サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
24 件中 1 件~ 15 件を表示

「マット・スカダー」シリーズのターニングポイント

2003/02/11 18:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「マット・スカダー」シリーズの底流に流れているのは、アルコールの問題である。ハードボイルドミステリーと言いながら、アルコール問題を扱い、見事に成功している。本書では、AA(無名のアルコール中毒者たちの自助グループ)のミーティングに参加しながら、なかなか話すことができない、「アル中です」と言えない彼は再飲酒してしまう。
 「マット・スカダー」シリーズのターニングポイントとなる本書では、アルコールを止めようという強い意志があるにもかかわらず、飲んでしまうというアル中の性がよく書けている。フィッツジェラルドの「新緑」(村上春樹訳)を思わせるアル中の描き方である。「新緑」では自殺で終わるのに対して、本書では希望(?)で終わるように思う。事件が解決したとき、マットの心に何が訪れるのだろうか。
 「マット・スカダー」シリーズは、単なるハードボイルドミステリーではない。特に本書は期待して頂いて良い、とぼくは思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アル中で探偵(?)でない主人公に引かれて

2002/07/13 23:34

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エウロパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コーヒーにバーボン」、この組み合わせは、飲み助でない私もやってみたくなる飲みも。「マッド・スタガー」シリーズでは、最近作以外では随所に出てくる。本書は後半の盛り上がりと言い、ストーリー展開といい作者の代表作だと思う。
このシリーズの持ち味は探偵でない「マッド」の個性にかかっている。自堕落な生活、私もそんな生活がしてみたいと思う人にはこたええられない魅力のある作品です。まず、この本書を読んで主人公が気に入ったら、このシリーズを読んでください。ただし、最近作は酒を止めておもしろくもない作品が2000円近くの値段でうられているので、私としてはオススメできない。本書の作品の前後に書かれた作品がデカダンスな雰囲気を一杯持っていて、こういう雰囲気の好きな読者にはたまらない本となると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エンタテイメントに徹した佳品

2002/02/12 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公のマット・スカダーは、ある意味で紋切型でクサい部分もあるのだが、それでも背景の街や他のキャラクタやストーリーの展開の中にしっくりと溶け込んで人工の跡をとどめていない。ストーリーそのものは驚くほどでもない標準的・通俗的なものだが、最後までサスペンスが持続するし、終盤の山場での活劇からしんみりとしたラストに至るまでの起承転結の構成が素晴らしい。エンターテイメントに徹しているところが好感が持てる。細部まで目配りの利いた完成度の高い好編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/24 02:56

投稿元:ブクログ

アル中探偵・スカダーが活躍する本書。特に奇妙な話でもなく、華麗なトリックがあるわけでもない(大概のハードボイルドはそうですが)。しかし、八百万の死にざまがある腐った街の描写が秀逸でその空気がビンビンに伝わってくる。その雰囲気が最大の魅力であるような作品でした。

2006/09/05 00:14

投稿元:ブクログ

梁朝偉が20年近く拘ってる本ということで読んだ。なんかね、好き。いいよ、この本。長いし、ミステリーとしてはかなり微妙だけど、スカダーさんが好き。シリーズものなので他も読んでみようかな。

2006/03/23 13:00

投稿元:ブクログ

分類したらハードボイルドミステリなんだろうけど、主人公のマット・スカダーの変化を追う方が面白い。だから、おれの中ではミステリとしての評価はあまり高くない。
しかし、それでもこの本は傑作。シリーズ1作目から通して読んできたので、この本の最後は涙が出た。

2006/09/08 13:59

投稿元:ブクログ

「アームストロングの店に彼女が入ってきた。キムというコールガールで、足を洗いたいので、代わりにヒモと話をつけてくれないかというのだった。わたしが会ってみると、その男は意外にも優雅な物腰の教養もある黒人で、あっさりとキムの願いを受け入れてくれた。だが、その直後、キムがめった切りにされて殺されているのが見つかった。容疑のかかるヒモの男から、わたしは真犯人探しを依頼されるが…。マンハッタンのアル中探偵マット・スカダー登場。大都会の感傷と虚無を鮮やかな筆致で浮かび上がらせ、私立探偵小説大賞を受賞した話題の大作。」
解説より

2012/03/17 06:25

投稿元:ブクログ

ミステリーっていうよりハードボイルド。
わたしにはちょっと・・・。
真犯人はだれ?という読み方をする本ではなく、主人公、登場人物のそれぞれの生き様を感じながら読まねばならないストーリーだということに、遅ればせながら気付きました。
ニューヨークの怖さが分かる本といったらこれ!って感じですか。

