サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (15件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
33 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/10/03 22:10

投稿元:ブクログ

学び、知り、考えることは、人間に生きる力を与えます。生きる力を強くします。年齢は関係ありません。学び、知り、考え、原理原則に立ち返ることで、人生はより豊かに、より有意義になると思います。

思った時にやっておかなければ、次のチャンスがこなければ、かならず悔いをのこします。旅に出たときは、迷ったら行く、迷ったら買うというマイルールを作りました。

人生を無駄にする3つの行動。済んだことに愚痴を言う。人を羨ましく思う。人によく思われたいと思う

キケロ 自分が生まれる前のことについて無知でいることは、ずっと子どものままでいることだ

トレードオフ 一つのことを選ぶということは、一つのことを捨てることなのです。トレードオフで大事なのは選ぶのよりもむしろ捨てる

早く正しく決断が出来る人は、決断力があるのではなく、物事をきめるためのルールを決めるのが上手なだけ

天知る、地知る、我知る、人知る 人知るは最後。人の目を必要以上に気にする必要はない。

仕事は働いだ時間ではなく成果だとはっきり意識させることが大切

グローバライゼーションによって要求されているのは、外国人をマネジメントする力

何のために勉強するのか 山本義隆 
専門のことであろうが、専門外のことであろうが、要するにものごとを自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を表明できるようになるため。

仕事を与える時は目的と期限を明確に提示する

40代になったら得意分野を捨てる
40代になったらプレーヤとマネージャがまったく違う仕事であることを徹底的に理解しなくてはならない

愚かな管理者ほど、有限の感覚に乏しい

さまざまな王様が、臣下のゴマすりにたまされて滅んでいく

やってみせ、言って聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ

50代になって心掛けるべきことは、次の世界を担う若い世代に何をバトンタッチするのかということを真剣に考える

次世代に遺書を書く 普遍的なものを伝えるべき

2016/11/07 08:02

投稿元:ブクログ

金融機関に勤めているため、作者の経歴に興味があった。
教科書というよりは、出口さんの自伝のような感じがする。とても博識で歴史が好きなのを感じられます。
仕事は3割、確かにそうなのだがそこまで余裕を持てない自分がいます。ゆとりを持って働けるようスピードを重視。
ダイバーシティについても参考になった。形だけ取り入れるのではなく本質を重んじている内容だと思う。
50代の起業…はまだ50代を迎えていないのでピンとこない。。。
要所要所に出口さんの生き方から働く上でのヒントがあった。定期的にヒントを読み返したい。
・優先度の高い仕事を選び出し、集中して取り組むことでスピードアップする癖をつける。
・済んだことに愚痴を言う、人を羨ましいと思う、人によく思われたいと思う
・数字、ファクト、ロジック

2015/10/11 19:50

投稿元:ブクログ

良本。
それぞれの世代で、何をすべきなのか、どうすれば人生をよく生きられるかを説いた本。

働き方の〜とあるが、仕事だけのことじゃなく生き方全般に関することが書いてある。

人生とは、三割の時間を使ってお金を稼ぎ、そのお金で食べて、寝て、遊んで、子育てをすることである

この言葉を実を捉えてて心にずんときた。

この本読めば、新たな気づきがあるはず。

2015/04/07 23:32

投稿元:ブクログ

◯人生が楽しいかどうかの判断基準は、「喜怒哀楽の総量」にある。(24p)

◯早く正しく意思決定ができる人は決断力があるわけではありません。物事を決めるためのルールを決めるのが上手なだけです。(61p)

◯アメリカやヨーロッパのグローバル企業の経営幹部でマスター(修士)やドクター(博士)の称号を持っていない人はほとんどいません。(126p)

★50代だけでなく、20代にも30代にも働き方を説く。日本の課題にも切り込む。何度も読みたい本だ。

2015/01/18 12:24

投稿元:ブクログ

部下はみんな「変な人間」であるので、文句を言う部下には
数字・ロジック・ファクトで説得するという箇所が最も参考になった。

2015/02/01 10:36

投稿元:ブクログ

力強さで押し切る文章で全部読もうとすると疲れる部分もかもしれないが、自分の年代に該当するページや総論部分など読みたいところを読むだけでも価値はあると思う。年配者こそ新しいことにチャレンジというメッセージが良かった。

