サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. さむけ
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

さむけ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

さむけ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
29 件中 1 件~ 15 件を表示

ラスト一行の衝撃

2004/06/17 02:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物たちが抱える抑圧感の重さ、その深刻なことに、ぞおーっとさせられたのが本書、ロス・マクの名作『さむけ』( The Chill, 1964 小笠原豊樹訳 )。

ドリー・マギーと、彼女の伯母アリス・ジェンクス。ヘレン・ハガティと、彼女の父親のアール・ホフマン。ロイ・ブラッドショーと、母親のミセス・ブラッドショー。
彼らの深刻な対立、一方が他方に与える重圧、他方が一方に感じる抑圧。
ただならないきしみと悲鳴を聞いているような、ムンクの「叫び」の絵がを彷彿とするような、声にならない彼ら登場人物たちの悲鳴が行間から聞こえるような気がしました。

読みながらはっとさせられたのは、ヴェルレーヌの詩が文中に出てきたことです。わが国でもよく知られたこの詩の味わいは、ロス・マクの作品の味わいと響き合うところがあるなあと、しみじみ胸に迫ってくるものを感じました。

霧が辺りを包み込む情景というのも、本書の味わいに実にふさわしい。霧とミステリというと、いまちょうど読んでいるクリスチアナ・ブランドの『疑惑の霧』も挙げておきたい作品なんだけれど。

事件はやがて、リュウ・アーチャーの丹念な聞き込みによって、錯綜した暗がりから陽の下にさらされます。ラストには、心底ぞおーっとして、戦慄させられました。

本書にずしんとくる衝撃を受けた方には、マーガレット・ミラーの『まるで天使のような』( How Like an Angel, 1962 菊池 光訳 ハヤカワ文庫HM )もおすすめします。ラスト一行のただならぬ恐さ、こ、こいつは……すげぇーと震撼とさせられるミステリってことで、本書に優るとも劣らない「最後の一撃」を感じたから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハードボイルドを超えて

2002/03/31 22:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シャーロック - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある刑事裁判の証人として出廷していた探偵アーチャーは、一人の青年に出会った。青年の名はアレックス。実直そうなアレックスだったが、彼は打ちのめされていた。新婚旅行の初日に、彼の新妻、ドリ−が失踪したというのだ。見るに見かねたア−チャ−は、アレックスの依頼を受け、調査を始めた。ほどなくドリ−の居所をつかんだアーチャーだが、彼女は、なぜか二度とアレックスの許へ帰るつもりはないという。数日後、アレックスを訪ねたア−チャ−が見たものは、裂けたブラウスを身にまとい、血にまみれた両手をふりかざして狂乱するドリーの姿だった…。

 「ハードボイルド」という分野で紹介されるため、本書を避けて通ってきた人も多いのではないだろうか。かくいうわたしもその一人だ。ミステリは好きだが、「ハードボイルド」には縁遠い。出来たら避けて通りたい…。しかし、「ハードボイルド」だからと、敬遠して、こんなに面白い作品を見逃すのはもったいない。読んでそう痛感した。なぜなら本作は、ハードボイルドなんてことをまったく意識せずに、本格ミステリー小説として充分過ぎるほど楽しむことが出来る作品だからだ。これの一体どこがハードボイルド? と首を傾げたくなるほど。「本格推理小説」と紹介しても、なんら不都合はないと思うが。むしろ、ミステリとして名作だろう。特にラストは、ミステリの醍醐味をたっぷりと堪能できること請け合いだ。まさに仰天の結末。しかし、それでいて、「ああそうかなるほど」と、納得どころか感心してしまうほどの結末なのだ。読まず嫌いで損をするのはもったいない。騙されたと思って、ぜひ1度、本書を読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真相は、箱根細工の器のなかに

2001/05/29 05:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「箱根細工」という細工物を知っているだろうか。幾片かの板状の木を組みあわせてつくった箱で、側面をずらしたり、あるいは底の部分をまたずらしたりと、ある決められた手順をふまないとフタを開けることができないというものだ。
 市川崑監督の映画『女王蜂』で、金田一耕助が密室となった部屋を同じ要領で開けるシーンがあるのだが、はたしてこんな例を出してわかる人間がどれだけいるのか疑問である。

 探偵であるリュウ・アーチャーは、事件の真相を探るべく、たらい回しにされているかのようにあちらこちらへ関係者の話を聞きに行く。同じ人物のところにしつこく訪れ、真相につながるなにかを知っていないか、隠しごとをしているのではないか、あいつとあいつはどんな関係なのかをくりかえし尋ねる。他の関係者から聞きだした、新たな情報をたずさえて。