2013/12/02 00:19

投稿元:ブクログ

舞台は無数の殺人事件の起こるニューヨーク。「裸の町には800万の物語があるのです」というテレビ番組の決まり文句をを殺人課刑事が「800万の死にざま」と皮肉る。この「腐りきった」町の中でアル中の私立探偵がコールガールの殺人事件を追う。
ミステリーとしては派手な展開はない。賭けボクシング、場末の酒場、ひも、モーテル、謎の黒人、おかま、タレこみ屋というハードボイル世界の中で、主人公が地味な探偵活動を行い、犯人を探し出してゆく。
この小説は純粋なミステリーというよりも、主人公が欲望を抑え、いかに自らのアルコール中毒に折り合いを付けていくかという過程を描いた一種の教養小説として読むと面白い。主人公が毎晩通うセント・ポール教会でのアル中の集会で主人公が聞いたこと、自分の発言のシーン、禁酒して8日目の出来事は非常に印象的。特に、最後の2段落は長い間、余韻が残った。

2013/04/22 18:27

投稿元:ブクログ

タイトルだけ知ってた本を読んでみる その1

アル中探偵とヒモらしくないヒモの友情がよかった。

2010/09/23 17:23

投稿元:ブクログ

 アル中探偵が主人公の極上ハードボイルドミステリ。正直言って、事件そのものはどうでもいい。誰が犯人であろうと関係ない。ただただ、事件を追いかけるスカダーを始めとする、登場人物たちの持つ魅力にのめり込んでしまうタイプの話である。暗いけど。

 前作に比べて、主人公が酒を飲むシーンは少ない。飲めば死ぬと言われているからだ。つまり、飲みたい気持ちを必死で押さえながら捜査を続けるシーンが延々と続く。文章がうまいせいもあり、読んでいるこっちが苦しくなる。酒が好きで、最近ちょっと飲み過ぎているかな、なんて思っている自分ならなおさら。

 ラストの主人公の一言。ほとんど伝説のようなシーンなのだけど、僕個人は余り感動できなかった。初めて読んだときも、そのときよりずっと共感的に読んだ今回もそう。なぜだろうなと思う。むしろ、同じアル中の女性と主人公のやりとりのほうが、特に彼女の思いをイメージすると、ひどく心が揺さぶられる。もうひとりの主要登場人物である黒人の心の中にある孤独も。

2009/7/14

2012/04/05 09:42

投稿元:ブクログ

とても読みやすかった。大雑把に言うとチャンドラーよりもパーカーよりな印象で間口は広そうな気がしました。日々のアルコールとの葛藤、新聞を飾る事件の数々、これを繰り返すことで主人公のやりきれなさを浮き立たていたように思う。ただあまりにもそれが多すぎた感は否めない。あと、犯人・・・ちょっと唐突なように私には思えましたが、ラストはスカダーが自分の殻を破れたようでなかなか良かった。 チャンスが魅力的。

2007/06/11 18:47

投稿元:ブクログ

アル中探偵マット・スカダーシリーズ。アル中の辛い症状、酒の誘惑の強さ、AAの実態とか、かなり掘り下げて書かれていて、とても良かった。ミステリーももちろん良い。ローレンス・ブロックは「泥棒探偵バーニィ」シリーズはかなり読んでいるが、マット・スカダーは初。楽しかったです。結構長くて読み応えもあったし。

2015/08/02 09:27

投稿元:ブクログ

マットスカダーシリーズ第5作。シェイマス賞受賞作とのことだが、何かテンポが悪く、読むのに時間がかかった。

2012/10/25 16:58

投稿元:ブクログ

「飲まない日はいつもいい日だ。正気でいられるからね。でも、それが、飲まないで正気でいるってことが、アル中にとっては何よりも辛いんだ。」
 わたしはそうでもなかった。退院して九日か十日経つが、あと二三日素面でいたらまた飲もうと思っていた。

アル中探偵、マット・スカダーの登場である。

ニューヨーク、マンハッタンを舞台にした探偵小説シリーズの第四作。

実在のビルや街角が出てくるので、グーグルアースでチェックすればニューヨーク通にもなれる、ちょっと古いけど。

このシリーズのなかで、主人公のアル中が少しずつなおって健康になっていくんだけど、話はだんだんおもしろくなくなっていく。

そりゃあそうだ、身を持ち崩したアル中探偵だから共感できるのに、お金持ちになって健全な倫理観などを持ち始めるとろくなことはない。

アル中で苦しんでいるシリーズ途中でやめておこう。
もちろん小説の中のお話。

24 件中 1 件~ 15 件を表示