サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

古文書にみる榎本武揚 思想と生涯

古文書にみる榎本武揚 思想と生涯 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/05/30 02:37

投稿元:ブクログ

書簡・日記・報告書など自筆資料から実像に迫る。
日本近代史上、榎本武揚ほど評価が分かれる人物はいない。逆賊から一転、政府高官にのぼりつめた男の実像に迫る。(2014年刊)
・はじめに
・第一章 外国への視線
・第二章 戊辰の嵐に、立つ
・第三章 蝦夷の大地、燃ゆ
・第四章 死を前にした化学者
・第五章 開拓史で鉱山調査
・第六章 日露交渉と「シベリア日記」
・第七章 降りかかる国家の難題
・第八章 隕石で流星刀を作る
・あとがき

榎本家に残る貴重な資料をもとに執筆されており、興味深い内容となっているが、行間から、榎本を称える気持ちが溢れており、ややバランス欠いているきらいがある。

1 件中 1 件~ 1 件を表示