サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/08/24 22:23

投稿元:ブクログ

2014年73冊目。

大量の情報の中で即断・即決がよしとされる風潮の中で、
前進するためにもあえて「立ち止まる」勇気を持つことを推奨する本。
立ち止まりにより得た知見で、まずは自己を育み、次に他者を育み、そしてイノベーションが起きる文化を組織に育む。
随所に実際の立ち止まるポイントが20用意されているため、
まさに立ち止まりを実践しながら読み薦められる本。
ノートとペンを準備してじっくり読む事が推奨されると感じる。

【メモ】
■リーダーは明確さと希望をもたらす
■創造力・想像力には、規律ある集中的努力と自由で開放的な感覚の両方が必要
■活動過剰と活動不足の時は自分を変える
■「その立ち止まりはどこから来ているのか?」
■良く見られたいのか?変化を生み出したいのか?
■マネジャーはいまここにあるものを「改善」し、リーダーはいまここにあるものを超越する
■人はリソース(資源)ではなく、ソース(源泉)
■人材育成に取り組むリーダーの成果は1.5倍
■いつ謙虚になり、いつ主張すべきかを見極める
■生産的な傾聴とは、自身の心の静寂を深める技術
■何もしなかったときにどうなるかを考え、大きく一歩を踏み出す
■リーダーの描く未来を押しつけず、相手が未来を見て、感じて、体験できるように
■ミスが起きる能力のギリギリのところで奮闘する
■個々の信念・才能・目的と、市場の要求をつなげる
■リーダーの仕事は明確さを与えることで、相手の課題を解決することではない
■自身の優れた成果よりも、どれだけ優れたリーダーを生み出せるか
■真のリーダーはイノベーションを生み出せる不朽の文化を育てる
■時間の15%は新規アイデアの探求に費やす

2014/08/29 08:58

投稿元:ブクログ

変革を起こすリーダーを目指すのであれば読むべき。見た目でわかる能力だけでなく、「立ち止まる」に代表される行動規範が必要なことを豊富な視座で著したものである。また、そういう人たちの生活習慣の共通性についても述べている。
端的に言えば「急がばまわれ」ということである。拙速に結論を求めるよりも、自らの内なる声を聞き真摯に対応する方が結果が良くなるということである。「7つの習慣」でも「刃を研ぐ」という表現で何度も言及している内容である。
この本の存在意義は「立ち止まる」ことの重要性が頭で分かっていても、実際の行動では行き当たりバッタリの残念な人が多いということに尽きる。私もそうなのだが、何らかの活動を行えば本書でいうとのところの「ためらい」の感情が沸き上がってくる。しかし、そこに向き合うことなく、逆に無視して突っ走ってしまうという人は多いのではないだろうか。そこが優れたリーダとそうでない人の分水嶺になるというのが本書の主張である。
自己啓発のとある記事で、朝鏡に向かって「おまえならできる」と言葉をかけるのが良いというものがあった。つまり、本書はそれを仕事全般に広げ、必要なタイミングで実施することを促しているのである。
私の場合、「うまくいかないのでないかという漠然とした不安」があり、他者の言葉に耳を傾けずにいた時期もあった。「ネガティブ」なものに向き合うには抵抗が生じるのだ。その点については、「瞑想」「マインドフルネス」を実践するリーダーがいることや、その効能をうまく伝えている。
最近「立ち止まる」習慣を身につけ生きやすさを感じている私としては、この本はおすすめである。

2014/10/02 20:02

投稿元:ブクログ

長い。
もっとマトメれるだろ。と思いつつ読んだ。
一貫しているというよりは、繰り返しが多い。
パラパラと読むのがいいかも。

3 件中 1 件~ 3 件を表示