サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

スリーピング・ブッダ(角川文庫)

スリーピング・ブッダ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍

ふむ

2016/07/18 08:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さよならベイベー - この投稿者のレビュー一覧を見る

題材が題材なだけに、最後まで楽しめたので、これでも充分面白いのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新鮮

2016/01/21 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

住職が主人公の小説は初めてで、また葬式ぐらいでしか仏教に触れることがないので、新鮮に感じた。宗教の危うさも書いてあった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/06 14:36

投稿元:ブクログ

高校生が永平寺と思われる総本山に入門。修行の末、自分たちの寺を持つが、新興宗教っぽくなっていく。救いは叶えられるのか?という主題で書かれているが、最後は納得できない。

2014/09/01 05:59

投稿元:ブクログ

生きることについて、真っ向から向かい合う青年3人の生き様を描いた物語。
仏教、特に禅定を通して、人の救いが何かということに苦悶する。

3.11(とは明記されていないが)についても物語の中に描かれている。

仏教小説と言ってもいいのかも知れないのだけれど、このなかの仏教は、むしろ方法論として描かれている。
だから、宗教のか中から見いだせる生き方や救済もあれば、その逆(つまり宗教のかで失われるもの)もある。

青年たちの修行前から修行後の様子が、二部(第一部:此岸、第二部:彼岸)に分かれて描かれている。


ブッダ(仏陀、buddha)はサンスクリットで「目覚めた人」を意味する。
タイトルの「スリーピング・ブッダ」というのは、駄洒落か何かかと思っていたのだけども、読み進めると【涅槃仏】だと言うことに気がついた。
一つ勉強になった。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより)】
敬千宗の大本山・長穏寺に2人の若き僧侶が上山した。北陸の古寺の跡取り、小平広也。バンドでプロを目指すも挫折し、「安定」を求めて仏門を叩いた水原隆春。対照的な2人は、厳しい修行を通じてさまざまな現実に直面する。いまだ続く世襲制、先輩僧侶たちのイジメ、欲にまみれた夜遊び…。やがて彼らはある決意を胸に行動を起こす。そして待ち受ける衝撃の結末とは。生きる意味を問いかける、熱き男たちの青春パンク小説!
————————
【著者略歴 (amazonより)】
早見/和真
1977年、神奈川県生まれ。2008年『ひゃくはち』で作家デビュー
————————

2014/10/05 17:02

投稿元:ブクログ

何となく気になって読んでみたのだけども、やはり宗教って題材は難しいな…
読み終わった後にスッキリしないものが残るのがどうも残念

2014/09/28 09:18

投稿元:ブクログ

「スリーピングブッダ」って何だ?
思いつくのは釈迦涅槃図。じゃ、涅槃ってなんだ?
 文庫版のカバーイラストと裏表紙の「青春パンク小説」というコメントが誤解を招くのだろう、ネット上の多くのレビューが「前半は面白いが後半はどうも」、であった。
 この作品はけっして青春パンク小説ではない。かなり深い所をえぐった宗教観と人生観が詰まっているカバーイラストからは連想できない方向の物だ。
「坊主って安定してる?」という主人公の一人、隆春の言葉が象徴する導入部から前半よりも東北の涅槃寺に入山してからの主人公達とそれを取り巻く人々の生き方の方がこの作品が読者に問いかける部分である。
人を救うというのはどういう事なのだ、宗教とは何なのだ。答えを求めて悩み続ける。答えの無いこの問いに悩み続ける事が修行であるという事はまず間違いないだろう。

2014/10/24 23:56

投稿元:ブクログ

何だかよくわからなかったが、面白かったかも。
この題材で最後まで、一気に読ませるのは、かなり傑作ということか?宗教を理解するのは難しい。カルトになるのは、同意できないが。

2014/12/09 21:47

投稿元:ブクログ

寺の跡取り息子と元パンクバンドのギタリストという2人が主人公。

宗教とは?を常に考えながら、人を救う術を模索していく。考えても答えがでない、壮大なテーマ。

設定もそうだが、ストーリー展開も意外性があり、深さもあって結構だった。

2017/01/02 08:30

投稿元:ブクログ

宗教を扱った小説のレビューは難しい。
宗教って個人のメンタルの深部に大きな影響を与えているもんやと思っているので、変に評価すると読む人にとって触れたらアカンとこ不用意に触れてしまう可能性もあるし…

そら、オ○ムみたいに毒ガステロ起こすようなことをする団体は絶対アカンと思うけど…

ってことで、この本も「宗教ってなんなん?」がテーマなんで、そこ触れずにレビューは難しい。でもこの本読んで考えさせられることはいっぱいあった。

ラストは秀逸、せやねん。信心って各自が持っているもんで、自分に直接実害を被ることでもない限り、他人の信心を批判とかしたらアカンもんやと思う。

2015/02/26 12:02

投稿元:ブクログ

【装幀・デザイン】
西村弘美 やまだないと
【あらすじ】
敬千宗の大本山・長隠寺に2人の若き僧侶が上山した。北陸の古寺の跡取り、小平広也。バンドでプロを目指すも挫折し、「安定」を求めて仏門を叩いた水原隆春。対象的な2人は、厳しい修行を通じてさまざまな現実に直面する。いまだに続く世襲制、先輩僧侶たちのイジメ、欲にまみれた夜遊び……。やがて彼らはある決意を胸に行動を起こす。そして待ち受ける衝撃の結末とは。生きる意味を問いかける、熱き男たちの青春パンク小説!

2015/04/15 22:04

投稿元:ブクログ

これほどまでに生きること死ぬことを考えながら読む本はない。仏門の奥で犇めく煩悩や欲が人間らしく、考えさせられた。仏門だけどパンク!

11 件中 1 件~ 11 件を表示