サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

寿フォーエバー(河出文庫)

寿フォーエバー みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

厭味のない明るさ、楽しさにあふれた作品。

2015/09/18 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚式場で働いている女性が主人公。そういう設定だと嫉妬や打算がストーリーに絡んでくるのがありがちだけど、この本にはそういうのがなく、雰囲気もぎらぎらしていないのがいい。
周囲とのかけあいがおもしろく、色んな登場人物、エピソードがうまいこと盛り込まれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/31 22:21

投稿元:ブクログ

2015/8/31
おもしろかったなー
ハッピーだったわ。
メロロンの彼氏のハリーがほんまもんのクソやったのは予想外やった。
お仕事小説はおまけで「がんばろう」って気になれるのもいい。
笑えて泣けて大満足でした。

2016/05/15 23:10

投稿元:ブクログ

これは久々に人に薦めたいくらいに面白い本でした。
こんな風にハッピーに仕事が出来たらいいだろうなあ。
「幸せな花嫁」の表情の描写が特にぐっときました。

2016/01/06 23:39

投稿元:ブクログ

老舗の結婚式場で働く独身の靖子。
日々他人の幸せを目の当たりにし、自分も早くと思うが相手がいない。
それでも愉快で頼もしい仲間に囲まれて、仕事をこなしていく。
チームでこなす仕事に結婚という懐かしさで心があたたかくなる。

2016.1.6

2015/07/20 22:50

投稿元:ブクログ

結婚式場・寿樹殿に勤務する独身アラサー女子の靖子。他人の幸せのために働くことにいまいち乗りきれない彼女が、心機一転する姿を描いたお仕事小説。
冠婚葬祭がらみを職とする人たちって、どんな想いを持ちながら仕事をしているんだろう。ビジネスライクにドライなのか、お客に対して感情移入するのか。その答えの一部がこの物語にある。
「凸凹デイズ」のメンバーが出てくるのは嬉しいが、恒例のおまけ短篇がないのは寂しい。

2014/09/22 23:27

投稿元:ブクログ

周りから見たら馬鹿らしいけど当人たちは本気のどたばた。面白い。

結婚式場がテーマの本を読むたびに思うのは、わたしは本当にブライダルという業界が好きなんだなということ。

曲がりなりにも就けてる今の立場を誇りに思ってやっていこう。

2015/02/18 13:41

投稿元:ブクログ

ウェディングプランナーが主人公の話、ということで手にとった。寿々殿よく潰れないなぁ…と心配になったけど、私ももう少し頑張ろうと思える話だった。伏線拾えてない所もあったけど、最後は泣きました。

2014/09/08 09:52

投稿元:ブクログ

時代遅れの結婚式場で他人の幸せのために働く靖子の毎日は、カップルの破局の危機や近隣のライバル店のことなど難題続きで……結婚式の舞台裏を描く、笑いあり涙ありのハッピーお仕事小説!

2014/09/19 00:00

投稿元:ブクログ

先日は津村記久子さんの『ワーカーズ・ダイジェスト』を読みましたが、今度はこれもお仕事小説の山本さんです。
押し潰されかけ、ヘトヘトになりながら何とかこなして行くという現実の「お仕事」の世界を描いた津村さんに比べ、軽くてノリノリで楽しい山本さんです。まあ、おとぎ話のような物ですが、最近はこういう肩の凝らない物語の方が気楽でいいですね。
『凸凹デイズ』の凹組の面々が脇役で出て来るのも楽しい。
舞台になる結婚式場の寿樹殿って雅叙園のこと?
タンパンマンってアンパンマンのパクリ?

ちょっと(と言うか、かなり)やりすぎの面はありますが、笑えて泣けて、気持ち良い話でした。

9 件中 1 件~ 9 件を表示