 ひとりの人物が、会った途端にすべての事実を告げてくれたら、どれだけ探偵は、そして読者は楽だろう。彼らがたんなる「情報提供者」にすぎず、物語の一駒として機能してくれるのなら、どれだけ単純な事件となるだろうか。
 しかし彼らは探偵と出会おうが出会わなかろうが各々の生活があるのであり、これまでに年齢だけの時間を過ごしてきて、背後にはそうそう簡単に人には明かせない隠しごとを持っている。
 探偵との出会いは、その人生のなかでの一瞬の接点にしかすぎないのだ。

 彼らからそれを引きだすには、喋らせるには、さまざまな情報を他からたずさえていかなければならない。箱根細工のように(ここでようやくつながる)、フタを開けるにはあっちをずらしこっちをずらしして、一見まるで関係ない手順を踏んだうえでなければ、真相という名の「中身」を見ることはできないのである。

 リュウ・アーチャーだけが、その開け方を知っている。読者はその手際をほれぼれと見守り、やがて出てくる「箱の中」にもまた驚くことだろう。まさしく、探偵のプロフェッショナルである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロス・マクの文句なし最高傑作

2001/03/28 00:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新婚旅行初日に失踪した新妻ドリー。その行方を案ずる夫アレックス。見るに見かねて捜索に乗り出したアーチャーだが、まもなく彼女は見つかる。ただ夫の元に戻るつもりもなく、失踪の理由も謎のままという状態で。そして数日後、血まみれの両手を振って錯乱状態のドリーを目撃したアーチャーは…。
 一家の悲劇、家族という共同体が持つ残酷性は世界を問わず書かれているが、この作品が持つまた別の悲劇を前にして、他の作品と比較する術を私は持たない。現実に起こった彼の一人娘の失踪が落とした影がいかに大きなものであったか、この一作でも語るに十分すぎる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当にハードボイルド??

2015/05/19 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

新婚旅行中に突然失踪した新妻の捜索を依頼された,私立探偵リュウ・アーチャー。
調べていくうちに,彼女が幼い頃に体験した殺人事件に行き当たります。そこへ新たな事件が・・・。事件は二重三重の殺人事件へ広がりを見せます。

個人的感想
悪くはありません。最後は「ああ,なるほど!」と思わせます。

しかし
探偵が順番に各地をめぐって,普通に情報を集めて行き,ハードボイルドってほどカッコよくもなく,ハラハラドキドキもなく,情報集めてみたら犯人わかりました。
「お遣いRPGかよ!!」って突っ込み入れそうになりました。
もう少し緩急付けてくれないと,盛り上がれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/07 23:41

投稿元:ブクログ

新婚旅行のさなか失踪した花嫁を探すように依頼された探偵――。
と、ハードボイルド小説ならばよくあるような「失踪人捜索」からはじまる物語ですが、あれよあれよといううちに読み進め、そのラストの一ページにはぐうの音も出ませんでした。
ほんとうにタイトル通り「さむけ」を感じずにはいられない作品です。

この本のおもしろさとネタバレが密接につながっているので、曖昧な表現でしか感想を伝えられないのが歯がゆいです!本当に「読んでください」としか言いようがありません。

レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウもいいですけど、私はロス・マクドナルドの描く私立探偵リュウ・アーチャーのほうが好きだったりします。どちらもタフで優しい男ですが、アーチャーの厳しい「真実」を直視して、決して目をそらさないところが最高にいい男だと思います。

2014/07/12 12:46

投稿元:ブクログ

「おっさんになるまでハードボイルドなんて読むものか」と思っていたのですが,おっさんになったので最近は少しずつ読むことにしています.読んで驚いたのですが,この本は本格ミステリィです.容疑者は二転三転し,最後にはとても重たい真相が待っています.ぜひとも最後まで読んでほしい作品です.

2007/10/25 11:30

投稿元:ブクログ

確かにラストは衝撃の「さむけ」を感じた。ロスマク初の私にとっては、ちょい疲れました・・多分、暫くして再読したらもっと楽しめる様な気がしてます。

2015/02/18 11:40

投稿元:ブクログ

文春100にもランクインしていたので、買ってはおいた。
ハードボイルド、という事でなかなか気が進まなかったけれどこの頃の寒さの中新たにほかの本をてにすることもないかなぁと深くも考えずに。

これは最後まで読んでみなければ分からなかった「さむけ」ですね、。まさしく!

