サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

PSYCHO-PASS 0 名前のない怪物

2016/08/16 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメで断片的に描かれていたことの捕捉です。佐々山さん目線の描写が多いので彼の人間性もわかります。すごくいい人でした。
ボーナストラックは本編と違い和む話でした。クリームパンを語る狡噛さんが可愛いかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニメと違う感じ

2015/02/01 07:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユキアラシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説はまたサイコパスアニメ第一期の前編です。この小説のプロットはマンガのプロットと違います、違う作家の理由と思います。虚淵 玄箱の小説のプランニングがしなかったら、この小説はアニメとすこし違う感じがします。もっとアニメ似ていたらもっと面白い本になると思います。サイコパスアニメとマンガは読み・見終わったら、この小説を読んでもいいかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/17 20:15

投稿元:ブクログ

西暦2109年。人間の心理・性格的傾向を数値化できるようになった未来世界。厚生省公安局刑事課に所属し、当時、“監視官”だった狡噛慎也は、“執行官”の佐々山光留と、名門女子高校・桜霜学園の生徒、桐野瞳子に出会う。常守朱が刑事課に配属される3年前、後に“標本事件”と呼ばれ、狡噛が執行官に堕ちるキッカケとなった猟奇殺人事件の真相とは――。

面白かった。本編の前日譚にあたる本作は、テレビアニメではカギとなる事件でありながら断片的に語られるのみだったが、実際にどんな動機で、誰が起こした事件だったのか、おとぎばなしのイントロを挟みつつ分かりやすい文章でなるほどと納得。狡噛、佐々山の関係性もこうやって1期の狡噛になっていくんだなという成長過程を垣間見た気がして何だか新鮮だった。少し後半駆け足気味で結末にやりきれない思いもある・・・けど、佐々山の思いや決意がまぶしくてひたすらカッコいい。

2015/02/13 22:16

投稿元:ブクログ

一期の前日譚。
一期を見ただけだと、狡噛は執行官に堕ちるべくして堕ちた、という感じだったけど、本を読むと予想以上に純粋な好青年で衝撃。佐々山もあまり良いイメージは無かったのに、征陸に劣らないデカっぷりだった。良いやつじゃないか佐々山…。そして征陸のゴットファーザーが的を得すぎていて笑った(笑)

2015/07/05 16:52

投稿元:ブクログ

本編は佐々山の過去や藤間の生きているときの雰囲気を知れてよかったのだけど、<星の数と悲劇の数についての考察>は短いけど公安の日常を垣間見れてそっちの方が満足度が高かった。
今後クリームパンを見る度に、狡噛さんの蘊蓄が頭をよぎりそう。

2015/08/18 22:20

投稿元:ブクログ

■「標本事件」の真相とは――大反響を巻き起こしたアニメのスピンオフノベライズ!!!

西暦2019年。人間の心理・性格的傾向を数値化できるようになった未来世界。厚生省公安局刑事課に所属し、当時、≪監視官≫だった狡噛慎也は、≪執行官≫の佐々山光留と、名門女子高生・桜霜学園の生徒、桐野瞳子に出会う。常守朱が刑事課に配属される3年前、後に≪標本事件≫と呼ばれ、狡噛が執行官に堕ちるキッカケとなった猟奇殺人事件の真相とは――。 本書でしか読むことのできない書き下ろしショートストーリーも収録。

2015/11/18 17:08

投稿元:ブクログ

ページをめくる度に、よくない予感がする。読み進めたらその先は、と考えて目が眩む。そしてやはり物語は最悪の終わり方を迎えている。佐々山さんの思いも虚しく…とその後の狡噛さんや宜野座さんを思い出してもやるせない気持ちになる。冒頭に書かれた佐々山さんの口癖が、読了後にはとても重たく心に響きます。

2015/02/23 01:23

投稿元:ブクログ

サイコパスの本編ではすでに執行官落ちの狡噛くんの監視官時代のお話ということで、本編でところどころ伏線が張られていた答え合わせのような感じで読めました。
サイコパスのテーマなのかもしれませんが、相手を理解するのに人となりを寄せていくアプローチはここから始まっており、実は優等生だった狡噛くんが本編で見せるワイルド感の原点がわかりました。
サイコパス2での茜ちゃんの行動も理解できる感じです。
まさにサイコパスの始まりとして実に理にかなった内容でした。 ただ、もう少し藤間光三郎のサイコな感じとシビュラに参画する下りなぞあれば最高でしたね。

2015/02/02 21:49

投稿元:ブクログ

ノベライズはこの一冊だけでも読むとアニメが更に面白いと思う。

本編では他者から語られるだけの佐々山の人となりが示され、狡噛が言った「あんな風に死ななければならない奴ではなかった」という台詞の本当の意味が分かる。
途中で所々、序盤では見えなかった狡噛の心の動きが見え始めて、監視官ちょっとサイコパス濁ってきてるんじゃない?と感じつつ、最後にまた一人怪物が産声を上げるところで物語は終わる。

