サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ダン・シモンズの『ザ・テラー』の元ネタ、勿論実話。

2017/01/30 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

サブタイトルは<129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極>。
デビュー作『空白の五マイル』よりもずっと読みやすかった、と感じたのは筆者のプロとしてのキャリアのなせる技か、それとも私の好きな<極地>という題材のせいか。 なかなか面白く読みました。 

幻の北西航路発見のために、19世紀にイギリスの威信をかけて北極圏に出発したのがフランクリン隊129名。 その後、ほぼ全員が消息不明のまま今尚“極地探検史上最大の謎”とされるフランクリン隊の足取りを追うために自分も同じルートを歩いてみた、という「普通の人なら思いつくけど多分実行には移さない」ことを実行に移してしまった筆者の日々の記録&北西航路発見までの探検史まとめ。
今回は北極冒険家・萩田泰永氏との二人行です(だから写真が豊富なのかな?)。

“アグルーカ”とはイヌイット語で「大股で歩く男」のこと。
フランクリン隊の生き残りらしき人物のイヌイットによる目撃談をまとめ、アグルーカとは誰のことだったのかを検証してますが、それはこの本の一部にすぎない(結論は『ザ・テラー』と同じだったような気がするし)。
結果的に成功した(犠牲を出さなかった)冒険記というのはなんとなく楽観主義的だったり、ナルシズムが見え隠れしたりするものが多い気がするんだけれど、筆者は自分の情けない姿を赤裸々にさらけ出すので別の意味でリアル。 まぁ、「赤裸々」というか、「とほほ」と呼ぶかは読む人次第ですが(私としてはとほほ感が強く感じられましたが)。

ぐっときたのは、自分たちは現在GPSを持って移動しているが、そもそも地図すらなかった場所に向かう人々の覚悟や恐怖はいかに、と自問するところ。 私も初めて行く場所は事前に調べます(当たり前ですが)。 伊能忠敬がすごいってのはそういうところでもあるのだけれど、あるかどうかも定かでない北西航路を探す・しかも生きて帰れる保証はない(勿論、参加者全員がそこまでの危機感を持っていたかはわからないけど)。 ばたばたとまわりの者たちが斃れていく中、それでも先を行こうと、どうにかして国に戻ろうとしたのだろうアグルーカ。
探検って、ものすごく、かなしい。
と、私は思うのだけれど・・・探検に魅せられる人々もまたいるわけで。

けれどせめて、どんな些細な持病であっても持っているのならばその薬は携行しようね!、ということは強く伝えたいのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれる面白さ

2014/11/03 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:座敷童子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家の本は出版されるたびに購入したが、そのどれもがドキュメントの冒険満載で、しかも文章がうまいと来た。
このアグルーカの行方も、ひたすら極北の地をフランクリンの足跡を追うという相変わらずの行動派躍如たる作家の姿勢に、ただただ関心するばかり。

ドキュメント物は記録的文章になりがちで、読んでいても途中から飽きてくるケースも多い中、この作家の表現する内容にひたすら引きつけられるばかり。

次の本が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

極地という自然環境の厳しさを克明に伝える!

2015/03/22 01:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

1845年イギリス人ジョン・フランクリンに率いられた129人の北西航路(欧州からアジアへの北極ルート)探検隊は全員が死亡するという悲劇の結末を迎え、その消息は未だ不明です。彼らの消息の手がかりを得ようと、当時と同じ方法(人力で「そり」を引いて進む)で、同じルートを辿った著者による探検記。
北極圏というエリアに90日以上滞在するということが人間にどういう影響を与えるのか、最低気温マイナス40度、最高気温マイナス10度という数字以上に伝わってきます。食料の確保のために巨大なジャコウ牛を銃で仕留め、自身で肉を捌いて食料とする著者。「生きる」という事が「食べる」ということに直結し、人間の営みが他の生物の命を奪うことで成り立っていることを改めて認識させられます。著者がジャコウ牛を仕留める情景の描写だけでも一読の価値ありです。
ただひたすら「そり」を引いて歩き続けるという単純作業が本書の対象であるにもかかわらず、読者を飽きさせずに引き込ませるのは著者の筆力の賜物でしょう。第35回講談社ノンフィクション賞受賞作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/15 17:10

投稿元:ブクログ

過去の話と自分の探検が交錯するお得意のスタイル。とても面白い。極地探検は日常とあまりにもかけ離れていて、驚くことも多かった。

2016/07/22 21:53

投稿元:ブクログ

129名の隊員が全員死亡した19世紀の英フランクリン隊の足跡をたどり、北極圏を100日以上かけて徒歩で走破する冒険の記録。真夏の読み物として読むには最適の非現実的な本だった。
著者は早稲田大学探検部出身1976年生まれ。