2009/10/19 11:14

投稿元:ブクログ

ミステリー月間続き。

The chill

登場人物が多いのと、カテゴリー的に ハードボイルド
となっていたのでちょっと面食らってよみはじめたけど
これは面白かった!
本当に犯人が全然わからなかったし
もう一度よみたいと思いました。

三つ子の魂百まで。

うん。

Oct 2009

2011/05/14 22:58

投稿元:ブクログ

直接登場する殺人は一度きりとストーリーは少々地味。混み入った過去が露わになる過程で次々現われる、ひと癖ある人間たち。

2011/10/02 21:15

投稿元:ブクログ

リュウ・アーチャー・シリーズ

結婚直後消えたドリー・マギー。夫であるアレックス・キンケイドの頼みで捜査に当たるアーチャー。ドリーの通う大学の補導部長ブラドショーの家で運転手のアルバイトをしているドリー。ドリーと接触していた謎の男チャック・ベグリー。ドリーの父親起こした母親殺人事件。裁判で証言したドリーのトラウマ。殺害された大学教師ヘレン・ハガディ。ドリーの部屋から発見された凶器の拳銃。精神科医ゴッドウィンにかくまわれるドリー。ヘレンの故郷で起きたデロニー殺人事件。デロニーの恋人だったレティシャ。レティシャと恋をして結婚していたブラッドジョー。戦争中にフランスで死んでいたレティシャ。ブラッドジョーと不倫をしていたドリーの母親。3つの殺人事件に関わるブラッドジョーの恋。

 2011年10月1日読了

2012/06/16 16:04

投稿元:ブクログ

エアミス研の某氏より、新品でいただきました。
(とってもうれしかったです。本当にありがとうございました)

■評価

「人物の関係図を書きながら読むとわかりやすいよ」
といわれたのでその通り書きながらやってみました。
確かに、作中でどんどん人物がつながっていく…!!!

本書は、主人公リュウが、最初にあらわれる「ミセス・キンケイド失踪事件」」を追いかけることがメインになっていながら、登場人物たちの過去を掘り起こしていくうちに第二、第三の事件が現れ、それらが絡まり合い、最終的にすべての真相があきらかにされるという構造になっている。
何層にも重なっていながら、混線も取りこぼしもなく、最後の一文に向かって綺麗にまとまりながら収束していくさまは非常にスマートでうつくしい。
京極夏彦の「絡新婦の理」に、構造は多少似ているかもしれない。
音楽でいうと、まるでフーガかソナタのようだ。

お勧めされた際に、「ロスマクのハードボイルド=探偵が調べるうちに、簡単に見えた事件から、一家の奥底に秘められた秘密やどろどろした内情が明らかになっていく」というお話をうかがっていたので、そんな点にも注目しながら読んだ。
まさしくそのような感じ。
どろどろといっても、本書では乱歩のようなどぎついえろはなく、「因果」「忌まわしい過去」とでもいうようなもの。…事件そのもののエグみの薄さは、横溝文学にも似たものがあるように感じた。

事件の渦はあちこちに余波を与え、さまざまな意外な事実が章ごとにどんどん明らかになっていく。あちらにこちらにと振り回される探偵リュウとともに、読者の興味も失速せずに物語をすみずみまで駆けまわされることになる。中だるみさせずに最後まで惹きつけてくれる筋書きはなかなかのもの。

一番の驚きところは、「最後の一文」でしょうか。
これだけ振り回されたあげくにこの結末。
しかもそれを、最後の数行で説明しきってしまう。
まったく見事です。
非常に美しい収束だと思いました。
こういうところも、「絡新婦~」に類似していると感じました。


■感想

相関図を描いていたはいいものの…
全体的にカタカナの名前が覚えられず、何度も人物紹介を見返してしまいました。(高校生のころは世界史も苦にならなかったのに!)
普段、海外ミステリを読みつけない弊害が出たようです。

また、翻訳ミステリならではの興味点として、
面白い訳がある部分は、「原文ではどうなっているのかな~」と
気になりました。
ラテン語での言い回しも散見されましたね。
付箋をはっておいたので、あとであらためて引いてみようと思います。

2009/12/30 13:37

投稿元:ブクログ

『わたしは、自分の権利を守っただけです。』

ハードボイルドの大作。こういうタイプの小説では、主人公の人格によっておもしろさが全然変わってくるものだけど、本書の探偵アーチャーは、非常に魅力的。そして、ラストで感じる「さむけ」。まとまった時間をとって、腰を据えて読みたい一冊。

2011/06/01 11:26

投稿元:ブクログ

一人の失踪事件を発端に、次々と明らかにされる驚愕の真相。そして一番の驚愕はなんといっても犯人の正体です。
タイトルの通り「さむけ」のする真相ですが、そのさむけは女の執念になのか、男の永い狂気の生活になのか、幾重にもからまった人々の悲劇になのか。
幾つもの事件が絡まる上に、登場人物たちがあっちでもこっちでもつながっていて混乱しますが、読みやすい文体で一気に読めました。

29 件中 1 件~ 15 件を表示