サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/11/18 23:10

投稿元:ブクログ

自動車業界について学びたくて購入。
トヨタレクサスの販売でNO1の売上を誇る星が丘店の秘密に迫る本。
何人かの従業員の方に焦点を当て、その人の考え方やどういった行動を行ったのかが詳しく記載されている。
星が丘店の全ての人がプロフェッショナル。
サービスとは何なのか改めて考えさせられる本。
実際に星が丘店に行きたくなりました。

2016/03/06 14:47

投稿元:ブクログ

関東地区の 某レクサス店に行ったけれど、
通常の自動車販売店とはまったく違う。
星ヶ丘 ほどではなかったが、接客レベルが高い。

でも、やっぱり 買うなら 星ヶ丘がいいな。

2015/03/16 11:44

投稿元:ブクログ

平成27年3月16日読了。あの駐車場のガードマンには並々ならぬ雰囲気を常日頃から感じていた。見返りを期待せずに誠実に働く事の尊さを、レクサス星が丘のスタッフが一丸となって理解し、実践していることに頭が下がる。

2015/02/07 16:50

投稿元:ブクログ

タイトルにいい意味で騙された印象。
おもてなしの実例アピールこと思いきや、その裏側にある姿勢!心構えなどに言及。
単にレクサス星ヶ丘、接客の話ではなく、自身の仕事に対しての取り組みを改めさせられる内容。

販売実習でセールススタッフをやった時の事を思い出した。
(ここまでの意識は持ち合わせていなかったが)

サプライズよりもプラスワン。
100%は当たり前、101%を目指す
といった、ワードを分かりやすい

2014/11/09 23:32

投稿元:ブクログ

もちろんすべての会社でできることではないけども、仕事をする上で大切なことを気付かさせてもらいました。

2016/10/08 14:56

投稿元:ブクログ

マーケティングの本なのか、自己啓発の本なのか、あるレクサスのディーラーにおける驚くべきサービスと、そのサービスを支える従業員の「お客様のために」という姿勢についてのレポート。高級車のレクサスという商材であるが故に成立するサービスではないかという気もするが、「新幹線お掃除の天使たち」という本に出てくる清掃スタッフとも共通するものがあるように思う。
こういう本は、たまに読むと面白い。

2015/02/06 01:42

投稿元:ブクログ

161
①サービスとは相手を「思いやる心」である。
②「思いやりの心」は、自分が幸せでなければ、相手のことまで気が及ばない。
③健康でないと、幸せとは言えない。

2014/10/15 20:33

投稿元:ブクログ

警備員が始めたお辞儀によりレクサス星ヶ丘店の伝説が始まった。全てにおいて、究極のおもてなしは凄すぎる。

2015/08/27 21:43

投稿元:ブクログ

ひとごとでなく、自分の事として考えて、
いかに、お客様に喜んでいただくか?
読んでいて、涙が出そうになります。

2014/10/27 13:03

投稿元:ブクログ

2014年10月27日 感動した一冊!

レクサス星が丘が、なぜ『キング・オブ・レクサス』と呼ばれているのか?様々な事例をあげて、紹介している一冊でした。 
レクサス星が丘様と携わる仕事をしており、なおさら一つ一つの内容が心にしみてきました。
久しぶりに感動した一冊でした。

2015/02/20 19:05

投稿元:ブクログ

相手の思っていること以上に対応すると客は感動してリピーターになってくれる。そこまでする?を徹底するからレクサスは素晴らしいのだと感じる。レクサスオーナーになりたくなる本。

2014/12/31 17:10

投稿元:ブクログ

【選んだ理由】
会社の推薦本。プロトの会長が立花さんに渡したエピソードが素敵だったから

【読んだ感想】
サービスを突き詰めることに素晴らしさを感じるとともに、サービスの裏側には、リソースも必要だと感じた。

2014/11/30 13:04

投稿元:ブクログ

読書に費やした時間 → 連続2時間

NO.1 レクサス販売店の施策を具体的事例を用いて紹介している。

日経新聞やプレジデントといった類いのメディアで、ビジネスの基本はできるだけ貸しを作り、恩を売ることだ。と言う記事を読んだことがある。本書が紹介する販売店もそのコンセプトに沿っており、その方法が美しい点が他ディーラーとの違いであると言えよう。

車屋だからといって、自動車だけに縛られないサービスも特筆すべきところ(私は高級車ユーザーではないのでそれが一般的なサービスかはわからない)

2015/01/08 11:23

投稿元:ブクログ

久しぶりに読んだビジネス書。大変おもしろく、一気に読めた。このような精神で、自分も仕事に取り組みたいと思った。

2015/11/19 17:23

投稿元:ブクログ

「お辞儀」の早川さんの話には、感動して泣けた。
その他、サービスに工夫をしたり誠心誠意つくす事はとても共感できるし素晴らしいと思う。
ただ、早川さん含め清水さんの電話番号等の暗記は記憶力の問題であり、努力したからといって誰もができるわけではない。気持ちでどうにかなるとは思えない。
確かにサービスは客サイドで考えれば素晴らしいが、365日休日にも仕事の事を考え続け、自腹を切ってサービスを提供するなど到底ここで働きたいとは考えられない。
車屋で、あのテレビに出てきたバッグが欲しいと相談するとか(世間話だったならいいんですけど)ちょっとどうかしてる。
「レクサス神話」と繰り返し書かれており、宗教のように感じてきて、最初の早川さんの話以外は読んでいて嫌な気分になった。

15 件中 1 件~ 15 件を表示