サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

埋もれている才能を見つけ出し、それらを活かしてバンドのパフォーマンスを高めてゆくマイルス・デイヴィスという傑出した存在

2015/01/15 14:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abraxas - この投稿者のレビュー一覧を見る

レコード史上に残る名盤『カインド・オブ・ブルー』の製作過程を追ったドキュメントである。二回にわたって録音されたマスター・テープを実際にスタジオで聴き、当時のことを記憶する関係者にインタビューし、どのテイクは誰の失敗によって没になったか、どんなノイズが混じったのか、それらに対するミュージシャンたちの反応を、事細かに文章化している。

読むだけで十分面白いが、レコードを聴きながら本文にあたるとなお好い。同じアルバムながら時をおいて録音された二回のセッションで、録音のマイク位置が逆転しているキャノンボール・アダレイとジョン・コルトレーンのソロの受け渡しの変化が手にとるようにわかる。ソロの順番は、どちらのセッションでもコルトレーンから、キャノンボール・アダレイへと移るが、この時期、急激に力をつけつつあるコルトレーンのソロがテクニックやキャリアにおいて上回るアダレイに影響を与えていることがよく分かる。

『カインド・オブ・ブルー』という画期的なアルバムの成立事情については、前々からいろんな論議があった。すべてがマイルスの作曲なのか、ビル・エヴァンス作曲によるものもあるのか、それとも二人の共作なのか。録音に呼ばれたメンバーが、トランペットのマイルスを筆頭に、テナー・サックスのコルトレーン、アルト・サックスのキャノンボール・アダレイ、ピアノのウィントン・ケリーとビル・エヴァンス、ベースのポール・チェンバース、ドラムのジミー・コブとなった理由はなぜか(この時期、ビル・エヴァンスはバンドを辞めていた)。

マイルスは一つのスタイルで括られることを拒否し、常に新しい試みにかけ、次々と脱皮を繰り返してはファンを翻弄し続けたが、果たして『カインド・オブ・ブルー』は、その中でも特別の意味を持つアルバムなのか。初期から『カインド・オブ・ブルー』に至るまでの音楽的な変遷を追うことで、「クール」から「ウェストコースト・ジャズ」が生まれた経緯、名盤『クールの誕生』を共に作りながら、白人ミュージシャンと袂を分かち、ニュー・ヨークに戻って「ハード・バップ」の中心となった消息が手にとるように分かる。

どこからともなく響いてきて、中空に漂い続けるかのような『カインド・オブ・ブルー』におけるマイルスの抑制されたリリシズムは、ビル・エヴァンスとの出会いなくして生まれなかった。クラシックに造詣の深いビル・エヴァンスと、アルバン・ベルクやストラビンスキー、ラヴェルなどを聴いていたというマイルスが、どのようにしてこのアルバムのサウンドを創造するにいたったか。本当は内気であるのに、強がった物言いや素っ気ない仕種で孤高を気取るマイルスと学究肌の白人ピアニストとの遭遇が化学反応のようにして『カインド・オブ・ブルー』に結実したのだ。

マイルスはディジー・ガレスピーのように高音域を思うように響かせることができなかった。そのことが『カインド・オブ・ブルー』における中音域を生かした歌うような独特のサウンドを生み出したこと、同じように不器用なコルトレーンの中にある創造性に気づかせ、彼を仲間に引き入れ、手綱を引いたり、突き放したりしながら、後のコルトレーンを準備したことがよく分かった。埋もれている才能を見つけ出す能力、それらを活かしながらバンドのパフォーマンスを高めてゆくこと、それまでのジャズ・ミュージシャンができなかったことを次々と実現させてゆくマイルス・デイヴィスという存在を鮮やかに描きだしている点でこの本は優れている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/15 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示