サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 熱波
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

熱波(角川文庫)

熱波 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

熱波

2015/12/31 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

沖縄を舞台にメチャクチャの展開、嫌いではありません。今野作品は安心して読めます。沖縄独立論者、台湾マフィア、SAT、米軍と盛り沢山ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/07 17:37

投稿元:ブクログ

内閣情報調査室の磯貝竜一は、国際都市形成構想の視察で沖縄を訪れた。米軍基地の全面撤去を前提にした都市計画が進む沖縄で、磯貝は沖縄県知事の屋良と補佐官の比嘉に出会う。沖縄独立論者と噂される比嘉の言動が気になり始めた矢先、磯貝は台湾マフィアに拉致されそうになる。磯貝の周囲で一体何が起ころうとしているのか?さらにSATや米軍が出動する驚愕の事態が沖縄と日本に待ち受けていた―。傑作長篇小説。 以上アマゾンからの引用。

サスペンス小説ということになるのだろう。沖縄という独特の風土や人々の考え方、執筆当時の立ち位置などが伝わってくる。初期の今野作品の登場人物が出てきているらしいが、残念ながらそちらは未読。

2016/10/15 17:30

投稿元:ブクログ

米軍基地の全面撤去を前提にした沖縄の復興計画に従事する内閣情報操作室の磯谷竜一は沖縄出張時に知事補佐官の比嘉と出会う。比嘉は、筋金入りの沖縄独立論者と噂される人物。彼の動向に興味を抱き始めた途端、地元のやくざも巻き込んだ台湾マフィア間の抗争が勃発。沖縄に一体何が起きようとしているのか?そしてその真相に迫る磯谷の身に忍び寄る危険とは。。特徴は、規制緩和、行政改革、海外資本の積極的な活用等現在日本が抱えている課題に対する解決策を、沖縄の基地問題に絡めて壮大なる検証を本小説に盛り込んだ事であろうか。犯罪小説に欠かせない、スリルと謎解きも同時に楽しめる二度おいしい作品ですよ~。

2014/10/18 19:07

投稿元:ブクログ

今野さんと言えば警察小説、とい具合なんですが、この作品は内閣調査室の若手官僚が沖縄県に出向する異色作。

沖縄が持つ固有の事情を背景に、地元ヤクザや台湾マフィアとかも登場してくる。

構成の面白さはあるものの、マフィアの抗争から住民の暴動への展開は、ちょっと強引さを感じた。

でも、締めは良かったですよ!

2014/11/02 19:18

投稿元:ブクログ

この異色作を、何と呼んだらいいのだろうか。
サスペンス小説?政治小説?地方自治小説?沖縄小説?
登場人物の言葉を借りて、そこここに、沖縄の人々の本土に対する思い、琉球あるいはアイヌ民族に代表されるマイノリティの、マジョリティに対する思い、さらには、政府に対する地方自治のあり方、日本の政治システム、自立=独立とは、等々、日本人が今、本当に考えなければならない問題そして課題を、今野敏はこの小説を通して、提示している。
単なるエンタメ小説と捉えてしまうのは、惜しい。

2015/01/11 14:40

投稿元:ブクログ

主人公の情けなさや、中盤の静けさがもどかしく思ったけど、結末に繋がる大切なポイント、時間だったのだな~。

6 件中 1 件~ 6 件を表示