:ブクログ

再読なのに、解説を読んで時制問題に初めて気がついた。言われてみればそうですよね。
作品自体はいつも通りの魅力が詰まっているので、今回は解説に加点して満点にしよう。
いつ読んでも色褪せない名シリーズです。

2012/07/25 01:06

投稿元:ブクログ

さて、これから3冊読むのだと心に決めて読む。

世の中、何を信用して生きてけばいいんだろうか、と
思うほどに、警察の腐敗と癒着と保身に
口はあんぐりとあいたままになりそう。

結局、世の中はかわらず、
残念な感じで終わってしまった。
後半の展開はもう少し丁寧にしてほしかったなぁ

あと、二冊読めば、印象も変わるのかしら・・

しかしながらに、47歳の「俺」は、大人になってというより
親父なっちゃって、段々頑固の度合いが増す、というか
頑固の場所が親父だ。
やめときゃいいのに、妙な正義感がムクムクと湧きあがる。
きっと、本人は認めないけれど。。。
真面目よねぇ。

主人公なんだし、
もうちょっと活躍させてあげてほしかったなぁ
脂肪でナイフが刺さらない、、なんて。。。
あー、主人公なのに・・

2013/05/26 08:26

投稿元:ブクログ

すすきの探偵シリーズ。

道警の内部告発を中心にストーリーは展開。
北日の松尾さんが暗躍。

結果的には大風呂敷を広げた割には・・・って感じの終わり方なんだけどこれはこれですすきの探偵シリーズなのかなぁ。

2012/03/27 23:08

投稿元:ブクログ

ススキノ探偵シリーズ7作目。
今回は他作品とのリンク作ということもあり
今までの作品とは少し感じが違います。
内容は過激だけど、いつもより少しパンチは足りないかな。
そこまで俺が活躍してないというか…
でも気になるからリンクしている二作品も読みたいと思います。

2013/09/05 16:52

投稿元:ブクログ

探偵はバーにいるシリーズ第七弾。

面白いのは他社の物語ともリンクさせているところ。時代背景、プロット、様々な要素を絡めている。
構想が凄い。
よくもまあ、ここまでできるものだと。

ただ、今回の去勢ショーに関してはいかがだろうか。というか、『駆けてきた少女』
石田衣良の『池袋ウエストゲートパーク』をまんま、パクってしまったんじゃねーか?と云う程に、内容が八割以上まるかぶり...

まあ、面白かったから良いけどね。

物語の主人公"俺"も当時は大学生だったのに、本作品では47歳か。
大分、時がたったな。

2012/12/07 23:31

投稿元:ブクログ

別シリーズ『ススキノ、ハーフボイルド』『熾火』と本書の3冊で一つのストーリーが完結する構成。つまり、ススキノ探偵シリーズとして本書だけ読んでも釈然としない。ここは素直に作者の狙い通り上記2冊を買いに行こう。

17 件中 1 件~ 15 件を表示