サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/04/14 08:14

投稿元:ブクログ

子育て本かと思ったら違った(笑)

教育者向け。
学校って何してるんだろ?先生って何してるんだろ?という興味はそそられる。
が、タイトルミスでは…?

2016/02/15 16:06

投稿元:ブクログ

最近の学校では、長年教師をした人がすごろくの上りのように校長になるのではなく、
一般の会社等で活躍した人のp中で意欲のある人を校長として採用するシステムを持つ地域がある。

著者はそういうシステムで女性として日本で初めて校長になった方だ。
それも赴任先が同じ横浜市青葉区にある近所の市が尾中学と言う事で興味を持って読んだ。
(隣の隣の学区くらいのレベル)

この本を読んでいると、我々は学校内の先生の仕事について
ほとんど何も知らないにもかかわらず、批判めいた感情を持っていたのだと改めて感じた。

まあ小学校時代と違い、授業参観など機会があるごとに学校に行っていないもの事実。
正直体育祭の時に校庭に入った程度で、校舎内には一歩も入ったことはないので、
今度機会があれば校舎内に入ってみようかと思った。

今回読んで思ったのは、子供を育てる先生たちの授業に対する
工夫が他の先生に共有されていないことや、
良い授業をしてもダイレクトにフィードバックがない事などが
驚きや問題だと言っていたが、確かに我々の仕事と比べて
仕事の内容の詳細まで見られてフィードバックされないことは問題だし
正直先生は授業のどう言う所にモチベージョンを持っているのだろうかと思いながら読んでいた。

また中学生くらいの年代では、色々と話をして伝えると、その通り動いてくれる素直さがあると言っている。中学生は反抗期で大変だなぁというステレオタイプの考えを持っていると、その素直さを殺してしまうのではないかと不安と反省を抱きつつ読んだ。

2014/09/25 05:55

投稿元:ブクログ

女性で初の民間出身の中学校長になった平川さんの著書です。




タイトルから子育て本を想像しますが、そういう要素は薄いです。




校長になられてから4年間の学校経営や地域との交流の話が多く書かれています。







自分がよく読んでいる藤原和博さんと同じリクルート出身ということで

和田中にも実際に行かれ、和田中のよい部分をかなり取り入れられているように感じました。




民間から入られての苦労も多く、最初から一気に変えるのではなくて

周りの人たちとうまく連携し、教えをこいながら

子どもたちのために日々がんばられている姿がすごく伝わってくる著書でした。







○これから未来を生きる子どもたちは学校という限られた領域の中だけで生きていてはダメなんです。

それではこの変化の速い時代、寿命100歳時代を幸福に生き抜いていくことはできません。




○一番公立学校が変わらなければいけないのは、広報だと思う。

つまり、外に向かって情報を発信するとともに内部のコミュニケーションももっと密にしなければならないのではないかということです。




○たとえば何かに悩んで「自殺したい」と思う。

でも「自殺する」のは自分のなかにあるひとつの部分がすごく嫌いだからです。

いい「分人」もいるのに、いい面もたくさんあるのに、たまたまここだけが嫌いなだけなのに自分をすべて打ち消したくなってしまいます。

少し見方を変えて、ひとりの自分の中にいろいろな「分人」がいるという捉え方をすれば、自殺となる前に思いとどまれるのではないかと思うのです。




○最も必要なことは加速度的な変化に自分も七変化できるぐらいの精神力です。

この変化を楽しむくらいの余裕がいるのです。よほど軸がしっかりしてないと、砂上の楼閣になるでしょう。そのためにはたぶん一生かかっても答えは出ないでしょうが、「自分は何者か」を追究することは必要でしょう。

3 件中 1 件~ 3 件を表示