2015/07/15 23:56

投稿元:ブクログ

50代は起業に向いていると説く。経験による「目利き」がある、お金の借り方も20代よりわかっている、人脈がある、専門分野のノウハウがある。。。

世界経営計画のサブシステムすなわち世の中の一部に少しでも貢献できるような気概を持つべき、50代はまだまだそのために遅い年代ではない、と勇気と希望を与えてくれる。

仕事は一生の30%説は少し違うんじゃないかと思ったり細部には多少意見はあるが、全体的には非常に納得性のある議論で多いに参考になった。

2016/02/12 01:18

投稿元:ブクログ

個別の「働き方」論ではなく、著者のまっすぐな信念が伝わってくる内容でした。50歳は人生の真ん中に過ぎず、その時代に「強い思い」と「算数」をもって起業することは十分合理的なシナリオとのこと。とはいっても、のんべんだらりと生きればいいわけではなく、旗をしっかりと自分の中で立てて進んでいきたいなと感じる内容でした。

2015/01/31 17:17

投稿元:ブクログ

筆者の経験談と思いが書き連ねられている。(ほぼ思いが先行で頁数が増えているように感じた)
私がピンときたのは「遺書」と「起業」。
リスクをとらない人生にピリオドを打つのか!?と考えてしまった。
それにしても仕事が人生の3割程度、というのにはハッとさせられた。いつまで働くのか、部下はそれぞれであることを思いながら、楽しい仕事時間にしたいものだ。

2015/04/12 21:57

投稿元:ブクログ

人はいつまで働くんだろう?
このままいつまで働けるんだろう?
「無敵な50代になる…」の副題に惹かれて手に取ったらライフネット生命の出口さんの著書でした

仕事なんて人生の3割
ほんとそうだと思う
仕事が人生の全てと思い込み生きづらい毎日なんてもったいない

企業の青田買い…学生が勉強しない要因のひとつなんだ
せっかく大学まで行って勉強しないなんて…もったいない
まあ、自分も高校までしか行ってないけど学生時代はあまり勉強しなかったな
社会人になって必要に迫られて学んだ事の方が多いかな
大人になって学ぶ楽しさを知ったという

身近にこんな先輩がいたらいいな~

ただなかなか読み進めなかった

2016/07/31 17:51

投稿元:ブクログ

この本を読んで、仕事への価値観が変わりました。

人生において、仕事はせいぜい3割を占めるに過ぎず、残りの7割は家族や趣味など仕事以外の項目が占めると著者は主張しています。仕事は大切だけど、人生は仕事が全てではない。仕事以外のことにもっと目を向けるべきと教えてくれます。

そのうえで、仕事の取り組み方を20代、30代、40代、50代と分けて各年代でどのように仕事をすべきかを説明しています。

自分が人生を終える最期を迎えるとき、自分の人生を振り返って良い人生だったと思えるようにしたいですね。

2016/03/27 23:56

投稿元:ブクログ

仕事をすすめるコツから人生に対する考え方まで、幅広いテーマを扱っている。

著者の主張はどの著作でも一貫しているが、この本に特徴的なのは、それぞれの年代にテーマを当てて具体的なアプローチの仕方が詳しく記述されている点である。

他の本と同様、すぐに頭に入ってくる文体となっているので、活字が苦手な人でもとっつきやすいと思う。

おすすめ。

2015/03/30 22:53

投稿元:ブクログ

含蓄に富んだ本だと思う。著者も言うように50代以上を意識している感じがするけど、どんな世代にも有益なコトバに満ちている。「仕事は人生の3割」「人はみんなチョボチョボや」「今のあなたが残りの人生でいちばん若い」そんなコトバがとても印象に残った。

2015/05/02 17:12

投稿元:ブクログ

人生において仕事の占める割合は3割。そう聞くと、ではプライベートで精一杯、人生を楽しめ、という内容の本かと思えば、まったく逆です。3割に過ぎないのだから、上司や会社に阿らず、自分の思うように働こうというのがメッセージ。
20代、30代、40代に向けたアドバイスは、著者の前向きな生き方と成功体験に基づいているので、少し、うーんと思ってしまったところはありましたが、50代こそチャレンジしようというメッセージのところは、なるほど、とても力をもらいました。
高齢化、少子化のこれからの日本への提言は、生命保険のプロとして鋭い内容でした。また、会社でのコミュニケーションのあり方についても、ズバッと本質をついたご意見の数々が参考になります。
ライフネット生命って、きっと風通しのよい、プロフェッショナルな会社なんだろうな。一度、見にいってみたい。

2016/12/04 23:59

投稿元:ブクログ

http://www.shinchosha.co.jp/blog/special/336471.html ,
http://www.shinchosha.co.jp/book/336471/

33 件中 1 件~ 15 件を表示