2015/06/16 05:27

投稿元:ブクログ

1800年代ヨーロッパは大航海時代。多くの海洋冒険家が未知の大海へ船を出し、新海路の発見に挑戦していた。そんな時代、数々の冒険から生還し、時には靴を食べて飢餓から脱した男、ジョン・フランクリンはスーパースターだった。

そして彼は59歳という高齢でありながら、新たな冒険に挑む。イギリスから北極経由で太平洋を目指す「北西航路」の開拓だ。129名の部下と当時では最高水準の船2隻を率いて、北極へ向かうが、誰も生還することがなかった。遺体や遺品もほとんど見つからず、人肉を食べた痕もあった。全滅の理由や経路などが謎に包まれている。

そんなフランクリンの冒険の真相に迫るには彼と同じ道をたどり、彼の心情を推測するしかない。それが著者の北極冒険の動機。

本書は歴史ミステリーでもあり、北極冒険記でもある。

2015/01/10 23:49

投稿元:ブクログ

自らの北極探検を書いたノンフィクションであるのだけれど、そこに物語を見出して、物語を書こうとする作家さんだなというのを強く感じた一冊でした。

彼らが今回の旅で追いかけているフランクリン隊のこともかなりページ数を割いて書かれており、また現地の研究者に直接話を聞いた内容なども書かれています。カニバリズムにまで走っていた彼らの話は、読んでいてもかなり苦しいものがあります。

その彼らの旅をなぞるようにして旅するのは、最新の装備を持っているとはいえ、過酷の一言。北極圏を歩くというのはどういうことなのか。暖房の効いた部屋で、下手したらあったかいコーヒーにお菓子までつまみながら読んでいるのが、申し訳ない気持ちになるほどの、辛さ。飢えるってどういうことなのかが描かれ、そしてそこから伝わってくるのは人間だって生き物だというあまりにも基本的すぎることで、それは生きるってどういうことかということをすごく考えさせられるのでした。

自分たちの旅と、フランクリン隊の旅を重ね合わせながら、自身の経験に、角幡さんの考えるフランクリン隊の物語を重ね合わせていく、という方法を取っています。それはそれで完成された形ではあるのですが、個人的には探検しましたという事実から少し踏み出しすぎているようにも思えなくもなく…。合う人と合わない人がいるということでしょう。

ともあれ、この旅をやり遂げた角幡さんと荻田さんのお二人は尊敬の一言に尽きます。

2017/02/06 21:51

投稿元:ブクログ

 1845年、イギリスを出発して北極航路の探検へと向かった129人は戻ってくることはなかった。
 その後、数々の調査がなされて彼らの痕跡から129人全員死亡という判断がなされた。
 しかし、調査の中では何名かのイヌイットは「アグルーカ」という人物が南を目指したという証言した。

 アグルーカ、イヌイット語で歩幅の大きい人という意味の言葉は転じて「勇敢で果断な男」を意味する。
 その痕跡から人肉食すら起きていた極限の状況において、アグルーカは部下二人を連れて南のツンドラ地帯を目指したという。

 はたして129人のうちに生き残りはいたのか。150年前のフランクリン隊の足跡を追い、彼らが見た北極を追体験する。


 冒険家という連中は日本にも生き残っている。本作はその道では有名な作者の出世作だ。

 現在の自らの極限状態と、150年前のフランクリン隊の探検とを重ねながら旅をする。

 乱氷帯の橇越え、飢餓状態で麝香牛の狩り、つかの間の休息の後に濁流と化したツンドラ地帯の踏破。

 「探検は土地の物語、冒険は人の物語」と筆者は別作品で語っている。
 この旅は冒険だ。アグルーカは隊長亡き後、生存者を率いた副長のクロージャーだったのか。

 真実は全て北極の雪の下だ。雪原に消えた最後の三人が最後に見た風景は何だったのか。
 失われた真実にこそロマンを感じる。

2017/01/04 23:03

投稿元:ブクログ

おもしろかった!
小心者の僕にも、冒険の素晴らしさを感じることができた。

氷点下30℃環境で一日歩き回るためには5000kcal/日必要ということに驚き。

2014/10/06 11:40

投稿元:ブクログ

やはりこの人の本はおもしろい。昔の探検家の話しもいいが何より作者自身が体験している現実の記述がすごく生々しく、その風景の中に入り込んでしまうような錯覚を覚える。

どこかに行きたいと思わせる本。でもこんな冒険は私にはできないとも思わせる。

2016/02/11 18:50

投稿元:ブクログ

 冒険家であり、ノンフィクション作家の角幡唯介さんが1845年ヨーロッパとアジアを結ぶ航路を発見するためイギリスを出発し、総勢129名が全滅するに到ったフランクリン隊の足跡を辿るため、北極冒険家の荻田泰永さんと共に3ヶ月に渡って北極を旅する探検記。

