サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 約束の地
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2012/07/09 12:25

投稿元:ブクログ

何となく図書館で借りて読みました。面白かったです。

何が良いって主人公の料理の腕が上手なのが良い。出てくる料理もものすごく美味しそうでアオリイカのサンドイッチとか美味しそうだなあと食べたくなりました。恋愛は若者だけの特権じゃない、と言う感じも良かったです。また借りて読んでみようかなと思います。(シリーズが30冊以上出ていたことを後で知りました。楽しみ!)

2008/12/07 13:12

投稿元:ブクログ

スペンサーシリーズの一冊。
大人とは何かと問うている。
そして、スペンサーとホークとは如何なる関係なのか。
今シリーズ他の著作も読まねばなるまい。

2012/05/05 17:13

投稿元:ブクログ

ミステリだけど、殺人事件が起きて名探偵が犯人を指摘しメデタシメデタシといったものとはまったく異なる。殺人は起きるけど、物語の背面にあり、読者に示された瞬間に犯人は明らかである。謎らしい謎もない。

トラブルに巻き込まれた依頼人がいて、私立探偵がそれを解決する話である。そしてその過程で、依頼人ばかりか探偵自身も傷つき成長していく。その流れは、とても説得力がある。

ただ、例えばロス・マクドナルドの作品比べてみれば、何ともいえず楽天的で明るく、むしろ後先を考えていないようにさえ思える。だいたい、最後までいっても、事件の本質はほとんど解決していないのである。せいぜい、スタートラインについたといったところか。

小説が終わるのは、トラブルが解決したからではなく、探偵が満足したからである。しかもその満足は、事件そのものよりも、それに取り組む過程で見えてきた探偵自身の問題に対してのように思う。

つまり、この物語は、探偵自身の物語であり、依頼人のトラブルは、探偵自身を描き出す口実に過ぎない。実は、そういうミステリはそう珍しくないのだけど、ここまで露骨にそれを示している作品は少ないように思う。悪口ではなく、ほめているのである。

にもかかわらず、探偵スペンサーより、その恋人スーザンや、後に相棒として活躍するホークの方が鮮やかな印象を残す。それもまた、おもしろいところ。これも、悪口ではなく、ほめているのである。

2011/05/30 10:44

投稿元:ブクログ

ホーク登場の巻。 てっきりパレスチナ問題でテロリストでも 出てくるのかと思っていたら、だまされちゃった。 この捜索対象の女性を「知的」と書いているけど そうなの? なんとなくパーカーさんの女性観が垣間見え、 興味深いと言うか、複雑と言うか、いつもの シリーズとはちょっと読後感が異なりました。

2012/06/05 23:36

投稿元:ブクログ

何年かぶりでの再読。
スペンサー・シリーズの第四作目。

エドガー賞・最優秀長編賞 受賞作。 (1976年)

巻頭の登場人物紹介で「フリーの取り立て屋」で、ホークが登場します。
ホークとスーザンと三人が、初めて顔を合わせる12章(P102~)が秀逸。
この章を書き終えたことで、多分作者は、以後楽に印税を生み出すシステムを完成させたと、考えたのではないでしょうか・・。

「スペンサーは、いったいいくつなんだろう」から始まる解説は不要。
普通にシリーズを読みすすめた読者なら、一作目の「わたしは三十七歳で、愛校意識は薄いのだ」(ゴッドウルフの行方・P.11)をなんとなく記憶に留めている筈だとおもいますし、本作内にも「もう四十を超えた・・」とあります。

「スペンサーは、いったいいくつなんだろう」から、無理矢理、解説者が己の薀蓄をひけらかしているだけに思えうんざりします。

前作が北上次郎さんの素晴らしい解説であっただけに、つい比べてしまい腹立ちさえ覚えました。

2011/07/01 11:00

投稿元:ブクログ

(再読)
30代の後半、職場の友人に勧められて読んだ懐かしい作品です。スペンサー・シリーズはその後続けて8冊ほど読んだでしょうか。

ストーリーはすっかり忘れていました。
取り交わされる会話は洒落ているし、話の構成に無理がなく面白く読み終えましたが、もう一度同シリーズを読み直してみようというインパクトはありませんでした。

2012/11/25 21:48

投稿元:ブクログ

スペンサーはね、ホークのこと「黒んぼ」って呼ばれるとキレるのに、相手が嫌がるのわかってて「女の子」と呼ぶの。まだまだ青いね。

2012/05/17 19:56

投稿元:ブクログ

★粗筋★
行方不明になった妻を探してほしい。ハーヴィー・シェパードから依頼を受けたスペンサーは、くだらない理論家に洗脳された妻を取り戻す!ホークがまだ敵として出てくる貴重な一作。


スペンサーの年齢がやっと分かった(笑)40過ぎの中年やったんやね。
この作品で賞をとったみたいやけど、ユーモア2割のストーリー8割!
スペンサーのタフネスさがより強調された大人の一冊!