自分より優秀だと思っていた同輩の急転直下の転落を目の当たりにして、宜野座は堪らなかっただろうし、恐れただろうと思う。結局、恐れた未来は彼の元を訪れたけれど、それ故に狡噛の思いに頭を巡らせ、共感し、許すことができたのではないか。
ーーなどと、その後の展開に色々思いを馳せることができて、楽しい。書き下ろしも含めて劇場版にならないかなー。

2014/11/03 18:39

投稿元:ブクログ

西暦2109年。人間の心理・性格的傾向を数値化できるようになった未来世界。厚生省公安局刑事課に所属し、当時、“監視官”だった狡噛慎也は、“執行官”の佐々山光留と、名門女子高校・桜霜学園の生徒、桐野瞳子に出会う。常守朱が刑事課に配属される3年前、後に“標本事件”と呼ばれ、狡噛が執行官に堕ちるキッカケとなった猟奇殺人事件の真相とは―。本書でしか読むことのできない書き下ろしショートストーリーも収録。


・レビュー

『PSYCHO-PASS サイコパス (0) 名前のない怪物 (角川文庫)』という本作はアニメ『PSYCHO-PASS』の外伝的な作品で、文字通りエピソード0に当たる物語になる。小説単独では話がほぼ解らないのでブクログの星は4つにしたのだけれど、アニメも込みなら非常に面白い作品だと思う。
本編で触れられていたが内容は不明だった標本事件の真相が描かれているノベルズでアニメが面白かったという人は読んで損はないと思う。
ミステリとして読んでもそれなりに面白い。舞台が100年近く未来なので、独自のルールが敷かれた世界でのミステリだ。どちらかというとサスペンスというのが正しいのだろうけれど。
アニメを見ているとキャラクターのその後を知っているので色々と楽しくなったり悲しくなったり、想像が膨らむ。
猟奇殺人系のミステリはどこか現実から離れていて、面白い。せっかく小説を読むならば、リアリティのあるものに熱中するか、逆に今作のようなSFや猟奇系の事件を追う刑事物なのを読むのが楽しかったりする。
もう一度アニメ1期を観直したくなる一冊だった。アニメ本編のノベライズも上下巻であるらしいのでそのうち読んでみたい。今はアニメ2期をやっているのでそちらも楽しみ。
この小説にも出てくる「マキシマ」こと槙島聖護もよかったが、2期のカムイもなかなか興味深いキャラだと思っている。

2015/02/10 15:17

投稿元:ブクログ

上下巻の脚本に比べたら読み物として楽しめました。
本編キャラクターの若かりし頃中々面白かったです。
が、藤間先生はもうちょっと面白みがあってもよかったんじゃないのかなあと。
後半の展開があっさりとしすぎてて、もう少しハラハラしたかったです。

2015/03/24 22:31

投稿元:ブクログ

深見真さんとはまた違った表現で楽しめた。
最初は、若干狡噛慎也と佐々山光留のキャラが前作と違和感があったので、なかなか作品に入り込めなかったが、読むにつれてこの作品の世界観にどっぷり入ることができた。
これも非常に高尚な文章表現を用いてくれた高羽さんの力でしょう。
もっと高羽さんの作品を読みたいと思った。

2014/10/07 11:07

投稿元:ブクログ

サイコパス本編の前日談、本編に直結する「標本事件」の顛末を描いたノベライズ。
すでに結末が決定している物語。
まだ青い狡噛さんと佐々山がメイン。
青いというか初々しいまであって狡噛さんが新鮮。
佐々山はいけ好かない奴だな、と思っていたけど後半にいくにつれ好きになっていって結末を知っているだけに悲しくて仕方なかった。
せめて瞳子ちゃんなー……。
しかし藤間そんなんだったかー。
藤間怖いな……。
わかっていたけど読後感は爽やかさからほど遠く、しかしとてもサイコパスらしくてよかった。

……というのを吹き飛ばす文庫書き下ろし一係の日常。
つい数ページ前でしんみりした気分を返してほしい。
思わず吹いた。

全体としては宜野座さんの出番が少なくて個人的には残念だけども、著者による宜野座さんのスピンオフノベルが刊行予定らしいのでそちらを楽しみにしたい。

2015/01/27 23:06

投稿元:ブクログ

人気アニメ、サイコパスの始まりよりももっと前の物語。
詳細は割愛するけど、グロいけど面白い。

完全化された社会システムの中でも人との繋がりを通して苦悩する人々を描きます。

2015/01/25 19:08

投稿元:ブクログ

佐々山さんがすごくいいキャラ。瞳子とも絡みもほのぼのとする。それだけに結末が辛いんだけど。アニメとはちょっと雰囲気の違う狡噛さんも観れて、個人的には満足。

22 件中 1 件~ 15 件を表示