 始めはそら大昔に北極旅するんやから全滅することもあるやろう、と思っておったのですが、少なくともフランクリン隊が出発した1845年当時は18世紀の劣悪な条件のもとでの探検ならいざ知らず数十人単位で死亡したりすることはなかったらしい。船は当時の最先端技術を詰め込んだ立派なもので、5年分の食料を備え、図書室や温水暖房まであったらしい。何か思ってたのとだいぶ違う感じ。しかも、隊を率いるフランクリンはかつての北極探検で極限の飢餓に襲われながらも“革靴”を食べて生き延びたといわれる北極探検界のスター、これが何で全滅したん???2人の旅と交互にちょっとずつ明かされるフランクリン隊の話がミステリを読んでいるみたいにドキドキして面白かった。

 そんな絢爛豪華なフランクリン隊とは対照的に2人の旅は重さ100キロの橇を飢えに悩まされながら延々引きながら歩く、というかなりストイックなもの。一日に5000キロカロリー摂っても食べた瞬間にお腹がすくらしく、飢えに苦しんだ2人が麝香牛を射殺して食べるところは圧巻やった。

 そして苦労の末、ジョアヘブンの村へ着き、氷の上を歩く旅は終わるんやけど、さらにその先フランクリン隊の生き残り「アグルーカ」と呼ばれた男が旅したかもしれない南へ再び出発。ここから先は詳細な地図もなく、ただ河をボートで渡れる場所を探してツンドラの湿地帯を歩くのみ。ただただ氷と飢えに格闘していたそれまでとは違い、湖で魚を釣ったり旅に彩りがでてきて面白かった。

 角幡さんのこの本も面白いけど、クレイジージャーニーという番組に出演された旅の相棒である荻田さん、「コラ〜ッッア」と叫びながら熊を撃退したり、ボコボコの氷の上で橇を引く様子なんかが映像で観れてまた違う面白さがあった。つぎは荻田さんの「北極男」を読んでみたい。

2015/10/22 07:56

投稿元:ブクログ

読ませる。文章がうまい。構成も実に巧みで、エピソードの選び方も的確。こういう書き手がいたんだなあ、ととても嬉しくなる。

特に印象に残るのは、麝香牛をしとめるエピソード。
このエピソードは最後にも回想してて、文章全体のテーマの象徴的役割になってるんだよなあ。その辺の構成はほんとうまいと驚嘆する。

2015/07/01 23:48

投稿元:ブクログ

「空白の五マイル」や「雪男は向こうからやって来た」で力量を見せた角幡唯介氏のノンフィクション第3弾。19世紀半ばに北極北西航路制覇の探検に出て、129名が全滅した英国のフランクリン隊の足跡を追い、自ら橇を引き乱氷隊を越え、ツンドラの不毛地帯に踏み込む。
イヌイットからアグルーカと呼ばれた白人が誰で、どこを目指したのか、著者自らの旅の進捗と、フランクリン隊を捜索した様々な探検隊が残した記録に見える、フランクリン隊の痕跡や、イヌイットの証言などを織り交ぜながら緻密に検証していく手法は、これまでの作品を継承した著者独特の持ち味。
小学生のころアムンゼンや白瀬矗の伝記で読んだ、極地探検の話を思い出しました。悲劇の主人公はスコットでありフランクリン隊ではありませんでしたが。

2015/02/10 22:58

投稿元:ブクログ

1845年イギリス人ジョン・フランクリンに率いられた129人の北西航路(欧州からアジアへの北極ルート)探検隊は全員が死亡するという悲劇の結末を迎え、その消息は未だ不明です。彼らの消息の手がかりを得ようと、当時と同じ方法(人力で「そり」を引いて進む)で、同じルートを辿った著者による探検記。
北極圏というエリアに90日以上滞在するということが人間にどういう影響を与えるのか、最低気温マイナス40度、最高気温マイナス10度という数字以上に伝わってきます。食料の確保のために巨大なジャコウ牛を銃で仕留め、自身で肉を捌いて食料とする著者。「生きる」という事が「食べる」ということに直結し、人間の営みが他の生物の命を奪うことで成り立っていることを改めて認識させられます。著者がジャコウ牛を仕留める情景の描写だけでも一読の価値ありです。
ただひたすら「そり」を引いて歩き続けるという単純作業が本書の対象であるにもかかわらず、読者を飽きさせずに引き込ませるのは著者の筆力の賜物でしょう。第35回講談社ノンフィクション賞受賞作。

2015/04/07 13:25

投稿元:ブクログ

空白の5マイルよりも極限度がイメージしやすく、雪男よりも動きやハプニングがあって乱氷白熊川越えとわくわくした!!でも不思議な余韻度は雪男のほうが好きなりね。
著者の唇から血のつらら写真だけでも見るなり!!

15 件中 1 件~ 15 件を表示