2013/05/27 12:34

投稿元:ブクログ

訳本としては、多少読みやすいかな。
最後あたりは、ちょっと日本語としては「?」って思う箇所がところどころ・・・。

2013/02/15 10:56

投稿元:ブクログ

1977年アメリカ探偵作家クラブ賞受賞
原題は『Promised Land』

私立探偵スペンサーの新しいオフィスでの最初の依頼は、ハーヴィ・シェパードからの家出した妻パムの捜索だった。
翌朝、シェパード家でホークと再会する。
ホークは金貸しのキング・パワーズの取り立てを手伝っていた。

通話記録を調べ、ニュー・ベッドフォードでウーマンリブ運動家のローズとジェインと暮らすパティを見つける。
彼女はこれまでの生活を嫌って、自分の意思で家を離れたとスペンサーに語った。
スペンサーは、ハーヴィにパティの無事を知らせたが、居場所は教えなかった。
ハーヴィは厳しい借金の取り立てにあっているようだったが、何も語らず、スペンサーをクビにした。

ホークが訪ねてきて、ハーヴィから手をひけというパワーズの伝言を伝える。
ホークはスペンサーの恋人で、カウンセラーのスーザンに「自分は利益と冒険を追う傭兵(Soldier of Fortune)。スペンサーも同じだ」と言う。
スーザンは「スペンサーの目的は人を助けること」と言うが、ホークは「彼は人助けと同時にその仕事が好きなのだ」と告げる。

翌日、パムから助けてほしいと電話がある。
パムは、ローズとジェインが銃を買うために銀行を襲うのを手伝ったが、ジェインがガードマンの老人を射殺したという。

今度はハーヴィから助けを求める電話がくる。
事業資金をパワーズから借金していて、返済を迫られ、窮地に陥っているという。


<解決編>

ハーヴィをパワーズから解放し、パムが強盗殺人犯になるのを防ぐために一計を案じる。
翌日、パワーズに会いに行き、銃の取引をもちかけ、手数料で借金を返済すると告げた。
取引には相手が詐欺を恐れているので、パワーズ本人が来ることが条件だと話した。
次に、ローズとジェインを呼び出し、銃器ブローカーを紹介すると言った。
彼女らは、人質としてパムも同行するよう要求した。
そして、警察、検事局にパワーズ一味と銀行襲撃犯と引き換えに、シェパード夫妻を引き渡すことを承諾させた。

チェルシイの市場のトラック・ターミナルで取引は行われた。
銃を積み込んでいるとき、ホークに警察がくることを教え、逃がした。
そこへショットガンを持った警官が現れ、銃の不法取引現場を押さえた。

スペンサーとスーザンは、ハーヴィにパムと話し合う機会を作る。
パムは「みんなの生活の中心になっている負担に耐えられない」と言う。
ハーヴィは「すべてパムのため、家族のためにやった」と言う。
パムは「だからなにもかも私の責任だと思ってしまう」と告げる。
スペンサーは「どうして自分自身のためになにかできないのか、それを自己犠牲と見なければならないのか」と問う。

その後、シェパード家に夕食に招かれて行くと、ホークがドアを開けて銃口を向けた。
居間には釈放されたパワーズが待ち構えていて、スペンサーの顔を殴った。
スペンサーは彼の脇腹を強打した。
倒れたパワーズはホークに殺せと命令する。
ところが、ホークはパワーズの部下を追い出し、パワーズに「スペンサーと素手で戦え」という。
出て行く部下にパワーズは「黒ん坊から命令をうけるんじゃない。俺の命令に従うんだ」と叫ぶ。
おびえたパワーズにハーヴィが殴りかかった。

助けてくれた理由を尋ねるスーザンに、ホークは「スペンサーや俺のような人間はあまり残っていない。彼がいなくなったら寂しくなる。それに口汚い奴は嫌いだ」と言って去って行った。
スペンサーは「殺人未遂でおまえを訴えることができそうだ」とパワーズに言った。

2014/10/19 08:52

投稿元:ブクログ

【再読】
なんとなく調子が悪かったり、リズムがおかしいなぁと思う時はスペンサーシリーズを適当に再読する事にしている。

ってことで、何気なく手に取った「約束の地」、ホーク登場の記念すべき回。

それもエエんだが、この本で一番好きなシーンは、ホテル併設のジムでスペンサーが徹底的にトレーニングして体を鍛えるシーン。

スーザンとごちゃごちゃしたスペンサーが、男はこんな時に泣くわけにいかないとばかりに、塩タブレットを必要とするほどに身体を動かして、涙の代わりに汗を流すところがカッチョ良い。

心がサブかったり澱んだりした時は身体をグイグイ動かしてすっきりするのも手やで、と教えてくれたスペンサー、よーやくこの頃酒じゃなくて運動で気分転換ができるようになってきました。

11 件中 1 件~ 11 件を表示