サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 木の実雨
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

木の実雨(祥伝社文庫)

木の実雨 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/05/27 08:42

投稿元:ブクログ

第七弾
作者得意の泣かせるパターンで構成、八弾を先に読んでいるので何か確認の読書の感じ
まだまだ色々と話題は尽きないか?

2015/07/16 16:45

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

日々堂で代書をする戸田龍之介は、剣術仲間の三崎小弥太を案じていた。家格と美貌に負けて、好きな男がいる桜木登和と祝言を挙げて以来、道場に来ないのだ。そんな中、友七親分の女房・お文から、日々堂の宰領・正蔵とおはま夫婦の娘・おちょうに大店の若旦那との縁談が持ち込まれるが…。泣き暮れる日があろうとも、笑える明日があればいい。人気沸騰シリーズの第七弾!

7月14日~16日

2015/09/13 23:17

投稿元:ブクログ

「便り屋お葉日月抄」シリーズ第七弾。

日々堂の女将、お葉の母の消息が知れる。
知れたが、亡くなっていた。
お葉との間に一騒ぎあるかと思っていたのに、
肩透かしを食らった気分。

その分、置屋の女将の最期が見とれて良かった。

3 件中 1 件~ 3 件を表示